シャツ×タイトスカートのおすすめコーデ14選!

着ているだけで大人っぽい女性に変身できるタイトスカートは、何着も欲しいファッションアイテムです。年齢を問わず着こなすことができるタイトスカートは、シャツと組み合わせてきることで、更におしゃれで洗練された印象を演出できます。今回紹介する様々なコーデを参考にして、自分に合うタイトスカートとシャツの組み合わせを是非探してみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介しているシャツ×タイトスカートのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12 おすすめコーデ:13 おすすめコーデ:14

この記事の作成者

S.M.さん【26歳】
モデル経験あり!おしゃれ大好きS.M.さんがこの記事を作成しています

シャツ×タイトスカートのおすすめコーデ特集


引用:CBK(カブキ)

ロング丈のタイトスカートは、オンでもオフでも活用できる万能性があります。茶系のシャツと組み合わせることで、大人っぽいん雰囲気での着こなしが実現できるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ジーンズ素材のタイトスカートは、年代を問わず持っておきたいアイテムです。トップスとなるシャツの合わせ方には様々なバリエーションが可能ですが、シンプルに白いシャツを組み合わせたスタンダードなコーデがベストです。

引用:CBK(カブキ)

ウエスト部分のいリボンが女性らしいアクセントになるベージュのタイトスカートには、落ち着いた色のシャツを合わせた方が引き締まった印象になります。

引用:CBK(カブキ)

レース素材の綺麗なタイトスカートは、センスが問われることからコーデが難しい印象ですが、1枚持っていると様々な場面で活用できます。デニムのシャツとの組み合わせは抜群で、今すぐ真似できるファッションです。

引用:CBK(カブキ)

ショート丈のタイトスカートは、下半身に悩みを持つ人にも挑戦しやすいアイテムで、白いシャツと組み合わせた定番コーデはおすすめです。

引用:CBK(カブキ)

足長効果が期待できるストライプ柄のタイトスカートは、濃い目のデニムシャツとの組み合わせが良く似合っていて、カジュアルすぎてしまうことがないセンスが光る着こなしです。

引用:CBK(カブキ)

大人っぽい雰囲気が醸し出せるブルーのタイトスカートは、堅苦しくなりすぎないのが特徴で、白いシャツと合わせた定番コーデによって、今すぐ真似できるファッションスタイルとなります。

引用:CBK(カブキ)

チェック柄のタイトスカートは、シャツをインして着こなすことによって、下半身にコンプレックスを抱える人でも安心して着こなしができます。そのため、腰回りをスッキリさせた印象になるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

白のタイトスカートは、カジュアルな時だけでなく様々な場面で活用できるのが特徴で、ギンガムチェック風のシャツに合わせても、ボーイッシュになり過ぎない良さがあります。

引用:CBK(カブキ)

マリンスタイル風の綺麗なブルと白のコントラストが綺麗なタイトスカートは、着ているだけでおしゃれな印象を醸し出せます。シャツは無地でシンプルなものがおすすめで、全身をスッキリと見せる効果があります。

引用:CBK(カブキ)

襟がないスッキリとした印象のストライプ柄のシャツには、リボンがアクセントになっているタイトスカートを合わせるのがおすすめです。丈の長さを気にすることなく、ちょうど良いミドル丈を選ぶことで、気なる下半身をそれほど露出することはありません。

引用:CBK(カブキ)

綺麗なグリーンの発色が特徴的なタイトスカートには、淡いブルーのシャツが良く似合います。アクセントに黒いカーディガンを腰に巻くのがポイントで、体形カバーの役割も果たします。

引用:CBK(カブキ)

足長効果や体形カバーが期待できるストライプ柄のタイトスカートを履く時には、ジーンズ素材のシャツを合わせるのがおすすめです。

引用:CBK(カブキ)

迷彩柄が特徴的なタイトスカートのトップスは、シンプルで合わせやすい白いシャツが良いでしょう。ハットやスニーカーも白で統一することで、先進をバランス良くコーディネートできます。