彼女が冷たいと思われてるかも!?男が彼女に冷たいと感じる理由

男性から彼女が最近冷たいと思われてしまうことがあります。そうなると彼氏はあなたのことが嫌いになってしまうかもしれません。別れたいと思わせてしまうかもしれないでしょう。そうならないように、こちらでは男が彼女のことを冷たいと感じてしまう理由について教えましょう。

彼女が冷たいと感じた男性はどうなる?


もし彼女がなんだか冷たいと感じてしまうと男性はどうなってしまうのでしょうか。男性心理についてみていきましょう。

あなたに対して疑心暗鬼になってしまう

彼氏というのは彼女のちょっとした変化に敏感に反応してしまうものです。もし彼女がなんだか冷たいと感じてしまったならば、彼女に対して疑心暗鬼な気持ちになってしまうでしょう。ひょっとして自分は何か彼女を怒らせるようなことをしてしまったのか不安になってしまうのです。思い当たることがなくて悩んでしまうこともあるでしょう。

あなたとの別れを考えることもある

彼女が冷たくなってしまい、そのような状態が長く続いてしまうと男性にとってはかなりのストレスとなるでしょう。それ以上彼女と付き合い続けることが疲れてしまいます。そして、最終的には別れることを考えてしまう場合もあります。ここまで男性が思いつめてしまうことも少なくないのです。そのため、彼氏への態度は注意しなければいけません。気が付かないうちに彼氏があなたから離れたいと思っていることがあるのです。

彼女が冷たいと彼氏が感じる瞬間

一体どのような瞬間に彼氏は彼女が冷たいと感じてしまうのでしょうか。そのような瞬間というのはたくさんあります。そのため、彼女はちょっとしたことについても気をつけなければいけません。どのような瞬間に彼女が冷たいと思わせてしまうのか教えましょう。

あなたからの連絡が少なくなった


彼女の方から連絡が少なくなってしまうと、相手は冷たいと感じてしまうことがあるでしょう。連絡を頻繁に取り合うような間柄であれば、お互いとても仲が良いといえるでしょう。しかし、連絡を全然してこなくなったならば、自分は嫌われたのだろうかと感じてしまうものです。本当に自分のことが好きならばもっと積極的に連絡を取るはずと考えてしまうのです。連絡が少なくなるというのは相手を不安にしてしまうものです。

メールやLINEの返信が遅い

メールやLINEで連絡をすることができたとしても、返信がなかなかこなければ爪チアと感じさせてしまうでしょう。本当にあなたのことが好きであれば、すぐに返信をするはずだと考えるのです。また、以前はすぐに返信をしていたのに、それがどんどん遅くなってしまうと相手を不安にしてしまうものです。このようなちょっとしたことでも冷たいと感じさせてしまいます。

デートの予定をあなたが立ててくれない

いつもデートの予定を立てるのが彼氏の方ばかりであり、彼女の方が予定を立てることがないと、彼女はデートに乗り気ではないのだろうかと不安になってしまうでしょう。彼氏の方がいつもリードをして、すべてのセッティングをしていて、彼女は何もしないという状況では、彼女は冷たいと思われてしまっても仕方がないでしょう。

あなたが笑顔を見せてくれない


笑顔を全然見せてくれないと冷たいという印象を与えてしまいます。相手のことが好きならば、もっと素直に笑顔をみせてくれるものです。自分と一緒にいる相手が笑顔を見せてくれないのは、自分が嫌われているのではないかと思わせてしまうでしょう。以前は笑顔をもっと見せていたのに最近は笑顔がないというパターンもあるでしょう。この場合は、どんどん彼氏の方を疑心暗鬼にさせてしまいます。

あなたが友達を優先している

彼氏ではなくて友達を優先してしまうと、自分に対して冷たいと彼氏は思ってしまうでしょう。たまに友達を優先するのであれば良いのですが、友達との付き合いの方をどんどん優先させてしまうと、彼氏はもっと構って欲しいと感じてしまうでしょう。

あなたからの愛情表現が希薄

愛情表現が彼女からほとんどされていないと、冷たいと思われてしまいます。自分のことが好きなのであれば、彼女にもっと愛情表現をして欲しいと思ってしまうものなのです。もちろん彼女が照れ屋であり、なかなか愛情表現を積極的にできないというケースもあるでしょう。しかし、せっかく付き合ったのにいつまでもよそよそしい態度を取られてしまうと彼氏の方は気が気でなくなってしまうのです。

話をしてもあなたのリアクションが薄い


彼女と話をしていても、自分の話していることに対してほとんどリアクションがないというケースがあります。リアクションが薄いと自分のことが興味を持たれていないと彼氏は考えてしまうでしょう。自分と一緒にいてもつまらないのではないかと考えてしまいます。彼女と話をするのが嫌になってしまうかもしれません。せっかく話をするのであれば、きちんとリアクションをして欲しいと考えている方はたくさんいるのです。

あなたが話したことを覚えていない

以前に話したことをあなたが覚えていないというパターンがあります。これは彼氏をとてもがっかりさせてしまうでしょう。せっかく自分が一生懸命話をしたことなのに、相手がそれを覚えていないのはとてもがっかりしてしまうことなのです。これはあなたが彼氏に関心を持っていないと思われてしまっても仕方がないでしょう。いつも話を聞き流していたのだと思われてしまいます。

冷たいと感じさせてしまわないために

もし彼氏に冷たいと思われてしまうと、恋人関係がどんどん悪化してしまうでしょう。最悪の場合は彼氏の方から別れを切り出されてしまったり、浮気されてしまうかもしれません。このような状況を避けるためにどうすればよいのか、対処法を教えましょう。

彼氏への態度を振り返る


これまでの自分の彼氏への態度を振り返ってみましょう。その中でひょっとしたら彼氏に対して冷たい態度をとってしまったことがあったかもしれません。あなたにとってはあまりたいしたことではないにしても、彼氏にとってはそれが大きなショックを受けることだったかもしれません。人の感じ方というのはそれぞれかなり異なっているのです。特に彼氏が繊細なタイプの場合には気をつけましょう。

「好き」と気持ちを伝える

付き合っている彼氏がいるならば、定期的に愛情を確認し合うことは大切です。愛情表現は積極的にしていくべきでしょう。気持ちというのはきちんと言葉にしないと伝わらないものです。つい自分の気持ちは相手も分かってくれているはずだと考えてしまう方がいるのですが、このような考え方は甘えといえるでしょう。気持ちというのは言葉にしてもなかなか相手に伝わらないものです。何もしなければ相手には何も気持ちが伝わらないでしょう。好きという気持ちをどんどん伝えていきましょう。

小まめに連絡する

彼氏との連絡については小まめにとるようにしましょう。連絡をしすぎてしまい相手から嫌われてしまうと考えている方がいるかもしれません。しかし、まったく連絡を取らないよりも、頻繁に連絡をする方がましでしょう。どんなに忙しくてもある程度の連絡は定期的にしましょう。

彼氏にかまってあげる

きちんと彼氏にかまってあげることは大切です。付き合っている期間が長くなってしまうと、あまり彼氏にかまってあげないことがあります。しかし、そうなるとどんどんマンネリ化してしまうでしょう。彼氏ばかりではなくて、彼女の方からも相手をかまってあげることは大切です。

まとめ


あなたも気が付かないうちに冷たい彼女であると思われているかもしれません。男性はちょっとしたことで彼女を冷たいと感じてしまうのです。何気ない一言だったり、行動が大きな影響を与えてしまうこともあります。これを避けるためには、積極的に愛情表現をして、連絡も小まめに取り合い、彼氏のことをきちんとかまってあげるようにしましょう。そうすれば彼氏の不安な気持ちを吹き飛ばすことができて、いつまでも仲良く恋人同士でいられるでしょう。