【手相占い】財運線でわかるあなたの金運

財運線というものがあります。こちらをチェックすることによって、あなたはお金を稼ぐ才能があるかどうかを確かめることができるでしょう。自分の金運について知りたいと思っている方はたくさんいるのです。そのような方がチェックするべき財運線について解説しましょう。

そもそも財運線って?

こちらではそもそも財運線というのはどのような手相なのかを教えましょう。手相にはいろいろな種類が存在しているのです。その中でも財運線というのはぜひとも知っておくべきものです。こちらでは基本的な情報をまとめました。

小指の下にある縦の線


財運線というのは小指の下の部分にある縦の線のことです。縦に刻まれている線は財運線であり、こちらは金運を象徴したものとなっています。こちらの線は基本的に誰でも持っているものなのですが、人によってどのように刻まれているのかは異なっています。中には財運線がとても薄くなっている人もいるからです。また、どんどん変化していく可能性もあります。ぜひとも自分の財運線をチェックしてみましょう。

稼げる人には深く刻まれる

財運線の基本的な見方として、こちらが深く刻まれているのであれば、あなたはお金を稼ぐことができるでしょう。お金を稼ぎやす人ほど深く刻まれているのです。ただし、お金にまったく縁がないという方にはほとんど財運線が見られないケースもあります。そのため、個人差の大きな手相といえるでしょう。手相占いをする際には財運線は特に注目されるものとなっています。

財運線の長さ

財運線の見方として、まずは長さに注目をするべきです。長さを確認することによって、その人の金運について占うことができるのです。どの程度まで財運線が伸びているかが重要となります。財運線の長さの基本的な見方について教えましょう。

感情線まで伸びている:そこそこの金運

まず財運線が感情線まで伸びているという人がいます。これはそこそこ金運があるといえるでしょう。感情線というのは人差し指の下からカーブをしている線のことです。こちらは誰でも持っている線となっています。そこまで下の位置にあるわけではありません。したがって、財運線が感情線まで伸びているという方は比較的たくさんいるでしょう。

知能線まで伸びている:強い金運

もしあなたの財運線が知能線にまで伸びているとしたら、あなたの金運はかなり強いといえるでしょう。知能線というのはあなたの親指と人差し指の間から出ており、手の平を横断していたり、斜めに走っている線のことです。こちらにまで伸びているということは、財運線はかなり長くなっているといえるのです。ここまで伸びているという方はなかなか珍しいでしょう。そのため、このような財運線を持っている方は自信を持って良いでしょう。

生命線まで伸びている:かなり強い金運

生命線というのは親指と人差し指の間から手首に向かって流れている線のことです。したがって、財運線のスタートの位置からはかなり離れています。中には財運線がこの生命線にまで伸びているという方がいるのです。この場合、線はかなり長くなっているでしょう。このような財運線を持っている方というのは金運がかなり強いといえるのです。日常でお金に恵まれる場面はたくさんあるでしょう。お金に困ってしまう場面は滅多にないはずです。

運命線まで伸びている:すごい強い金運

手相の一つとして運命線というものがあります。こちらは手の平の中心部分に中指に向かって縦に伸びている線のことです。運命線の長さや位置というのは人によって微妙に異なっているのですが、あなたの財運線が運命線にまで達しているのであれば、あなたはとても強い金運の持ち主といえます。このような手相を持っている方はとても珍しいからです。あなたのところにどんどんお金が舞い込んでくるでしょう。そのような幸運の持ち主といえるのです。

財運線が短い:金運は弱い

残念ながら財運線がとても短いという方がいます。このような方の金運は弱くなっているでしょう。お金にあまり恵まれない生活を送っているケースがあるのです。もちろん、仕事で頑張ることによってお金を稼げるケースはあります。本人の努力しだいでどうにかなるケースもあるのですが、周りからお金が巡ってくるというケースが少なかったり、金運トラブルに巻き込まれてしまう可能性には注意しましょう。

財運線の位置や模様


財運線というのは長さだけではなくて、その位置や模様にも注意しなければいけません。たとえ長かったとしても、位置や模様の出方によっては金運が悪くなってしまう可能性もあるからです。財運線をチェックする上で重要なポイントを教えましょう。

まっすぐ伸びている:財運は強い

財運線がまっすぐにきれいに伸びているのであれば、あなたの財運はかなり強いといえるでしょう。財運線がきれいな形になっているほど、金運や財運が上がりやすいとされているのです。まっすぐ伸びていて、なおかつ長さもかなり長くなっているのであれば、あなたの財運はかなりのものとなるでしょう。どんどんお金に恵まれやすい人生を送ることができるのです。お金に困ってしまうことはほとんどないでしょう。

結婚線と交差:玉の輿に乗りやすい

あなたの財運線が結婚線と交差しているというケースがあります。この場合は財運線と結婚線の両方の良さが実現されているでしょう。つまりあなたは結婚をする際には玉の輿に乗れる可能性が高くなっているのです。お金持ちと結婚できる可能性が高くなっています。このような形で金運が高まっているのです。そのため、これからお金持ちと出会う幸運に恵まれるかもしれません。そのような幸せな出会いに期待すると良いでしょう。

フィッシュができている:金運のよい時期

あなたの財運線にフィッシュができている可能性があります。手相においてフィッシュというのは魚紋と呼ばれているものです。これはまるで魚が泳いでいるような模様となっているためにフィッシュと呼ばれているのです。こちらの出ている手相というのは、とても良い兆候といえるでしょう。もしあなたの財運線にフィッシュが見られるのであれば、あなたはとても金運が良い時期にきているといえるでしょう。

島がある:金銭トラブルに巻き込まれる

財運線に島ができていることがあります。手相において島というのは、線の途中に丸ができていて、それによって線が分断されていることをいいます。このような島ができてしまうのは運勢が悪くなってしまいます。もし財運線に島があるのであれば、あなたは金銭トラブルに巻き込まれてしまう可能性があるでしょう。これからの生活の中でそういったトラブルが起きてしまうかもしれないため注意しましょう。

財運線が複数ある:お金が失われる

財運線というのは1本だけではなくて、人によっては複数出てくることもあります。複数の財運線があるのは一見すると良いことと思われるかもしれません。しかし、実際には財運線というのは複数あるのは悪いことと考えられています。もしこのような財運線を持っているならば、あなたからお金が失われてしまう可能性があるでしょう。

枝分かれしている:特に意味はない

財運線が枝分かれしているケースがあります。このような線は特別な形であると考える方がいるかもしれません。しかし、手相において財運線が枝分かれしていることには特別な意味はないとされています。したがって、そのような手相を持っていたとしても、あまり気にする必要はないでしょう。運勢には影響しないのです。

まとめ

こちらでは手相の中でも多くの方が注目している財運線について紹介してきました。財運線についてしっかりと占うことができるのであれば、あなたは自分の金運を判断することができるでしょう。こちらで紹介した見方を参考にして、実際に財運線によって金運を占ってみましょう。