自分に合う人ってどんな人?判断するためのポイントと探すコツ

自分に合う人とお付き合いしたい、と考えている方は多いのではないでしょうか。この「自分に合う人」というワードは至るところでよく耳にするものですが、そもそも自分に合う人とはどういう人なのでしょう。ここでは、自分に合う人の定義や判断するためのポイントなどについてお伝えしたいと思います。

そもそも自分に合う人とはいるもの?

世の中にはいろいろな人がいます。それぞれの人にそれぞれの特徴や性質がありますし、まったく同じ人間というのはこの世に存在しません。大勢の人々が暮らすこの世の中ですが、その中で自分に合う人というのは本当に存在するのでしょうか。こうした疑問を感じている方もいるかもしれませんが、自分に合う人は必ずいます。大勢の人間が存在するからこそ自分に合う人は必ずいますし、あとはそのような人を見つけられればアナタの幸せは確定したようなものですよね。

自分に合う人=結婚相手や恋愛相手の対象となる場合も

自分に合う人が結婚相手や恋愛の対象になる場合も多いです。というより、多くの方は交際相手に自分に合う人を求めているのではないでしょうか。自分と合う人とお付き合いしたいと考えるのは普通のことだと思いますし、わざわざ自分と合わない人とお付き合いする道理はありませんよね。

自分に合う人か判断するためのポイント

では、自分に合う人かどうかはどのようにして判断すればいいのでしょうか。人によって自分に合うかどうかをどのように判断しているかは違いがあると思いますが、ここではいくつか判断ポイントをお伝えしようと思います。

会話が噛み合っているか


会話が噛みあっているかどうかは非常に重要なポイントと言えるでしょう。会話が噛みあわないとギクシャクしてしまいますし、話をしていてもあまり楽しくありません。自分の言ったことがきちんと相手に伝わっているかどうかもよく分かりませんし、イライラしてしまうこともあるでしょう。会話がしっくりと噛みあうような相手なら安心感もありますし、自分に合う人だと判断しても良いのではないでしょうか。

衝突することがないか

どんなに仲の良いカップルや夫婦、親友同士であっても衝突してしまうことはあります。基本的には衝突しない人のほうが自分に合う人だと判断できますから、衝突しないではなく衝突するような要素がほとんどない、あまり考えられないという人なら安心でしょう。合わない人だとどうしても衝突してしまいがちですし、会話している最中から不穏な空気になってしまうこともあります。そういう雰囲気がなければ衝突することも少ないでしょう。

趣味などの共通点があるか

自分と共通点がある人は合う人だと考えて良いでしょう。趣味など共通点があれば会話も自然と弾むでしょうし、沈黙するようなこともありません。お互いが似たような価値観を持っていると考えられますし、合う人だと考えて差し支えないでしょう。共通点がまったくない場合でも合う人はいますが、できれば何か一つでも共通することがあればより相性は良くなると考えられます。

価値観が近いかどうか

あまりにも価値観が違いすぎると合いません。自分が大切に思っていることを相手はまったくそう思っていない、自分の考えと相手の考えが180度違う、となるとこれは到底うまくいかないでしょう。価値観の違いというのはカップルが別れる理由でもっとも多いと言われていますし、それを考えるとかなり重要なポイントです。できるだけ価値観が近い人同士のほうが合いますし、どのような関係性であっても長く続けられるでしょう。

笑うツボが同じか


笑いのツボが同じ人は合いやすい傾向にあります。笑いのツボは人それぞれですし、感性や育った環境などによって大きく異なります。笑いのツボが違うとお互いを理解しにくいですから、できるだけ笑いのツボが同じほうが相性は良いでしょう。同じタイミングで笑えるというのはそれだけで素晴らしいことですし、楽しい空気を共有できることですからカップルでもうまくいきそうです。

一緒にいて気をつかわないか

どんなに素敵な相手であっても一緒にいて常に気を遣うような相手はしんどいです。一緒にいるときは常に気を抜くことができませんし、ストレスも感じてしまうのではないでしょうか。それよりも、一緒にいて気を遣わないでいい相手のほうが落ち着きますし安心できます。長くお付き合いを続けているカップルというのはたいてい一緒にいて気を遣わなくていいような者同士ですし、だからこそ長く付き合うことができると考えられます。

楽しい気持ちになれるか


これがもっとも大切なポイントかもしれませんが、一緒にいて楽しい気持ちになれるかどうかは重要です。一緒にいて楽しい気持ちになれるような人なら自分に合う人だと考えて差し支えないでしょう。逆に、ルックスも抜群で周りからモテているような人でも一緒にいて楽しく感じられないようであればアナタには合っていません。そのような相手と無理して一緒にいてもいずれストレスになってしまうでしょうし、長くお付き合いを続けることは難しいです。

自分に合う人がいない!そんなときは?

自分に合う人がなかなか見つからない、いないという方もおられると思いますが、このような場合にはどうすればいいのでしょうか。ここではそのような方のためにいくつかアドバイスしたいと思います。

気付いていない場合もある

もしかしたらアナタの周りに合う人はいるかもしれません。「そんな人自分の周りには絶対にいない」と思っている方もいるでしょうが、それは自分で気づいていないだけかもしれませんよ。特に、自分に近い人物ほどその傾向がありますから、一度自分の周りにいる人をじっくり見てみましょう。本当はアナタと合う相性バッチリの方がいるのに、近すぎるゆえにそれに気づいていないというケースは意外に多いです。灯台下暗しというやつですね。

占いなどから自分に合う人を知るのもひとつ

占いを参考にしてみるというのもアリです。占いでは自分と相性のいい人を判断することもできますから、どうしても自分と合う人が見つからないという方は占いを参考にしてみるのも良いでしょう。占い館に足を運べば本格的に占ってもらうこともできますが、そこまではちょっと・・・という方は電話占いやメール占いなどもおススメです。スマホが普及した現代では電話占いやメール占いが大人気みたいですよ。

自分次第なことも多い

100%完璧に自分と合う人を見つけるというのは難しいかもしれません。そのような人も世の中にはいるでしょうが、出会える確率はかなり低いでしょう。また、誰とも合わないというのは自分次第な部分もありますから、多少は自分から合わせようとすることも大切です。あまり無理しすぎるのはよくありませんが、ほんの少し自分が努力して何とかなるのなら自分から合わせてみようと考えてみましょう。

誰かと接する機会を多くするのもアリ


人との出会いを多くすればするほど自分に合う人を見つけられる可能性が高くなります。狭いコミュニティの中だけで生活している場合だと出会いの可能性を自ら狭めてしまっていますから、まずはいろいろな人と出会うことを考えてみましょう。合コンや街コンなどに参加するのもいいですし、SNSでたくさんの人とコミュニケーションをとるのも良いでしょう。誰かと接する機会を多くすればするほど合う人を見つけやすくなりますよ。

まとめ

自分に合う人となら簡単に仲良くなれるでしょうし、生涯付き合うことができるお友達ができるかもしれません。友だちだけでなく恋人、夫婦にもなれるでしょうし、幸せになるためには自分に合う人を見つけるべきとも考えられます。ここでは自分に合うかどうかを判断するポイントなどについてお伝えしましたから、ぜひ参考にして自分に合う人を見つけてください。自分の周りを見直してみるだけで自分に合う人が見つかることもありますが、そもそも人と接することが少ないという方はまず出会いを増やす努力をしてみるといいかもしれませんね。