もう終わりにしたい!不倫相手と綺麗に上手に別れるための方法

最近では不倫も珍しくありません。以前よりも女性が独立して生きていく事ができるような時代になっておりますので、男性に依存していないのが既婚者が不倫に走る要因のひとつだと言われております。もちろんスマートフォンなどのSNSなどを介して不倫を始める方などもおり、より気軽に不倫を出来るような環境が整ってしまっているのです。

しかし、不倫をして幸せになる事ができるのはごくわずかです。不倫をしている方の大半が、これまで積み上げてきた生活を破壊され、後悔しながら余生を過ごしていくしかなくなってしまいます。そこでこちらでは、もう不倫関係終わりにしたいと思っている方のために、現在、お付き合いをしている不倫相手と綺麗に上手に別れるために覚えておいて欲しい知識をご紹介します。不倫は終わらせ方によってその後の人生に大きな違いがでてきますので、不倫を本気で終わらせたいと思っている方は、しっかりと目を通してください。

浮気を終わりにしたいと感じるのはどんなとき?


不倫をしている方というのは、不倫をしている相手の年齢であったり、職業、既婚者か未婚者かなど、色々な条件があります。もちろん不倫をしている側も、相手が既婚者と知っているのかや自分が既婚者かどうか、頻繁に肉体関係があるのかどうかなど大きく条件や状況が異なります。

そのため、思っている事は人それぞれだとは思いますが、不倫を本気で終わらせたいと感じる時には、ある共通した状況や気持ちの移り変わりがあります。不倫を中々止められないという方は、どうして不倫をしている方がすっぱりと止める事ができたのかという理由や状況を理解しておくと、そこまで深みにはまらずに抜け出す事ができます。こちらでは、不倫をしていた方が不倫を辞めるきっかけとなった状況や心情をご紹介します。

家庭の大切さの再認識

不倫をしている方がきっぱりと不倫を止める事ができたきっかけで最も多いのが、家族の大切さを改めて認識する事ができたという事です。不倫をしている方は、単身赴任でもない限り、不倫相手と一緒にいない時には、毎日のようにご家族と一緒に生活をしています。家族でキャンプにいったり、旦那さんが頑張って仕事をしている姿を見たり、子供が成長して掃除や料理、お買い物を手伝ってくれるような時などに、不倫を続けてしまい、この幸せな家族が失われてしまった時の事を考えると不倫を止めなければいけないと本気で思えるようになります。

不倫相手への気持ちがなくなった

これも意外に多い原因として覚えておいて欲しいのですが、単純に不倫相手への気持ちがなくなったというのも、不倫を止めるきっかけになり得ます。不倫相手が、自分の家族の話を幸せそうにしていたり、セックスがおざなりになってしまったり、以前はしっかりとデートの時の食事やプレゼントにお金をかけてくれていたのに、あまりお金をかけなくなってきた。単に加齢によって体型が崩れたり、頭が薄くなってきたなど理由は様々ですが、不倫相手への気持ちが無くなったというのも不倫をきっぱりと止めるポイントになります。

単なる遊びだった


不倫をしてる理由というのも人それぞれですが、本気で好きになった人が既婚者だったために不倫になってしまったり、自分が既婚者なのに旦那さん以外を好きになってしまったなど本気で好きになってしまったという事では無く、単に日常生活がヒマだったので、刺激的な毎日を過ごす為のスパイスとして不倫をしているような方もいます。単なる遊びとして不倫をしているのですから、そこまで長く不倫を続けようという気持ちは毛頭ありません。そういった場合には、不倫を止めるのにも抵抗がありませんので、気に入らない事があったり、面倒な事があったらすぐに不倫を止めてしまいます。

浮気がバレたとき

これは当たり前ですが、浮気がバレてしまった時には強制的に不倫を止める事になります。自分の旦那さんや不倫相手の奥さん次第ですが、基本的には慰謝料請求などがあり、社会的な地位が抹消されますので不倫を止めざるを得ない状況になってしまいます。中には、双方が離婚した後に不倫同士で結婚するようなケースもありますが、会社をクビになってしまったり、ご近所さんから噂になってしまいますので生活エリアを変える必要があるなど困難ですので、不倫がバレたら不倫をすっぱりと止める方が多いようです。

浮気がバレそうなとき

浮気がバレそうな時も不倫を止めるタイミングとしては正しいと言えます。旦那さんが浮気を疑っているけど証拠はまだつかめていないといった状況でしたら、再構築はもちろんのこと、慰謝料などを請求されるマイナス要素をギリギリで回避する事が可能です。それ以上、不倫に突っ走ってしまうと、取り返しのつかなくなるギリギリのタイミングになります。そのため、この引き返す事ができるギリギリのタイミングで不倫を止めるという方が多くなっているのです。

不倫相手を綺麗に切るための方法


不倫相手との関係を綺麗に切るための方法をご紹介します。不倫を上手に終わらせないと、不倫相手がこちらの過程に特攻してきて不倫関係を暴露されてしまったり、ストーカーなどに豹変してしまうような恐れがあります。不倫をパートナーや相手の奥さんに内緒で終わらせる事ができればペナルティはありません。

一般的な恋愛よりもしっかりと終わらせ、不倫相手も満足してくれるような綺麗な終わらせ方をするのはとても重要になります。もしこれから不倫相手を切ろうと思っているのであれば、こちらに書かれている内容をしっかりと目を通し、参考にするのをおすすめします。

一方的に浮気を終わりにするのもアリ

不倫をしている方というのは、意外に気が弱い方が多くなっております。相手のアプローチを拒絶する事ができずにズルズルと不倫を続けてしまっているようなケースもあり、不倫相手は、そういった所に付け込んで不倫を続けている事もあります。そういった場合には、一方的に不倫を解消し、その後のLINEや電話、メールなどは拒絶してしまうという強引な方法もありです。不倫を止める際には情などが絡んでくるので難しいと言われております。そのため、多少強引だったとしても勢いで終わりにするのもありな方法なのです。

婚外恋愛を終わりにしないリスクを話す


婚外恋愛をこの先も続けていた時のリスクについて不倫相手と話すというのも有効な方法になります。不倫中は、悲劇のヒロインというような心情になっているケースもありますが、仮に婚外恋愛がバレてしまった時の慰謝料であったり、社会的な地位を失うリスクなどを話すと夢見心地な気分から、急に婚外恋愛の現実を突き付けられた事になり、冷静な判断が出来るようになります。よほどの事が無い限り、慰謝料などのリスクを伝えれば後腐れなく不倫を終える事ができます。

忙しさを理由に連絡をしない

忙しさを理由にして連絡をしないで自然消滅というのも有効な方法になります。時間があるとつい不倫相手との逢瀬を重ねてしまいがちですが、不倫をする時間も無いくらい用事を詰め込めば、忙しさによって不倫相手がいない寂しさを忘れさせてくれます。

不倫終わり・その後に必要なポイント


不倫を終りにしたからそれで全て解決というわけではありません。不倫を終えたらその後からが重要になってきます。不倫を終えたらどのような事に集中したらよいのかのアドバイスをご紹介します。

家族との時間を大切にする

不倫中は家族を蔑にしている部分が多かったという方は、徐々に家族との時間を増やす事が重要になります。家族の大事さをしっかりと実感できるようにすると、徐々に不倫相手を失った時の寂しさから自分に気持ちを守る事ができます。

友人に支えてもらう

友人に支えてもらうというのも不倫を終えて傷付いている心を癒すポイントになります。不倫をしていた事は旦那さんはもちろん、ご家族には言えませんので、友達に相談し慰めてもらうというのも有効な手段になります。

趣味や関心事を見つける

不倫を思い出せないほど趣味や関心事に没頭するというのもおすすめです。とにかく一人で静かにしていると不倫相手を思い出してしまって辛くなってしまいますので、不倫相手を忘れる事ができるような趣味や関心事を作るという事はとても有効な不倫相手を忘れる手段になります。

まとめ

不倫をしているという事は、世間に堂々と宣言する事は出来ません。不倫だからこそ盛り上がる部分があるかもしれませんが、やはりお互いの家族を傷つける事に繋がります。またバレてしまった時のリスクを考えると早目に止めた方が良いに決まっています。不倫の終わらせ方はとても難しい部分ですが、こちらで紹介した内容を参考に、辛いとは思いますが、ぜひチャレンジしてください。