「彼女が冷たい」と思われてるかも!?男性が彼女に冷たいと感じる理由と対処法

ささいなことで男性から「彼女が最近冷たい」と思われてしまうことがあります。そうなると、彼氏はあなたのことが嫌いになってしまったり、別れたいと思わせてしまうかもしれません。
  • 彼女が冷たいと感じた男性がどうなるのか
  • 彼女が冷たいと彼氏が感じる瞬間・理由
  • 彼女が冷たいと思わせないための注意点

について見ていきましょう。

彼女が冷たいと感じた男性はどうなる?


もし彼女がなんだか冷たいと感じてしまうと、男性はどうなってしまうのでしょうか。男性心理について見ていきましょう。

あなたに対して疑心暗鬼になってしまう

彼氏というのは、彼女のちょっとした変化にも敏感に反応してしまうものです。もし彼女がなんだか冷たいと感じてしまったならば、彼女に対して疑心暗鬼な気持ちになってしまうでしょう。

ひょっとして自分は何か彼女を怒らせるようなことをしてしまったのではないか、と不安になってしまうのです。

あなたとの別れを考えることもある

彼女が冷たいといった状態が長く続くことは、男性にとってはかなりのストレスです。そうなると、彼女と付き合い続けることに疲れてしまい、最終的には別れることを考えてしまう場合もあります。

彼女が冷たいと彼氏が感じる瞬間

それでは、一体どのような瞬間に彼氏は彼女が冷たいと感じてしまうのでしょうか。男性が冷たいと感じる瞬間というのは、ほんのささいな事であることが多いです。普段から気を付けるようにしましょう。

あなたからの連絡が少なくなった


彼女から連絡が少なくなってしまうと、相手は冷たいと感じてしまうことがあるでしょう。本当に自分のことが好きならもっと積極的に連絡を取るはずと考えてしまうため、このようなささいな事からでも不安になってしまいます。

連絡を頻繁に取り合うような間柄であるほど、連絡を全然してこなくなったら嫌われたのだろうかと勘違いさせてしまう可能性が高いです。

メールやLINEの返信が遅い

メールやLINEで連絡をすることができたとしても、返信がなかなかこなければ冷たいと感じさせてしまいます。また、以前はすぐに返信をしていたのにも関わらずだんだん遅くなってくると、相手を不安にさせてしまうものです。返事が遅くなってしまいそうな時は理由を伝えるようにすると、彼氏も安心できるかもしれません。

デートの予定をあなたが立ててくれない

いつもデートの予定を立てるのが彼氏の方になっていませんか?彼女の方から予定を立てることがないと、実はデートに乗り気ではないのだろうかと不安になってしまいます。彼氏の方がいつもリードやすべてのセッティングをしていて、彼女は何もしないという状況では、彼女は冷たいと思われてしまっても仕方がないでしょう。

あなたが笑顔を見せてくれない


彼女が笑顔を全然見せてくれないと、冷たいという印象を与えてしまいます。相手のことが好きならば、もっと素直に笑顔を見せてあげましょう。

自分と一緒にいる相手が笑顔を見せてくれないのは、嫌われているからではないかと思わせる原因になってしまいます。以前は笑顔をもっと見せていたのに最近は笑顔がない、というパターンもあるでしょう。この場合、彼氏をどんどん疑心暗鬼にさせてしまう可能性があります。

あなたが友達を優先している

彼氏以上に友達を優先してしまうと、彼女が自分に対して冷たいと彼氏は思ってしまいます。たまに友達を優先するくらいなら良いのですが、友達との付き合いばかり優先させてしまうと、彼氏はもっと構ってほしいと不満に感じるでしょう。

あなたからの愛情表現が希薄

彼女からの愛情表現がほとんど無いと、冷たいと思われてしまいます。もちろん彼女が照れ屋であり、愛情表現を積極的にできないというケースもあるでしょう。

しかし、付き合っているのにいつまでもよそよそしい態度を取られてしまうようでは、本当に自分に対して愛情があるのか疑うのも無理はありません。たまには意識してあなたから愛情を伝えるようにしましょう。

話をしてもあなたのリアクションが薄い


彼女と話をしていても、自分の話していることに対してほとんどリアクションがないというケースがあります。リアクションが薄いと、自分のことに興味を持たれていないと彼氏は感じてしまうでしょう。また、自分と一緒にいてもつまらないのではないかと考えてしまいます。そうなると、彼女と話をするのが嫌になってしまうかもしれません。

話したことを覚えていない

以前に話したことをあなたが覚えていないというパターンもあるでしょう。せっかく自分が一生懸命話したことなのに、相手がそれを覚えていないのはとてもがっかりしてしまいます。たとえその時だけだったとしても、いつも話を聞き流していたのではないかと疑われる可能性もあります。

冷たいと感じさせてしまわないために

彼氏に冷たいと思われてしまうと、関係が悪化する原因になってしまいます。最悪の場合、彼氏の方から別れを切り出されてしまったり、浮気されてしまったりするかもしれません。このような状況を避けるためにどうすればよいのか、対処法を知っておきましょう。

彼氏への態度を振り返る


これまでの自分の彼氏への態度を振り返ってみましょう。その中でひょっとしたら、冷たい態度をとってしまったことが思い当たるかもしれません。あなたにとってはたいしたことではなくても、彼氏にとってはそれが大きなショックを受けることだった、ということもあります。感じ方というのは人によってかなり異なっているものです。特に彼氏が繊細なタイプの場合には気をつけましょう。

「好き」と気持ちを伝える

定期的に愛情を確認し合うことは大切です。愛情表現は積極的にしていくべきでしょう。気持ちはきちんと言葉にしないと伝わりません。つい「自分の気持ちは相手も分かってくれているはずだ」と考えてしまうかもしれませんが、実際に言わなくても伝わっているということは稀なこと。好きという気持ちはどんどん伝えていきましょう

小まめに連絡する

彼氏との連絡は小まめにとるようにしましょう。連絡をしすぎてしまうと負担に感じさせてしまい、相手から嫌われてしまうと考えている方もいるかもしれません。しかし、まったく連絡を取らずに関係が冷え込むよりかは、小まめに話して気持ちを確認しあう方が良好な関係を築けます。どんなに忙しくても、ある程度の連絡は定期的にしましょう。

彼氏にかまってあげる

きちんと彼氏にかまってあげることも、愛情表現として大切です。付き合っている期間が長くなってしまうと、つい安心して彼氏を放っておいてしまうこともあるかもしれません。しかし、そうなるとどんどんマンネリ化してしまい、いつかは相手の気持ちが冷めてしまいます。彼氏ばかりではなく、彼女の方からも相手をかまってあげましょう。

理由がある場合は正直に伝える

もし何か訳ありで彼氏に対して冷たくしてしまっているなら、その理由を正直に伝えましょう

例えば彼氏に対して不満があったり、体調がよくなかったり、忙しくて余裕がないといったことからつい冷たく接してしまうこともあるかもしれません。どのような理由であれ、そのことを彼氏に伝えないと訳も分からず不安に感じさせてしまいます。彼氏のことが好きなら、理由はその都度正直に伝えるようにしましょう。

まとめ


あなたも気が付かないうちに、彼氏から「冷たい彼女である」と思われているかもしれません。男性はちょっとしたことで彼女を冷たいと感じてしまうものです。何気ない一言だったり、ささいな行動が大きな影響を与えてしまうこともあります。

これを避けるためには積極的に愛情表現をして、連絡も小まめに取り合い、彼氏のことをきちんとかまってあげるようにしましょう。そうすれば彼氏の不安な気持ちを和らげることができ、いつまでも仲良の良い恋人同士でいられるでしょう。