シャツ×ロングスカートのおすすめコーデ12選!

気になる体形のカバーや足長効果など、日々のファッションコーデに取り入れたいロングスカートは、どんなトップスとの相性も抜群です。しかし、その中でも特に活用されることが多いシャツは、年齢や体液に関係無く、真似しやすいスタイルとなります。今回紹介するシャツとロングスカートのコーデを参考にして、毎日の洋服選びの悩みを解消させてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介しているシャツ×ロングスカートのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12

この記事の作成者

S.M.さん【26歳】
モデル経験あり!おしゃれ大好きS.M.さんがこの記事を作成しています

シャツ×ロングスカートのおすすめコーデ特集


引用:CBK(カブキ)

ジーンズ素材のロングスカートは、欠かせないファッションアイテムです。トップスとして合わせるシャツは、ウエストにベルトがあるのがアクセントのシャツで、綺麗なカーキ色とジーンズが良く調和します。

引用:CBK(カブキ)

ストライプが縦長で体形カバーに大きく貢献するシャツは、綺麗な発色のロングスカートと合わせて着こなすのがおすすめです。アクセントのスニーカーは、個性的なものを選ぶと良いでしょう。

引用:CBK(カブキ)

白のるングスカートは、華やかで女性らしい印象を醸し出せるファッションアイテムです。デニム風シャツとの相性も抜群で、色のコントラストがとてもきれいに見えます。

引用:CBK(カブキ)

ギンガムチェックのシャツと細かいプリーツが特徴のコーデには、白いスニーカーを合わせて履くことで、カジュアルスタイルでもどこか女性らしい雰囲気を維持できます。

引用:CBK(カブキ)

ウエスト部分にアクセントがあるロングスカートは、白いシャツをインしてきるのがおすすめ。気になる下半身を隠しながら足が長く見える効果があるので、体形のコンプレックスを解消できるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

タイトスカート風のデザインで女性らしい印象になる紺のロングスカートには、靴と同系色である茶系のシャツが良く似合います。

引用:CBK(カブキ)

袖にボリュームがある白いシャツは、上半身をスリムに見せる効果が期待できます。ベージュ風のロングスカートとの相性も良く、優しい印象を周囲に与えられます。

引用:CBK(カブキ)

長めの丈が印象的なロングスカートは、シャツをインして着こなした方が、全身のバランスを整えたトータルコーディネートが完成できます。

引用:CBK(カブキ)

カーキ色のロングスカートは、1着持っていると様々な場面で重宝します。どんなシャツでも合わせやすいですが、デニム素材のシャツを合わせますと、おしゃれな印象が演出できます。

引用:CBK(カブキ)

綺麗な発色のビビットカラーのロングスカートは、持っているだ家でテンションが上がる1着になります。トップスのシャツを白にすることで、ボトムスのピンクが更に綺麗に見えるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ロング丈のタイトスカートは、落ち着いた色の黒がおすすめです。白いシャツを1枚合わせるだけで女性らしいスタイルが実現できるだけでなく、気になる体形がカバーできるのもメリットでしょう。

引用:CBK(カブキ)

カーキ色のロングスカートには、デニム素材のシャツをインすることで、全身をスッキリと見せる効果が期待できます。足元のサンダルが更に夏らしく軽やかな印象になるので、シューズ選びもポイントになります。