いつの間にか疲労が溜まってない?《夏の体調管理》で元気をキープしよう

夏になってからイマイチ元気が出ない…

夏は厳しい日差しや冷房で体調を崩しがち

暑い日差しを浴びることが多い夏は、体力を消耗しやすくなっています。外を出歩いているだけでも疲れてしまうことがありますよね。

また、冷房が効きすぎた部屋に長時間いることで疲労を蓄積してしまう場合もあります。オフィスなど冷房の調整が自由にできない場所だと、寒さを我慢して体調を崩す原因になってしまうのではないでしょうか。

工夫をして体調管理をしておこう

健やかに夏を過ごすためには、日々の体調管理が大切。夏の暑さや冷房の寒さに負けないように、日常的に気をつけておきたいポイントをおさえておきませんか?簡単にできる夏の体調管理方法をチェックしていきましょう。

手洗いをうがいの基本を忘れないようにしよう

夏風邪を予防するには手洗いとうがいが大切

冬は風邪を防ぐために手洗いとうがいを意識することが多いですが、夏はおざなりになりがち。しかし、手洗いやうがいをきっちりできていないために夏風邪が引き起こされる可能性があるので、外出から帰ってきたときは必ず行っておきましょう。

特に冷房がきつい場所に長時間いると、喉が乾燥しやすくなります。喉の乾燥を感じたら、こまめにうがいをしておくと良いのではないでしょうか。

バランスを意識した食事でエネルギーチャージ

暑い夏は麺類に偏りがち

夏は、暑さに負けて食欲が落ちてしまうことがありますよね。軽く食べられるものとして、そうめんなどの冷たい麺類に食事が偏っていませんか?

炭水化物ばかりだと、体に十分な栄養を行き渡らせることができないかもしれません。「最近、体に力が入らないな」と感じている場合は、食生活を見直してみましょう。

たんぱく質や野菜などをバランス良く取り入れよう

食欲が落ちているときだからこそ、工夫をしながらたんぱく質や野菜などをバランス良く取り入れるようにしましょう。もし、冷たい麺類が良いのであれば野菜やたんぱく質をたくさんトッピングするなど、食べやすいように工夫をするのがおすすめ。栄養のある食事によって、健康的な体を作りやすくなります。

冷たい飲み物ばかりを飲まない

内臓を冷やす可能性がある

暑い日が続くと、氷をたっぷり入れた冷たい飲み物が飲みたくなりますよね。暑さを和らげるために冷たい飲み物を取り入れるのは良いですが、そればかりだと内臓を冷やす原因になってしまいます。

冷たい飲み物を飲みすぎて内臓が冷えると、下痢などを引き起こしやすくなると言われているので注意が必要。冷たい飲み物はほどほどにして、内臓を冷やさないようにしていきましょう。

飲み物の冷やし過ぎに気をつけて

水分をとるときは常温にしておくなど、内臓を冷やさないためにひと工夫をプラス。こまめに水分を補給することが多い夏だからこそ、飲み物の温度についても注意してみてください。

また、冷房がきいた部屋であってもなるべく水分をとっておくのがおすすめ。汗で失われがちなナトリウム(塩分)も一緒に摂取するように心がけておくと、熱中症の予防になります。

お風呂はぬるめの温度に設定

じっくりと体を温める

暑い日々が続くと、お風呂に浸かるのも億劫になってしまうことがありますよね。しかし、夏だからこそお風呂に浸かることも大切なポイント。血行を促進し、胃腸の働きも良くなるとされています。

39〜40℃くらいのぬるめのお風呂に20分ほど浸かるのがおすすめ。冷房で体が冷えてしまった時も、じっくりと体を温めることができます。アロマエッセンスなどを使えば、リラックスモードに入りながらお風呂時間を満喫できるのではないでしょうか。

体調管理を行って元気に夏を過ごそう

夏は知らないうちに体調を崩してしまうことがよくあります。外の暑さと建物内の冷房の効きすぎなどで体の温度管理がしにくくなり、いつの間にか元気が出なくなっていませんか?元気な状態をキープするために、普段の生活から気をつけてみてくださいね。