不倫経験がある人は何割?不倫してしまう人の特徴とは

既婚男性とお付き合いしたことがあるという女性もおられるでしょうが、不倫経験がある人はいったいどれくらいいるのでしょうか。不倫は決して褒められたことではありませんしさまざまなリスクもありますが、ここではどれくらいの割合の人が不倫経験があるのか、不倫してしまう人の特徴などについてもお伝えしたいと思います。

独身女性の5人に1人は既婚男性と関係を持ったことがある

 

驚いたことに、独身女性のおよそ5人に1人が既婚男性と関係を持ったことがあると言われています。どの程度その関係が続いたかは分かりませんが、これは相当な数と言えるのではないでしょうか。

不倫してしまう人の5つの特徴

不倫など考えられない、信じられない、という方からすると不倫してしまう方の心理などまったく理解できないでしょう。人によっては何度も既婚男性と付き合ったことがあるという方もいますし、現在進行形で不倫しているという方もいるかもしれません。ここでは不倫してしまう人に共通する5つの特徴についてお伝えします。

純粋な人

純粋な人は不倫に走ってしまう傾向があります。純粋な心の持ち主だとすぐに相手のことを信じてしまいますし、好きだ、愛していると言われてしまうとそれが例え既婚者だったとしても信じてしまうのです。純粋すぎる人ほど不倫の泥沼にはまってしまう傾向にあります。

欲望に勝てない人


少し理性を働かせれば不倫がいけないことだというのはすぐに理解できるはずです。自分も幸せになれませんし、相手の家庭を壊してしまう可能性もあるのですから普通は不倫などしません。しかし、人によっては欲望に勝てずに不倫という道を選んでしまうこともあります。目の前の欲望に打ち勝つことができず、ズルズルと不倫を続けてしまうというケースも少なくありません。

刺激を求めている人

日々の生活にスリルが足りない、もっと刺激が欲しいと思っている方だと不倫してしまうことがあります。実際、不倫を始めたきっかけはスリルや刺激が欲しかったからという方も少なくありません。このような考え方の方だと一度の不倫で終わることは少ないですし、何度も不倫をしてしまうことがあります。

自分の価値を認めて欲しい人

自分の価値を認めてほしい人も不倫をしがちです。不倫相手は自分のすべてを認めてくれる、必要としてくれると思い不倫を続けてしまうのです。また、普段自分が周りから認められていないという環境に身を置いている方ほどこうした傾向が強いです。

既婚男性との不倫に何を求めているの?

 

不倫をしてしまう女性は既婚男性との関係にいったい何を求めているのでしょうか。不倫にまったく興味がない方だとまず理解できないことですよね。ここでは既婚男性との不倫に何を求めているかを検証したいと思います。

奥さんがいるのに私を愛してくれる優越感と達成感

一つにはこれではないでしょうか。奥さんがいるにも関わらず私のことを愛してくれると思えるからこそ不倫をしてしまいます。すでに特定のパートナーがいるにも関わらず関係を持つということはそれだけ自分に魅力があることだと思ってしまいますし、強烈な優越感や達成感も得られるでしょう。この快感に打ち勝つことができずに不倫を続けてしまうケースも少なくありません。

許されない関係が燃える

言うまでもなく不倫は不法行為です。もしバレてしまうと慰謝料を請求されてしまう恐れもありますし、実際にそのようなケースはたくさんあります。しかし、そのようなリスクを伴う関係性だからこそ燃えてしまうという方がいるのも事実です。許されない関係、認められない関係だからこそ燃え上がる恋もあるということですね。ダメと言われると余計にやってみたくなる心理に似ています。

結婚願望がないから割り切った関係がラク

結婚願望が強い女性だとわざわざ不倫のような関係を選ばないと思いますが、結婚願望がない女性だと割り切った関係のほうが楽と考えてしまいます。もちろん人によるでしょうが、結婚したいとも思っていない女性だと既婚男性との割り切った関係のほうが楽でイイと考えてしまうことも少なくありません。相手にはすでに結婚している伴侶がいるわけですから結婚という話になることもありませんし、お互いが求めあうときだけ会えるので楽に付き合うことができるのです。

お父さんに甘えるような家族愛


お父さんに甘えるような家族愛を求めて不倫をしている女性も一定数います。自分よりも遥かに年上の男性と不倫してしまうような女性だとこの傾向が強いのではないでしょうか。職場の上司と不倫するようなタイプもこの傾向が多いです。既婚男性だと良くも悪くも落ち着いていますし、父親のように接することができると思っている女性も意外に多いですし、居心地のいい関係だと感じる女性も少なくないようです。

不倫だと知らなかった人も

自ら進んで不倫をしてしまう方もたくさんいますし、既婚男性だということを理解した上で不倫に踏み切ってしまう女性もたくさんいます。しかし、一方で相手が既婚男性だと知らずにお付き合いを始めてしまったという女性がいるのもまた事実です。結果的に不倫となってしまったことを後悔してしまうような方もいますし、既婚男性ということを知って関係を解消したいと考えた女性もおられるでしょう。実際このようなケースは決して少なくありませんし、気づいたら不倫していたということも意外に多いのです。では、どうして相手が既婚男性だと気づかずにお付き合いを始めてしまうのでしょうか。

相手が既婚者だと隠していた

もっとも多いのは相手が既婚者だということを隠しているようなケースです。多くの女性はわざわざ不倫のようなリスクを伴う関係を好みませんし、健全なお付き合いをしたいと考えているはずです。そのため、既婚者だということを伝えてしまうと交際できないと男性は考えるのです。

敢えて既婚者だということを隠して交際し、後から告げるということもあります。卑怯だと罵られてしまっても仕方のない行為ですが、実際このようなことをしてしまう男性は後を絶ちません。ある意味女性は被害者と言えるでしょう。

突然相手が結婚してしまった

突然相手が結婚してしまうということもあります。普通に交際しているようなケースだと考えられないことですが、友だち以上恋人未満のような関係性が続いている場合だとこういうことも起こります。自分には何も言わなかったのにいきなり結婚してしまった、でも前から付き合っているし関係を解消するのは嫌、と考える方も少なくありません。これは男女ともにそうですし、男性側が関係を解消したくないということもあれば女性が嫌がることもあります。

自分のほうが付き合いが長いという変なプライドもありますし、今さら関係を解消したくないという女性もいます。結婚したと言われても認めたくない部分もありますし、結果的に不倫を続けてしまうということもあるのです。男性側からきっぱりと結婚したから関係を解消したい、と伝えてもらえばまた違ってくるのでしょうが、男性としてもいつでも割り切って会える関係性の女性を手放したいとは思いません。その結果不倫という関係が続いてしまうのです。このようなケースも非常に多いですね。

まとめ

不倫をしている期間というのは楽しいものですし、非日常なドキドキ感も楽しめるでしょう。不倫のような恋でないと燃えないという方がいるのも事実ですし、そのような関係を好む女性が多いのも確かです。しかし、不倫は不法行為ですし、先述したように仮に相手の奥さんにバレてしまったとなるといろいろ面倒なことになります。慰謝料を請求される可能性も高いですし、既婚者だと知ったうえで関係を持ったとなると十中八九慰謝料の支払い義務が生じます。

すべての不倫を否定するわけではないものの、やはり不倫というのは割に合わない恋の形だと思います。結局は男性の都合の良いように扱われてしまうだけですし、そこに本当の幸せはあるのでしょうか。不倫に時間を割くよりも健全な恋をしたほうが自分のためにも良いと思いますし、周りに迷惑をかけることもないと思います。現在進行形で不倫しているという方は今一度よく考えてみましょう。