嫌い避けの特徴~知れば勘違いも少なくなる~

嫌い避けという言葉を聞いたことはあるでしょうか。なんとなく特定の相手に避けられているなと感じたら、誰でもショックを受けるでしょう。相手から徹底的に嫌われているという理由からの言動である可能性がある一方で、好かれていてそれが自然に表現できないために避けられることもあります。好かれて避けられているのか、嫌われて避けられているのか、行動の特徴を知れば勘違いしてショックを受けることも少なくなるでしょう。

「私、もしかして避けられてる?」なんて思ったことありませんか?


学校や職場、そのほかのシーンで「私、もしかして避けられてる?」と思ったことはないでしょうか。男性と女性が多く集まる学校や職場では、嫌い避けが多いと言われています。ある程度大人であれば相手のことをよく思っていなくても言葉や態度には出さないものですが、なかには子供のようにあからさまにアピールする人もいます。男性から避けられる場合は、嫌われているのではなく好きで避けられている場合もあり、判断するのは厄介です。

嫌い避けって何?


なんとなく避けられてると感じた場合、その勘は当たっていることの方が多いようです。避けられる理由としては、男性からの場合、「気になっている」「好きだ」という気持ちを隠すために避けたり、思いが裏返しとなって意識的に避けたりすることもあります。嫌い避けは、相手が自分のことを嫌いで避けているため、隠そうとしても目線や言動に表れてしまうものです。嫌い避け、好き避け、ごめん避けの違いについて考えてみましょう。

好き避けやごめん避けもある


男性から避けられているなと感じたとき、最初から嫌われていると思い込むのは早合点というものです。男性は、気になる相手、好きな相手の顔をまともに見ることもできないシャイなタイプも多く、意識しすぎる故に避ける場合もあり、好き避けと言われています。また、女性の方からグイグイアプローチされて困っている男性が、意識的に避けるごめん避けというものもあります。

嫌い避けと好き避け、ごめん避けとの違い

なんとなく避けられていると感じているとき、その真意を理解するのは難しいことです。ごめん避けは、自分から積極的にアタックしているので、受け入れられず避けられていることは気づきやすいでしょう。それに対し、好き避けと嫌い避けはなかなか区別がつかないものです。ただ、好き避けの場合は複数の人間がいるときと2人きりでいるときの態度に明らかな違いがあります。また、第三者からみるとさらにわかりやすいので、意見を求めてみるのもいいのではないでしょうか。

男女で多少反応は違う


同じように避けられていると感じていても男性と女性では多少反応が異なる場合があります。男性の場合は気になる相手、好きな相手に対して素直に愛情を表現することができないため、あまのじゃくのように感情の裏返しで冷たくすることもあれば、意識しすぎて避けてしまうこともあります。その点、女性は好きであることが態度に出やすいため、積極的に避ける場合は嫌っていることの方が多いと言えるでしょう。

嫌い避けの特徴


相手が男性の場合は、好き避けと嫌い避けをすぐに判断するのは難しいでしょう。好き避けと思っていたのに実は嫌い避けだったと知ったときのショックはとても大きいものです。勘違いしないようにするためにも、嫌い避けの場合の避け方の特徴を知っておくといいでしょう。男性と女性では若干反応が異なることもありますが、嫌い避けの特徴は比較的あからさまでわかりやすいものなので誤解することはないでしょう。

視線が合わない

嫌い避けされている相手になんとなくそうかなと気づき始めるのは、視線が合わないことからということがよくあります。こちらから目を合わせようとしても決して合わせようとせず、それ以前に相手の視界に入っていないこともあるでしょう。意識的に視線をそらそうとされているため、万が一目が合ってしまったときは、不快感を顔に出して即座に視線をそらすでしょう。よほど鈍感でない限り視線が合わないことで嫌われていることを悟るのではないでしょうか。

態度が悪い

嫌い避けしているだけでなく自分の言動を上手にコントロールできない人は、相手を嫌っていることがもろに態度に出てしまうことがあります。心のシャッターがしっかりと閉まっており、どんなに相手が働きかけをしてきても許容しようとしません。話しかけられても聞こえていないふりをしたり、目を合わさずに生返事をしたりすることもあるでしょう。嫌っていても態度に全てそれが出てしまうのは大人の対応とは言えません。

可能な限り距離を取ろうとする

嫌い避けをしている場合は、自分から嫌いな相手に近づこうとすることはありません。職場で最短距離で目的のデスクなどに行くことができるルートであっても、その途中に嫌いな相手がいる場合は、わざわざ遠回りしてでも近くを通ろうとしないこともあります。できるかぎり距離を取ろうとするため、相手が近寄ってきた場合はさりげなく自分から席を立ちます。心理的なテリトリーの距離以上に遠く離れていたいと思うものです。

顔に出る

嫌い避けででもまだ完全に無視するまでに至っていない場合は、表面では普通に接しようとします。必要な会話であればとくに嫌がることもなくしますが、顔に出てしまう嫌悪感を隠すことができない場合もあります。特に嫌いな相手に話しかけられたときに顕著に顔に感情がでてムッとしてしまいます。話しかけてほしくない、関わってほしくないという心理から、無意識にそっけない態度をとることもあるでしょう。

視界に入れようとしない


好き避けの場合は、相手のことを見たくても恥ずかしくて見ることができずに視界にわざと入れないことがあります。しかし、嫌い避けの場合は、顔を見るのが嫌なので意識的に自分の視界に相手の姿を入れないようにします。相手が姿勢や見る方向を変えるとそれに合わせて自分も視線をそらすので、目が合うことは一切ありません。相手の存在自体を消してしまいたいと思うほどであれば、決して視界に入れようとはしないでしょう。

そっけない

嫌い避けの場合は、嫌いな相手と会話をするだけでなく近くにいるだけでも不快だと思っていることがあります。話しかけても「はい」「そうですね」「わかりました」など、最低限の言葉をそっけなく言うだけということも珍しくありません。できれば一言も話したくないと思っているので、なるべく短い言葉で会話が続かないようにしているのです。自分の方から話しかけたり、仕事以外の話題を振ったりすることはまずないでしょう。

挨拶をしない

挨拶は最も基本的なコミュニケーションであり、社会人であれば相手が誰であれ最低限しなくてはならないものとして認識されています。嫌い避けがひどくなると顔を見るだけでも嫌であるため、基本的な挨拶で自分がコミュニケーションを図っていると思われることを異常に嫌います。目線を合わさずそっけない挨拶や会釈をするのであればまだ大人の対応といえますが、全く無視する場合はあまりに大人げない態度ととられるでしょう。

話すときに腕組みをされる


人が話をしているときに腕を組んで聞いている人がいます。これは心理学的には相手の話を拒絶しているという心の表れであると言われています。嫌い避けの場合は相手を生理的に受け付けていないので、近づいてきただけで心理的にブロックします。自分の心のテリトリーに侵入させないという無意識が働くため、腕を組んだまま話を聞くのでしょう。1回だけでなく何度も腕組みをされたら、嫌い避けされている可能性が高いと言えるでしょう。

誰かと一緒でも一緒に出掛けない

嫌い避けしている人と一緒の空間にいたくないと思っているため、まず2人だけで一緒にいるということは考えられません。それだけでなく、ほかの人と複数でいても食事や飲み会などにその場で誘われることはないでしょう。一緒にいた友人に後でそっと声をかけ、嫌っている相手の耳には出かけた後にわざと楽しかったという情報が入るように謀ることもあります。どんなグループであっても嫌っている相手がいることで拒否します。

必要最低限の会話しかしない

嫌っている相手に対してはなるべく関わりたくないと思うものです。職場で仕事の事務連絡であれば仕方なくするでしょうが、仕事以外の会話はほとんどないと言っていいでしょう。事務連絡では、ほとんど感情を表すこともなく目も見ないで、まるでロボットのように用件だけ伝えます。プライベートの話はもちろんすることなど一切なく、嫌っている相手が傍を通るだけで自分たちの会話をやめてしまうこともあります。

まとめ

特定の男性になんとなく避けられていると感じたとき、その避け方には嫌い避けだけでなく、好き避け、ごめん避けなどがあるため、簡単に見極めることが難しいこともあります。好き避けは、大人数といるときと2人きりでいるときの態度が変わったり、行動に一貫性がなかったりするので比較的わかりやすいものです。嫌い分けには多くの言動の特徴があるので、条件に照らし合わせて勘違いしないように注意しましょう。