バードキスってなに?やり方と他のキスとの違いも紹介!

キスにもいろいろな種類があることをご存知でしょうか。挨拶のように軽く行うキスもあれば恋人同士がするような濃厚なキスまで実にさまざまなキスが存在するのですが、詳しくご存知という方は恐らく少ないでしょう。そこで、ここでは代表的なキスの種類や違い、やり方などについてご紹介しますから、キスの種類を詳しく知りたい方はぜひ最後まで目を通してくださいね。

代表的なキスの種類を紹介

代表的なキスの種類としてはライトキスやディープキス、プレッシャーキス、バードキスなどがあります。こんなにあるの?と驚いた方もおられると思いますが、ここでは一つずつご説明していきます。

ライトキス


ライトキスについては知っている方もいるかもしれませんね。もっともポピュラーなキスと言っても過言ではありませんし、ライトとついていることから何となく想像できるように軽い気持ちでできるキスとなります。恋人同士だけでなく家族で行うこともありますし、外国の映画などで目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。唇が軽く触れる程度のキスをライトキスと呼びますが、ほっぺたやおでこなどにすることもあります。

ディープキス


ディープキスは主に恋人同士でするキスです。お互いの舌を絡めあうことが大きな特徴で、恋人同士がするキスと言えばディープキスと言っても過言ではありません。また、ディープキスにもいろいろな種類がありますし、さまざまなやり方があるのも事実です。キスの中でもっとも奥が深いキス、と言ってもいいかもしれません。

プレッシャーキス

プレッシャーキスはあまり聞いたことがないかもしれません。プレッシャーキスと聞くとどんなキスかまったく想像もできないと思いますが、これは唇を閉じた状態で相手の唇に合わせるキスのことです。ファーストキスではこのプレッシャーキスになってしまうことが多いのではないでしょうか。ディープキスのやり方など最初から分かりませんし、唇を閉じた状態でしてしまうことが多いと思います。あまり力をぐいぐい入れずに軽く唇を乗せるような感覚でやるとやりやすいです。

バードキス


バードキスも比較的有名なキスの種類かもしれません。これは先ほどご紹介したライトキスと似ていますが、バードキスの場合だと何度も繰り返しキスします。鳥はくちばしで何かをついばむときに何度もつっつきますよね。あのような動きになることからバードキスと呼ばれています。ライトキスにもう少し情熱を加えることができますし、喜びや嬉しさなどを表現できるキスです。

バードキスが好きな女性は多い

バードキスをしたことがないという方も少なくないでしょうが、意外とバードキスが好きという女性は少なくありません。しかし、いったいどうしてバードキスが好きな女性が多いのでしょうか。ここではバードキスを好む女性が多い理由をいくつかご紹介したいと思います。

いやらしさがなくて軽い感じが好き

舌を絡めあうディープなキスはちょっといやらしい気がする、と思っている女性は多いようですが、バードキスだとそんなイヤラシイ気があまりしません。いやらしさがなく軽い気持ちでできますからそこが人気の理由のようです。人目をあまり気にすることがないのもポイントかもしれません。

何度も唇に触れるのが好き


バードキスだと相手の唇に何度も触れることになりますし、そこが好きという女性も多いです。愛する人の唇になら何度も触れたいものですし、そこを気に入っている女性が多いみたいですね。

べたべたしないから好き

ディープキスだとどうしてもベタベタした感じになってしまいますが、バードキスだとあまりそのようなことはありません。あくまでライトに軽くできますから、これも人気の理由でしょう。

バードキスのやり方

バードキスを一度もやったことがないという方にとってこのキスは未知の領域でしょう。ただ、バードキスと言ってもそれほど難しいことではありませんし、いくつかのポイントさえ押さえておけば簡単にできます。明日からでもバードキスができるようにぜひポイントを押さえておいてくださいね。

唇を鳥のくちばしのようにとがらせて

バードキスをするときのポイントとしては唇をとがらせることが挙げられます。バードキスは鳥がものをついばむときのような動きとなりますし、何度もチュッチュと繰り返してキスするため唇をとがらせたほうが都合がいいのです。鳥のくちばしを意識してとがらせるとやりやすいのではないでしょうか。ちょっと大げさなくらい唇をとがらせるとやりやすいです。

片方は受け身でいること

2人とも唇をとがらせてバードキスしているとどうしても間抜けに見えてしまいますし、周りの人から笑われてしまうかもしれません。人前でするつもりはないという方ならまだしも、どこででもバードキスしたいという方だと2人とも唇をとがらせてチュッチュしていると変な目で見られてしまうでしょう。基本的に片方は受け身でいたほうがスマートにバードキスをできますから、お互いがキスしようとないことがポイントですね。

恋人とのファーストキスはバードキスがおすすめ!?

恋人とのファーストキスはバードキスがおススメという話もありますが果たしてどうなのでしょうか。恋人とのファーストキスは普通にディープキスだったという方が多いでしょうが、キスすること自体初めての経験だったという方だとライトキスやプレッシャーキスのようになってしまったかもしれませんね。では、バードキスが恋人とのファーストキスにおススメというのはいったいどういった理由があるのでしょうか。

付き合い始めたばかりでいきなりガッツリとディープキスするというのは女性だと抵抗もあると思います。もちろん人によるかもしれませんが、何となく抵抗を感じてしまうものではないでしょうか。バードキスだとお互いそこまで抵抗を感じることもないでしょうし、素直に受け入れられると思います。まだお互いのことをそこまでよく分かっていないでしょうし、それを考えるとディープキスよりもバードキスのほうがまだイイのではないでしょうか。

明るく別れ際にすると大人に見えるかも?

バードキスをするときは別れ際にしてみると大人に見えるかもしれません。別れ際に長々とディープキスしているようなカップルもいますが、あまり見ていて気持ちのイイものではありませんよね。本人たちは映画か何かのワンシーンのように思っているのかもしれませんが、周りからすると見てられません。バードキスだと何となくアダルティな感じに見えますし、恋人とのファーストキスでも抵抗なくできると思います。

キスをねだって甘えるようにするのも可愛く見える!


恋人にファーストキスをねだるときに甘えるようにしてみると可愛く見えますが、それがバードキスだとなおさらグッドです。できるだけ甘えた感じを出してみましょう。あまりにもしつこいとイラっとさせてしまうかもしれませんが、適度に可愛く甘えることができれば問題ないと思います。

まとめ

キスにもいろいろな種類があることが分かったと思います。キスはお互いの距離を縮めるにも最適なコミュニケーションの方法ですし、愛情を深めることもできます。恋人同士だとこれから先何度もキスをすることになるでしょうし、いろいろなキスを覚えておいて損はありませんね。ここではバードキスを中心にご紹介しましたが、ほかにもさまざまなキスがあります。スメルキスやスライドキス、スウィングキスといった種類もありますから、気になる方はそちらもぜひチェックしてください。

バードキスを一度もしたことがない、そもそもそんなキスがあったことすら知らなかったという方もいるでしょう。ここでご紹介した通りバードキスは恋人同士にもおススメのキスですし、ぜひこれからトライしてくださいね。たまにはディープキスではなくバードキスで甘えてみるといつもとは違った魅力に気づいてもらえるかもしれません。女性はもちろん男性もバードキスが好きという方は多いですから、ぜひこれからさまざまなシーンでバードキスを活用してください。