美形が多い薄い顔ってどんな顔?特徴と魅力について徹底調査

女性は、男性のタイプを見た目や性格などから肉食系や草食系に分類することを得意としています。顔のタイプも濃い顔、薄い顔と表現してグループ分けするのも好きです。最近ではさらに進化して、しょうゆ顔、ソース顔、塩顔など、調味料で顔のタイプを分類するのも流行っています。顔の分類の基本となるのは濃い顔、薄い顔の違いです。最近、美形が多いと注目されている薄い顔には、どんな特徴や魅力があるのでしょうか。

薄い顔とはどんな顔のこと?


薄い顔とは、顔が全体的に平坦で切れ長の目、顔のパーツも印象が薄い控え目なサイズで色白タイプなどであることが基本となります。欧米人のように彫りが深いのではなく、のっぺりとした顔が多い日本人にはよく見られるタイプです。調味料系で分けるのであれば、しょうゆや塩といったところでしょう。あっさりとした印象でそれほど存在感を主張することはなく、落ち着いた癒しを与えてくれる顔と言えるのではないでしょうか。

薄い顔と濃い顔の違いはどこ?


濃い顔、薄い顔の違いは、見る人の印象やとらえ方によっても異なるためそれぞれの違いが明確に決まっているわけではありません。最もわかりやすいのは欧米人のような彫りの深い濃い顔か日本人らしい平坦でのっぺりとした顔かということでしょうか。濃い顔は、目鼻立ちがくっきりしていて存在感があり写真映えもします。また、女性であればスッピンでもインパクトがあるためナチュラルメイクぐらいがちょうどよくなります。薄い顔はその反対の条件が整っている顔となりますが、顔のパーツの違いだけで表現するのは難しいものです。

薄い顔の魅力5選

やわらかな印象

薄い顔の一番の特徴は細い切れ長の目ではないでしょうか。くっきりとした二重の目は吸い込まれそうな魅力がありますが、その反面威圧感もあります。一重、奥二重の目はきつい感じがなく涼しげでクールなだけでなく全体的にやわらかな印象を与えます。また、顔の凹凸があまりないので、濃い顔のように1回見たら忘れられない顔とはなりませんが、ソフトでほんわかとしたイメージはまた会いたいという気持ちを高めてくれるでしょう。

品と知性を感じる雰囲気

濃い顔はどちらかというとアクティブでアグレッシブな印象を与えるため、遊びも派手な印象を与えるものです。それに比べて薄い顔は透明感や神秘的でクールな印象を与えます。インテリ系でどこか落ち着いた雰囲気を醸し出すことができるため、頭のよさや品の良さを演出することもできます。濃い顔の男性がグイグイ引っ張るようなイメージがあるのに対し、薄い顔男子は女性の気持ちに合わせて行動してくれそうなイメージも抱かせてくれます。

老化が目立ちにくい

濃い顔の人は、目、鼻、口、眉毛などの顔のパーツが大き目で存在感があり、はっきりくっきりしているイメージがあります。外国人のように凹凸がはっきりしているのが魅力ですが、それが原因で顔のシワやたるみが目立ちやすくなります。薄い顔の人は、顔のつくりがどちらかというとフラットに近いためシワやたるみが目立ちません。同じ年齢で並んでみても薄い顔の人の方が老化が目立ちにくいというメリットがあります。

美形が多い

美形の定義にはいろいろあるので、濃い顔、薄い顔のどちらかが美形であるとは言えません。そもそも顔の好みは人それぞれであり、国内でいえば彫りの深い濃い顔の沖縄人と色白でのっぺり系の東北人ともに魅力的です。ただ、顔のパーツの小ささや凹凸のなさだけでなく色白で体毛が薄い、ミステリアスな雰囲気が漂う、などのさまざまな条件が整っている人が薄い顔の人に多いということではないでしょうか。

異性ウケが良い

顔の好みは人それぞれなので薄い顔好きがいれば濃い顔好きもいます。ただ、一般的に憧れの芸能人などは濃い顔が多いのに、実際に付き合うとなると薄い顔という傾向が高いという確率は比較的高いのではないでしょうか。濃い顔イケメンは見ていて飽きないドキドキ感があるのに対し、薄い顔イケメンは一緒にいて落ち着きや安心感を与えてくれます。また、神秘的ですぐに自分をさらけ出さないようなイメージもあることからも異性ウケが良いのでしょう。

薄い顔の男性芸能人

松田翔太

an・an (アン・アン)no.1709 2010年5/26号 [雑誌]
伝説の名優松田優作の息子というだけでなく、コミカルな役からシリアスな役までこなせる確かな演技力に定評があり、人気の三太郎シリーズのCMは打ち切られる気配さえありません。小顔で色白、すっきりと通った鼻筋、そして切れ長の少し大きな目が透明感やミステリアスなイメージを醸し出しているイケメンです。クールななかに瞳の奥にしっかりとした目力を持っており、じっと見つめられるとキュンキュンしてしまいそうです。

小栗旬

high 小栗旬
王子様キャラから火がつき、シェークスピアの本格的な舞台も数多くこなす実力派俳優として根強い人気があります。存在感のある大きな鼻と口は薄い顔にしては少々存在感が強いものです。イケメンの雰囲気を最も醸し出しているのが、クールで冷たささえ感じる切れ長の目。突き放したような冷たさの奥に柔らかさや包容力も感じられる目に引きこまれる女性は後を絶ちません。

神木隆之介

神木隆之介 2010年 カレンダー
天才子役は成長するとただの人になるというジンクスを見事に打ち破り、コメディからシリアスまでどんな役でも自分のものとして演じきれる実力を持ったイケメン俳優です。白い肌、黒い髪、そして今でも高校役がはまる華奢な体に透明感と神秘的なイメージを携えており、人間離れした役でも難なくこなせます。一重の大きな目は優しく柔らかな印象と悪魔のような冷たさの両面を備えており、薄い顔を代表するイケメン俳優と言えるでしょう。

古川雄輝

古川雄輝写真集『unknown』
薄い顔のイケメン俳優として、モデルから役者として海外デビューを果たし、日本人として上海で初のファンミーティングをしたことでも有名です。薄い顔は顔のパーツを強調しない分、童顔に見えることも多くそれも魅力の1つになっています。薄い顔にしては、目、鼻、口ともに大き目で存在感がありますが、彫りがそれほど深くないため平坦で柔らかな雰囲気の顔に見えます。色白の肌に合う黒髪の美しさも薄い顔のアクセントになっています。

岩田剛典

AZZURRO(アズーロ)【特別限定版】メイキングDVD&特製ステッカー付き
EXILEファミリー、三代目 J Soul Brothersのダンスパフォーマーとして、また、胸キュン映画やドラマの主役として人気絶頂のアクティブ系薄い顔イケメンです。くっきりと通った鼻筋と控え目で小さな口、そして切れ長の涼しげな目が大きな魅力となっています。学生時代の写真をみるとわかるように決して派手な美形顔ではありませんが、有名になってからついた自信が変えたのでしょう。薄い顔に金髪がよく似合っています。

薄い顔の女性芸能人

多部未華子

NHK連続テレビ小説つばさ写真集 多部未華子
落ち着いた芯のある役がぴったりの女優で数多くのCMにも出演しています。決して高いとは言えない小さな鼻と控え目な口で女優に多い派手な顔とはかけ離れています。最も大きな特徴となっているのが一重の大きな目。キリっとした目はきつさや冷たさを感じさせるものですが、笑顔になったときのギャップの差に魅力を感じる男性も多いでしょう。マツエクやまつげパーマで全く違った印象にもなります。

蒼井優

蒼井優 今日、このごろ。
一見、どこにでもいそうな薄い顔を代表するような女優です。演技力は高く評価されており、これまでにも数々の賞に輝いている実力派若手女優として有名です。目、鼻、口、どれをとってもインパクトのあるパーツではありませんが、全体のバランスと幼さが残るイメージから嫌みのない万人受けする顔になっています。ほとんどスッピンに近いメイクも薄い顔をそのまま強調していると言えるでしょう。

石田ゆり子

大人のMake Book (美人開花シリーズ)
ドラマや映画、CMに引っ張りだこの状態がずっと続いている息の長い女優です。まもなく50歳を迎えるとは思えない可愛らしさが魅力で、決して派手ではない薄い顔が年齢を重ねるごとに美しさを増しています。切れ長の細い目であっても柔らかさや温かみを感じることができ、永遠の少女のような輝きを放ち続けています。

松嶋菜々子

松嶋菜々子「百年の物語」写真集
水着や雑誌のモデルを経て、コント番組の出演から火がついて押しも押されぬ日本を代表する女優にまでのぼりつめた存在感のある女性です。薄い顔にしては吸い込まれそうな大きな瞳が印象的で、愁いを含んだ独特の表情も魅力的です。家政婦役として大ヒットしたドラマも、クールでミステリアスな薄い顔を存分に生かした作品と言えるでしょう。小さな鼻と口が濃い顔との境界ギリギリを保っているようです。

椎名林檎

音楽と人 2000年 02月号 (生きていくために 椎名林檎)
ロックバンド東京事変のヴォーカルを経て、独特の世界観を音楽で表現する日本を代表する一流アーティストの1人です。ナースコスチュームや着物など、パフォーマンスではさまざまなファッションに身を包みどぎついメイクもしますが、素顔をいたって地味で薄い顔です。特徴ある目は、細いながらも猫のような美しい切れ長のフォルムが魅力的です。薄い顔の人はメイク次第でどんな顔にもなれることを証明してくれている女性の1人とも言えるでしょう。

まとめ

濃い顔、薄い顔にはそれぞれの魅力があり、好みは人よって異なるためどちらがいいかとは一概に言えません。ただ、薄い顔は日本人にはなじみの深い顔のタイプであり、一緒にいて安心感があるという特徴があります。また、濃い顔のようなくっきりとした目鼻立ちではない代わりに、優しさや透明感、神秘的なイメージがあり、異性からも興味を持たれやすい顔であると言えるでしょう。