心がけしだいで自分もなれる?尊敬できる人の特徴をチェック

人から尊敬されるような人間になりたいと考えるのは普通のことですし、自分が今まで尊敬してきた人のようになりたいと考えるのも不思議なことではありません。そのためにさまざまな努力をしている方もおられるでしょうし、人から尊敬されるために自分を磨き続けているという方もいるでしょう。そこで、ここでは尊敬できる人の特徴などについてまとめてみましたから、誰からも尊敬されるような人間になりたいと考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

尊敬できる人とはどんな人?

今までの人生の中で誰も尊敬してこなかった、という方は稀でしょう。どのような人生を送ってきた方でも一人や二人くらいは心から尊敬できると感じた人がいるのではないでしょうか。自分もいつかあの人のような尊敬される人になってやる、と思うのもごく自然なことですが、そもそも尊敬できる人とはどのような人のことを言うのでしょう。

尊敬できる人の特徴11選!

尊敬できる人の特徴もいろいろと挙げられますが、ここでは代表的な特徴を11個ピックアップしました。

頼りがいがある


頼りがいのある人は尊敬できます。たとえどんな不慮の出来事が起きたとしてもこの人なら何とかしてくれる、失敗したとしてもこの人がいれば何とかなりそう、と思えるような人は尊敬できますよね。職場にこのような人が一人いるだけでも士気が高くなりますし、頼りがいのある人はたいてい尊敬できます。

感情のコントロールが上手

いつも感情任せの発言や行動をしてしまう人もいます。喜怒哀楽がはっきりしている、と言えば聞こえはいいもののそのような人は感情のコントロールができないのです。尊敬できる人は感情のコントロールが上手ですし、感情に任せて発言したり行動するようなこともほとんどありません。そういう部分も尊敬できますね。

努力家

何かを成し遂げるためには努力も必要です。地道に努力を続けることで難しいことでもやり遂げることができますし、自己実現もできるのではないでしょうか。そのため、努力をしている人というのは尊敬されやすいです。誰が見ても努力家という方は尊敬されますし、周りからの信頼も厚いでしょう。大きな目標を掲げてそれに向かって一心不乱に努力を続けているような人も尊敬に値しますよね。

言動に一貫性がある

言動が毎回ブレブレという方はあまり尊敬できません。口を開くたびに前回と違うことを言っている、一貫性がないという方は確かにいますが、このような方は到底信用できませんし尊敬もできないでしょう。一方、言動に一貫性がある方は信用できますし尊敬もできます。自分が今まで尊敬してきた人を思い出してほしいのですが、その人たちの発言は一貫性がありませんでしたか?

気持ちに余裕がある


いつも余裕がなくて焦っているような人はあまり尊敬できませんよね。悪くいえば見苦しいですし、気持ちに余裕がないのは見ていても嫌なものです。尊敬できる人の特徴の一つに気持ちに余裕があることが挙げられますが、実際気持ちに余裕がある人というのはそれだけで尊敬に値します。懐の深さをさまざまなシーンで感じさせられますし、自然と尊敬できます。

自分のミスを認めることができる

なかなか自分のミスを認めない人は少なくありません。それどころか周りの人にミスを押し付けようとしたり責任転嫁しようとしたりする人もいます。このような人はまったく信用できませんし、尊敬したいとも思いません。一方、自分のミスを素直に認めるような人は信頼もできますし尊敬できます。ミスを認めるということは勇気も必要ですし、度量の大きさを感じますね。

ありがとう・ごめんなさいが口にできる

素直にありがとうやごめんなさいが言える人は尊敬できますよね。素直な人というのはそれだけで好感が持てるものですし、なかなか素直になれない人もいますから余計にそう思います。立場のある人、普段は強気な人が素直に感謝の気持ちや謝罪の言葉を口にするだけで尊敬できます。

コミュニケーション能力に優れている


コミュニケーション能力に優れている人も尊敬できます。コミュニケーションスキルというのは持って生まれた部分もありますから、その力があるというだけで尊敬してしまうということはよくありますよね。

謙虚

謙虚な気持ちを持っている人だと周りに人も集まってきますし信頼も集まります。このような方も尊敬に値するのではないでしょうか。特に、人よりも明らかに優れているにも関わらず謙虚な姿勢を崩さない人は誰からも尊敬されるものです。普通は人より優れているとそれをひけらかしたくなるものですが、そういうことをまったくしないのは好感も持てますよね。誰からも尊敬されると思います。

人を見下さない

人を見下すような人も少なくありませんが、誰からも尊敬されるような人はそのようなことをしません。他人を見下すような発言をすることがまずありませんし、そのような考えも恐らく持っていないでしょう。

他人のことを考えた行動ができる


他人のことを考えた行動ができる人も尊敬されます。自分のことでいっぱいいっぱいで他人のことなど考えられない、という方も少なくありませんが、尊敬されるような人は自分のことばかりでなく他人のことも考えています。その上での行動ができるというのはやはり素晴らしいことですよね。

周りに尊敬できる人がいないときは……

尊敬されるような人になりたいと考えているのなら身近にいる尊敬できる人をお手本にしてみるのがもっとも手っ取り早いです。しかし、周りに尊敬できる人がまったくいないという方もおられるでしょう。このような場合は尊敬される人の特徴なども分かりませんし、どのようにして尊敬される人を目指せばいいのかも分からないと思います。ここでは周りに尊敬できる人がいないときの対処法をお伝えしましょう。

多くの人と出会う


できるだけたくさんの人と出会うのはおススメです。人との出会いは単純に人脈を広げることもできますし、いろいろな人と出会っているうちに尊敬できる人に出会うこともできるでしょう。交流会やイベントなどにも積極的に足を運ぶことでいろいろな人と出会うことができますから、まずはそのような場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

部分的になら尊敬できる人を探す

全部を尊敬することはできないものの部分的に尊敬できるという人は周りにもいるはずです。この人のこういう部分だけは尊敬できる、と思ったことのある人はいませんか?そのような人がいればその部分だけをお手本にして目指してみましょう。すべてを真似する必要はありませんし、いろいろな人の部分的に尊敬できる部分だけをどんどん吸収していけば自分も尊敬されるような人になれるかもしれません。

著名人などから探す

著名人にも尊敬できる人はたくさんいます。数多くの著書を出版しているような人もいますし、思想や考え方、生き方などが尊敬できる人もたくさんいるでしょう。現代社会で活躍している人を参考にするのもいいですし、歴史上の偉人をお手本にするというのもおススメです。歴史に名を刻んだ偉人ならたいてい凄いことをやり遂げていますし、多くの人からの尊敬も集めてきたはずです。尊敬される人間になりたいのならそのような偉人から学ぶべきことはたくさん見つかるのではないでしょうか。

まとめ

尊敬される人になりたいのならまずは自分の心がけが大切です。自分には人から尊敬されるようなところは一つもない、と思っている方もおられるでしょうが、尊敬される部分がないのならこれから作っていけばいいだけのことです。多くの人々から尊敬を集めているような人でも最初から完璧だったわけではないでしょうし、いろいろなものを見聞きしながら自分を磨いてきたのではないでしょうか。いろいろな経験をすることで精神面を磨き多くの人から尊敬を集められるようになったのだと思います。心がけ一つで人から尊敬される人になることは可能ですから、まずは尊敬される人になれるよう心もちを大切にしましょう。