彼氏に甘える上手なやり方。円満カップルを目指そう!

世の中には、上手に彼氏に甘えることができるタイプと、なかなかうまく甘えられないタイプとがいます。もともと彼氏に甘えるのが好きではないと言うのなら良いのですが、本当はとても甘えたいのにその方法が分からない場合は、コツを知ることも必要です。まずは、自分の気持ちに正直になってみましょう。この時、見栄やプライドは捨てた方が良さそうです。

彼氏に甘えたい!


とても好きなのに、どうしても気を使い過ぎて気まずい雰囲気が漂ってしまう。けっこう長く付き合っているのに、未だに敬語で話す関係をなんとかしたい。私も彼氏に気を使っているけれど、彼氏も私に気を使っているようで辛い。早く何とかしたい……。こういったことを感じている方は、是非もっと自分を堂々と表現してみましょう。

表現するとは、つまり自分がどれだけ彼氏のことを好きなのかを伝えることです。甘え下手の方の多くは、こういったことが苦手な方が少なくありません。恥ずかしい、或いは嫌われるのが怖い、タイミングが見つからないなどの理由があるようですが、ここは勇気をもってアクションを起こすべきです。言葉、態度、しぐさ、会話。方法はいくらでもあるはずです。

どうせ甘えるなら上手に甘えよう

今まで男性に甘えた経験がない方も多いかもしれません。ですから、良い方法が分からない方もいるでしょう。せっかくなら、上手く甘えたいところ。彼氏の顔を見る度にしつこいくらい「好き好き」言う方法は賢いやり方とは言えません。言葉でストレートに伝える方法も良いのですが、これは時々言うから意味があるのです。四六時中口にしていたら、彼氏は飽きてしまうことでしょう。

彼氏が喜ぶ甘え方がある

付き合っている間柄の場合、男性は彼女からどんな目で見られたら嬉しいのでしょうか。一つは、信頼されることです。これは、親しい間柄であればどんな関係にも言えることでしょう。もう一つは、凄い、素敵、カッコイイと褒められたり尊敬されたりすることです。誰でも、承認欲求があるもの。そこを刺激することは、相手を喜ばせることに繋がります。そしてもう一つ。それは、彼女から好きだと思われることです。当たり前と言えば当たり前なのですが、これがなかなか難しいのです。プライドが許さず、自分の口から愛情表現の言葉を言えない方も多いですし、反対に好きすぎてしつこく愛情表現してしまう人もいるからです。

プライドが許さず好きだと言えないのなら、さっさとそんなプライドを外してしまいましょう。つい何度も好きだと言ってしまう方は、ぐっとこらえて回数を減らすこと。そして、好きとか大好きといった言葉の代わりに、ボキャブラリーを増やしましょう。オススメの言葉は、「ありがとう」、「カッコイイ」、「嬉しい」、「楽しい」などです。一緒にいる時に、こういった言葉を言ってもらえたら、それだけで彼氏は自信がもてますし、安心できるようになります。つまり、あなたとの時間が心地よいものになるということです。

彼氏のハートをがっちりキャッチ!上手な甘え方


女性から頼りにされていることで、男性は自信をもつことができるようになります。あなたと一緒にいると、自信がもてる。気持ち良い。是非、彼氏をそんな気持ちにさせてください。ではどんなことをしたら頼られていると感じることができて、良い気持ちになれるのでしょうか?オススメは、彼氏が叶えられる程度のお題を出すこと。ポイントは、この「彼氏が叶えられる程度」ということころです。また、可愛らしく好きを伝えるのもオススメです。

服の袖をつかむ

服の袖をつかむという行為は、二人が特別な関係であるとアピールできる方法です。手を繋ぎたいけれど、それができずに袖をつかむのが精いっぱい。そこが彼氏には可愛らしく見えるのです。守ってあげたいと思わせるのです。

話しかける前にハグをする

好きな女性からハグされたら、やはり男性は嬉しく感じることでしょう。しかしながら、これはちょっとレベルが高いかもしれません。その場合は、後ろからハグするのもアリです。

基本スタンスはツンデレかクーデレ

良い意味で男性を振り回す(男性が喜んで振り回される)女性と言うのは、あまり男性に尽くしたりしないタイプです。男性は、基本追いかけたい習性がありますので、自分からあまりガツガツくるような女性に抵抗があることが多いのです。オススメは、ツンデレとクーデレ。どちらも、好きな男性にべったりしません。それに、媚びることもしません。いつでも、良い意味で自己中です。ミステリアスで、且つ強い女性を想像されるので、そこに惹かれるのです。

小さな事をお願いしてみる

好きな人を喜ばせたい。それは、多くの男性の願いでしょう。彼女が困っている時に助けてあげられる自分、助けに慣れる自分に憧れる男性は少なくありません。だったら、あえてそういったケースをこちらから提供するのです。大きなお願いをするのはダメですが、ちょっと頑張れば叶えられそうなお願いなら、どんどん頼ってみましょう。そして、たくさん感謝の気持ちを伝えて上げるようにしてみてください。

可愛くご飯のリクエストをする

こちらもまた、彼女の小さなお願いを叶えることができる良い方法です。高級レストランでなく、身近なお店であれば彼氏への負担も少なく安心です。

上目使いをする

ある程度付き合いがあるカップルにオススメなのが、上目使いです。しかしながら、付き合い始めの頃にこれをやってしまうと、彼氏に警戒されたりイラつかせてしまったりすることもありますので注意が必要です。

無言でにっこり笑顔を見せる


笑顔はやはり良いものです。笑顔の多い女性は、優しい印象を与えることもできますし、楽しいイメージを与えることもできます。

あだ名をつける

二人だけの特別な呼び名。他の人には許さないあだ名で呼び合うことで、更に特別感がアップします。彼氏には、是非可愛いあだ名をつけてあげてください。

肩によりかかる

好きな女性の体が、自分に触れるだけでもドキドキするものです。女性が男性の肩によりかかるといいた行為は、そのまま「あなたを信頼していますよ」という意味になります。また、少々無防備感もまた可愛い甘え方と言えるのかもしれません。

ハグの要求

素直にして欲しいことを口にするのも、彼氏にとっては嬉しい行為です。ハグもそうです。但し、男性の中には人前でこういった行為を行うことに抵抗がある方や恥ずかしいと感じる方もいますので、あまり人がいないところ、もしくは二人きりの時に要求するのが安心です。車の中などもオススメです。

注意!男性を怒らせてしまう甘え方


どこまでの甘えを許せるのか。それは、男性それぞれ異なります。いずれにしても、あまり度を超えるような我儘は避けた方が良いと言えそうです。また、ふざけすぎた行為も要注意。特に、ある程度年齢を重ねた男性にはしない方が安心です。行き過ぎた冗談や、試すような行為、汚い言葉遣いなども避けることをオススメします。

しつこい

疲れている人が多い時代です。そんな時に、何度もしつこくされるとイラつくのも理解できるでしょう。1、2度言って良い顔をしないときは止めるべきです。

度を超した我儘

あまり度を超えた我儘を言ってしまうと、そのまま恋愛感情が冷めてしまうことも少なくありません。ちょっとしたお願いをごくたまにするのであれば良いのですが、頻度が多かったり大きなお願いをしてしまったりすると、自立していない他力本願の人だと認定されてしまうので注意が必要です。

わかりやすいぶりっ子

ぶりっ子を嫌う男性は多いです。自分を可愛く見せたいのは分かりますが、年齢に合わない甘えた言動は一つ間違うと不気味に見えてしまいます。また、モテ仕草を連発するのも男性は嫌がります。自然が一番。その上で、たまに可愛らしく見える言動をするのです。服装なども、年齢に合ったものを選ぶのがオススメ。この方が、落ち着いた大人の女性に見えるからです。

まとめ

甘え方が分からない方は、まずは不要なプライドを捨てることが必要です。また。あまり怖がらないことも大切です。可愛い言動やしぐさは、たまにするから生きてくるもの。やりすぎには要注意です。