男性が女性の手を握るって好意あり?意味や心理・対処法を解説

小さいときは男女の別に関係なく、誰とでも手を握り合うことができたはずなのに恥ずかしい、自分の気持ちに気づかれたくないなどの気持ちが芽生えだすと異性の手を握ることは難しくなります。また、男性と女性では手を握るという行為に対する考え方や感じ方が異なるため、勘違いされてしまうこともあるのです。そもそも男性が女性の手を握るのは全て好意があるからなのでしょうか。男性が女性の手を握る心理やケース別お対処の仕方などについて解説します。

男性が女性の手を握るのは好意がある?

男女間で考えが違う場合も

手を握るという行為に対しては、男性と女性の間に根本的な考え方の違いがあります。女性は同性同士で手をつないで歩いたりすることも平気ですが、男性は同性愛者でない限り男同士で手を握り合うことなど考えられません。普段手を握る機会の少ない男性にとって、相手に自分の気持ち気づいてもらいたい、自分に気があるかどうかを知りたいなどの判断の基準として手を握るという行為が存在します。

手を握る=恋人にならないのは事実

手を握るという行為に特別な感情をもつ男性もいますが、女性と同様に好意の証程度にしか考えていないことも少なくありません。普段から当然のようにスキンシップするような男性であれば、特に女性に対して好意がなくても手を握ったり、ハグをしたりすることはあります。男性のなかには意を決して女性の手を握ることもありますが、手を握ったからといって恋人という認識はないのが普通でしょう。

女性の手を握るときの男性心理・好意ありの場合

付き合いたいと思っている

男性は前から気になっている、付き合いたいと思っている女性がいれば、徐々に2人の距離を縮めようと必死でアプローチします。告白する勇気があれば悶々とすることはないでしょうが、当たって砕けるのであればショックが大き過ぎるため慎重です。いつも近くにいて自然にスキンシップしたいという気持ちを常にもっているため、チャンスがあれば手を握って思いを伝えたいと考えていることでしょう。

自分の気持ちに気づいてほしい

自分に自信があり好きな相手に堂々と告白できるような男性であれば、手を握ることにそれほど抵抗はないでしょう。しかし、好きな女性に思いを寄せている時間は長いものの、自分の気持ちにはっきりと意思表示されるのが怖いと感じている男性にとっては、とても難しいものです。なんとか自分の気持ちに気づいてほしいと意を決して手を握っているということも女性として考えてあげなくてはならないでしょう。

女性がどんな反応をするのかが気になる

好意を抱いている女性の手を握る行為は、男性にとって一か八かの賭けのようなものでもあります。いきなり手を握られたときにとっさにとる行動に嘘はなく、もし自分が生理的に受け付けない相手であればすぐに拒否されるでしょう。手を握られても不快でない相手であればその先の可能性もありますが、無意識にでも拒否されるのであれば脈はありません。男性にとって、自分に対する女性の反応はとても気になるものです。

女性との距離を縮めたい

男性であれば誰もが好きな女性との距離を縮めたいと考えているでしょう。恋人になるためには心の距離を縮めることが必要となりますが、その前に2人の間の物理的な距離を少しでも縮めたいと思うものです。さりげなくボディタッチするのも効果的ですが、女性によっては気持ち悪がられたりすることもあります。思い切って手を握った方が男らしさを見せることができるとも考えているのでしょう。

可愛いと思った

男性の心理として、女性を可愛いと思った瞬間に何も考えずに手を握るということもあります。ふとした仕草や行動にいつもとは違った魅力を感じたり、自分に対する気遣いや思いやりを感じたり、など、可愛いと思う理由はそれぞれです。口に出して言うのは恥ずかしいですが、その代わりに可愛い、好きだという気持ちの表現として手を握るのでしょう。

周りへのアピール

恋に積極的でない男性は、前から好意を抱いている女性に対してはとても慎重な態度で接します。グイグイいって一気に引かれてしまうより、グループ交際のなかで間近でいつも見つめていたいと思っていることでしょう。ただ、ほかの男性と急に仲良くするのを目の当たりにしたり、積極的にアタックする男性がいたりするときは、自分は彼女が好きだという言葉の代わりに手を握ることで周りにアピールすることもあります。

女性の手を握るときの男性心理・好意なしの場合

その場の勢い

女性は恋の駆け引きが上手であるため、計算によって行動を制御することが可能です。一方、男性はどちらかというと不器用で人を好きになることでより慎重になります。自分がとった行動によって相手を不快な思いにさせないか、嫌いにならないかということをとても気にします。手を握るまでのプロセスに時間をかけるものですが、逆にその気がない女性に対してはその場の勢いで手を握ることもあります。

雰囲気や周りの人に流されただけ

人に流されやすいのは女性だけではありません。男性は自分でムードをつくることが苦手であるため、女性以上に周りの雰囲気に流されがちです。グループでドライブやレジャーに出かけた際に、いつもとは違う開放的な気分や周りのアットホームな雰囲気に流されて簡単に手を握ることもあります。アルコールが入ったときも何も考えずに手を握ることもあるので女性は勘違いしてしまうでしょう。

下心があるから

男性は女性に比べて性欲が強い生き物です。毎日精巣で精子がつくられ、それを排出するという男ならではの性も関係しています。相手に対して少しでも好意を感じれば、つきあうことなどは度外ししてとにかく肉体関係をもちたいと思うものです。そんな男性にとって手を握るという行為は、セックスの前の前戯の1つでしかなく、下心丸出しの行為と言えるでしょう。

寂しかったから

男性には永遠の少年の心をもつロマンティックな面もあります。どんなに男らしく見える男性であってもマザコンがいるように、誰かに甘えたいという気持ちは女性以上に強いと言えるかもしれません。女性は1人暮らしで食事をするのに特に抵抗はありませんが、男性は1人が寂しすぎて飲み行くということもあります。人といることに飢えているとき、人の肌に触れて寂しさを紛らわせたいときにも手を握りたくなるものです。

特に理由はない

日本人にはまれなタイプですが、海外留学や海外で暮らした経験がある男性は、キスやハグなどをあいさつ代わりにすることがあります。友達同士であってもキスやハグを平気でできるので、手を握ることに抵抗など抱くことはありません。海外経験のない日本人でもスキンシップに抵抗がない男性であれば、女性の手を握ることに特に理由を必要とすることはないでしょう。

手を握ることへの効果的な対処法

好意がある場合:握り返す

突然前触れをもなく男性から手を握られて焦らない女性はいないでしょう。それも前から好意を寄せている相手であればなおさらドキドキしていまいます。頭が真っ白になってしまうこともありますが、相手に対して好意を持っているのであれば、しっかりとその気持ちに応えなければなりません。そっと力を入れて握り返せば、拒否されるかもしれないと覚悟していた男性は天にも昇る気持ちになるでしょう。

好意がある場合:笑顔で見つめる

好意を持っている男性から手を握られてそのまま握り返すという対応の仕方もありますが、もっと可愛らしさを演出したいのであれば、握られた瞬間ににっこりと笑顔で見つめるという方法もあります。拒否されるかもしれないと覚悟をもって手を握った男性は、とびきりの笑顔で答をもらって嬉しくないはずがありません。男性は照れてしまうかもしれませんが、負けずに笑顔で見つめ続けましょう。

好意がある場合:そっと体を寄せる

好意を寄せている人と初めて手を握るシチュエーションは、告白して好きだという意思を伝える前か、交際し始めたばかりの頃かのどちらかでしょう。2人の間の距離はまだまだ遠く、一緒に歩いていても微妙な空間が空いているはずです。手を握られた後にそっとその距離を埋めるかのように体を寄せれば、2人の心の距離も一気に縮めることができるでしょう。

好意がない場合:放す

好意を寄せていない男性からいきなり手を握られたとき、握られたままの状態でいると相手は自分に気があると思い込んでしまいます。拒否の気持ちを態度で示すには、握られた手をすぐに放すのが一番です。ただ、手を握ってきた男性のタイプによって放し方にも気配りが必要です。特に、不器用でまじめ、やっとの思いで手を握ってきたという相手であれば、過剰に傷つけないように握られていない手を使ってゆっくりと放すようにしましょう。

好意がない場合:嫌だと言葉にする


遊びなれている男性、グイグイいくのが当然と思っている男性であれば、女性の気持ちなど気にせずにギュッと手を握ってくることがあります。力が強いのでふりほどこうとしてもなかなか離れることができなくなります。そんな男性は力で押せば女性を落とせると勘違いしていることもあるので、はっきり「嫌だ」と言葉で返すようにしましょう。優柔不断な態度は相手をつけあげさせてしまうことにもなるのできっぱりと断ることが大切です。

まとめ

男性が女性の手を握る際には、異性として意識していない場合、好意を持っている場合の2つに大別することができます。女性に比べて誰かと手を握るという機会が少ない男性にとっては、特に思いを寄せている女性の手を握るということは大変なできごとです。自分の気持ちを伝えたり、相手の自分に対する気持ちを判断したりするために勇気をだして握ることも多いでしょう。手を握られた女性は、相手に好意があるかないかがしっかりと伝わるように行為や言葉で返してあげることが大切です。