こんな使い方も!?裏技を活用して手持ちのコスメを最大限活用しよう

実は手持ちのコスメでいろいろな使い方ができる?

工夫をすれば使い方のバリエーションが増やせる

コスメを購入しても、途中で使うのに飽きてしまったり、なかなか減らない場合がありますよね。そんなときに他の使い方をすることができたら、とても便利ではないでしょうか。

普段取り入れている以外の使い方ができる場合もあるのがコスメの特徴。お手持ちのコスメの実力を最大限に発揮するためにも、コスメの裏技をチェックしておきませんか?

裏技を活用してコスメを使ってみよう

手持ちコスメの使い方の幅が広がれば、さらにメイクをする楽しみが増えそうですよね。「こんな使い方もあったんだ!」という新しい方法を知ることで、余りがちなコスメも最後まで使いきれるかもしれません。お気に入りの方法でコスメを活用していきましょう。

リキッドアイシャドウをマスカラにプラス

クリアマスカラにリキッドアイシャドウをプラス

いろいろな種類があるアイシャドウですが、実際に使ってみると「ちょっと違うかな」と思ってしまうこともありますよね。そんなときは、他の方法を試してみましょう。

普段のメイクにアクセントをつけたいときは、リキッドアイシャドウをクリアマスカラに入れる使い方がおすすめ。クリアマスカラにアイシャドウのカラーやラメをプラスすることができ、アクセントのあるメイクを楽しめます。

トレンドのカラーマスカラも気軽に楽しめる

最近はカラーマスカラが注目されていますが、わざわざ購入するまでもないという場合にこの方法がぴったり。クリアマスカラにリキッドアイシャドウを混ぜれば、簡単にオリジナルのカラーマスカラのできあがりです。気軽に取り入れてみてはいかがですか。

シェーディングやハイライトはアイシャドウで代用

ブラウン系のアイシャドウはシェーディングに使える

シェーディングは小顔に見せやすくなる便利なメイク方法。シェーディング専用のコスメも出ていますが、さらに気軽にシェーディングをするならアイシャドウを活用してみましょう。

ブラウン系のアイシャドウはシェーディング代わりに使うことができます。フェイスラインや鼻筋の横などに入れて、シェーディングを試してみてはいかがですか。ラメ入りだと目立ってしまうので、マットタイプのアイシャドウを選ぶのがポイントです。

ベージュやホワイト系はハイライトに

ベージュやホワイトといったアイシャドウはハイライトとして使えます。額や鼻筋に入れることで、立体感のある顔立ちに仕上げやすくなるので隠しメイクとして取り入れてみてはいかがですか。ハイライトもシェーディングも入れすぎると不自然になるので、鏡を見ながらバランスを取ってくださいね。

リップをチークやアイメイクに使って

チークやアイメイクに使えば統一感アップ

なかなか減らないリップは、チークやアイメイクに使ってみましょう。クリームチーク感覚で頰になじませれば、自然な血色感を引き出すことができます。また、好みの色のリップをまぶたにのせれば、パッと明るい目元に仕上げられるのではないでしょうか。

リップと同じ色を使うことで、メイク全体の統一感を出せるのも嬉しいポイント。余っているリップがあったら、試してみてはいかがですか。

ティント以外のリップを使おう

リップをチークやアイシャドウ代わりに使う場合に気をつけておきたいのが、ティントタイプは使わないこと。唇を染めるタイプのティントは落ちにくいので、チークやアイシャドウに使うのには向いていません。リップの種類を確認してから活用してみてくださいね。

いろいろな方法でコスメを活用してみよう

せっかく購入したコスメが使わずにそのままになっていたらもったいないですよね。持て余してしまっているコスメも、新しい使い方ができれば無駄にすることなく使いきれるかもしれません。自分にぴったりの裏技を活用して、新しいメイクを満喫してみましょう。