シャツ×ストールのおすすめコーデ10選!

様々な使い方ができるストールは、色や素材の違いを楽しみがら、何パターンも欲しいファッションアイテムです。しかし、思うように使いこなすのが難しい小物であることもあり、シャツと組み合わせたコーデ術を知ることは、今以上にファッションセンスを磨ける良い機会です。ストールの使い方に興味がある人は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介しているシャツ×ストールのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10

この記事の作成者

R.K.さん【29歳】
元ファッションモデルでアパレル業のおしゃれ大好きR.K.さんがこの記事を作成しています

シャツ×ストールのおすすめコーデ特集


引用:CBK(カブキ)

紺で統一されたジーンズファッションでも、白いシャツと赤いチェックのストールがあることで、全身のカラーコーディネートに個性を出すことができます。

引用:CBK(カブキ)

一つ持っていると便利なシックな色のストールは、シンプルで地味になりやすい白いシャツを使ったコーデにアクセントを加えます。

引用:CBK(カブキ)

スニーカーファッションにもよく似合うストールは、カラーシャツを組み合わせて色のバリエーションを増やしますと、ワンランク上のおしゃれが楽しめます。

引用:CBK(カブキ)

ジーンズ風のシャツは1枚あるだけで、様々な場面で活用できます。バッグと同系色のストールと合わせますと、統一感があるコーデを簡単に実現できるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

温かみのある茶系のストールは、カーキ色のシャツと組み合わせて持つことで、見た目のバランスが整うので、スタイルアップ効果が抜群です。

引用:CBK(カブキ)

シャツもパンツも黒で統一した時のストールは、茶系のものを選ぶことで、指し色としておしゃれを楽しめます。バッグと靴の色味を揃えて、更に統一感を出すと良いでしょう。

引用:CBK(カブキ)

大胆な赤いストールは、シンプルな白いシャツを着た時におすすめです。地味になりやすいジーンズコーデが、赤いストールの存在で、一気におしゃれな雰囲気を醸し出します。

引用:CBK(カブキ)

パンプスと色を揃えたピンクのストールは、女性らしい優しい印象を与えます。シンプルな白いシャツの方がよりストールの色が綺麗にみ得るのでおすすめです。

引用:CBK(カブキ)

柄があるストールの存在感は大きく、ジャケット風シャツやボーダーのカットソーと組み合わせて、寒い季節でもおしゃれを楽しみながら防寒対策ができます。

引用:CBK(カブキ)

赤いタータンチェックのストールは、地味になりやすいジーンズシャツなどシンプルな装いによく合うアイテムです。靴とバッグを黒で揃えて、全身のトータルコーディネートをバランス良く整えます。