ユニセックスな足元!不動の人気を誇る《#コンバースコーデ》12選

根強いファンが多い《コンバース》

アメリカのシューズメーカー「コンバース(Converse)」

日本ではスニーカーの中でも人気の高いアイテムです。

キャンパス性の生地で作られておりシンプルなデザインが、人を選ばず多くの人が利用できるポイントなのかもしれませんね。

同じコンバースでも「ジャックパーセル」「ワンスター」「オールスター」など種類によっても特徴が異なるアイテム。

くるぶしを覆う長さの「ハイカットタイプ」とくるぶしが見える「ローカットタイプ」では、履きこなした時の足元の印象が異なりますね。

今回はインスタグラムにて投稿された「#コンバースコーデ」をピックアップ!

 

古着と合わせた《シンプルコーデ》

ローカットタイプの黒のコンバースを取り入れたシンプルコーデ。

ローカットなのでソックスが少し、ちら見えするところもオシャレ。

コンバースの黒と小物の色を合わせてメリハリ感もしっかり。

 

ボーイッシュにまとめて《チャンピオンコーデ》

チャンピオンのワンピースとコンバースを合わせたコーデ。

赤色のハイカットのコンバースがいいアクセントに。

さらっと着こなせそうな感じがいいですね。

 

ロックな雰囲気にピッタリ《コンバース女子コーデ》

黄色のロングワンピースがよく映えた印象のコーディネート。

ロック感を感じさせるアイテムとハイカットコンバース。

コーデの全体のバランス感がいい印象を受けますね。

 

夏は爽やかに《白のコンバースコーデ》

淡い色のデニムに、白色のコンバースを合わせたコーデ。

夏の風を感じさせますね。

コンバースのバックと組み合わせて、よりまとまりのある印象に。

 

ちらりと覗くコンバース《ハイウエストコーデ》

ハイウエストのボトムスに合わせたコンバースコーデ。

ちらりと白色のコンバースが見えますね。

黒色も人気ですが、白色も負けてはいませんね。

 

コンバースとも相性抜群《スキニーコーデ》

黒のスキニーとオールスターのコンバースを組み合わせたコーデ。

シュッとしたシルエットに、シンプルなコンバースが合いますね。

ロールアップにして着こなすかどうかが悩みどころの様子。

 

くずし感がオシャレ《ガーリーカジュアルコーデ》

ガーリーにカジュアルさをミックさせたコーデ。

程よくカジュアルさでくずした感じがセンスの良さを感じさせます。

足元にはハイカットのコンバースを取り入れて。

 

大人っぽく着こなすなら《ロングスカートコーデ》

コンバースを綺麗めに見せるには、ロングスカートとの組み合わせが◎

一気に大人っぽい雰囲気にしてくれますね。

程よくリラックス感もありいいですね。

 

やっぱり鉄板はデニムと合わせた《ラフコーデ》

やはり定番はデニムのボトムス×Tシャツの鉄板コーデ。

コンバースの色合いがいいアクセントとなることも多いですよね。

今回は、ハイカットのベージュ系の色合いが登場。

 

女性らしさを意識した《プリーツスカートコーデ》

歩くたびに程よい動きのあるプリーツスカートとのコーデ。

コンバースも白にすることで、軽やかなイメージに仕上がりますね。

足取りも軽くなりそうな気がします。

 

モノトーンアイテムとも使える《ブラックコーデ》

モノトーンのアイテムとも使いやすいコンバース。

ワントーンコーデに足元には、ローカットのコンバースの姿が。

トレンドのクリアバックで、黒色の中に軽やかさをプラス。

 

白とミント色がポイント《きれいめコーデ》の参考に

白とミント色を組み合わせた、きれいめな印象のコーデ。

髪の毛なども上品な印象にまとめることで、カジュアルさを感じさせません。

コンバースはハイカットのグレーが登場。

 

あなたは「スポーティでラフ」or「きれいめカジュアル」どっち?

コンバースを取り入れたコーデは、人によって雰囲気がさまざま。

「クールな印象のモノトーン」、「活動的なラフ感のあるコーデ」、「大人を感じさせる綺麗めコーデ」などさまざま。

組み合わせ次第で、どんな雰囲気にもマッチするコンバース。

あなたのセンスを活かせるアイテムとも言えそうですね。

特に白と黒が着回しが良く、特に多くの人が愛用している印象を受けました。

アクセントとして身に着けるなら、色味があるものでも素敵ですね。

みなさんも自分なりにコンバースを履いてみて下さいね。