婚約指輪と結婚指輪の違いって?デザインや平均相場まで徹底解説

結婚する時に必須とも言えるアイテムに指輪があります。指輪と言っても婚約指輪と結婚指輪の違いがよく分からないという方もいらっしゃるでしょう。そこでこの二つの指輪の意味合いの違いや、相場などをご紹介します。一生に一度の大切な指輪を後悔することなく選びましょう。

婚約指輪と結婚指輪の違いって?

指輪

婚約指輪は婚約の「証」

婚約指環とは結婚を約束したその証となる指輪です。結婚という非常に大切なことが、単なる口約束からより現実性を帯びたものへとなっていきます。この重要な約束を明かしとする指輪は男性から女性へと贈られます。一般的なイメージとして男性がサプライズで用意する指輪という風に思われている方も多いでしょう。ただ、実際には婚約後に二人で選んで購入することもあります。もしも一生に一度の婚約指輪のデザインを自分の納得のいくものにしたいと思う彼女の場合は、一緒に選ぶスタイルでも良いでしょう。

女性にとって婚約指環を左手の薬指につけるということは、婚約者がいるということを周囲に明らかにする大切なプロセスです。結婚の約束を当事者同士が交わしたことを、単なる口約束以上のものにする大切なアイテムといえます。また男性にとっては彼女への想いを形として表す一つの決意表明とも言えるでしょう。さらに婚約指輪は通常では購入しないような価格帯の指輪であることがほとんどです。そのため生涯の財産ともなります。子供たちに受け継がせていくという方も少なくありません。特に年を重ねるごとに二人の思い出が詰まった大切な指輪となっていくことでしょう。

結婚指輪は結婚の「記念品」

婚約指輪が結婚という約束の証となる指輪である一方、結婚指輪は結婚という一大イベントの記念となる指輪です。結婚指輪に関しては結婚の記念として二人で購入するのが一般的です。こちらの指輪はほとんどのカップルが用意するものです。婚約指輪の方は二人で話し合った結果準備しないという選択をするカップルもいますが、結婚指輪は日常的に身につける大切な指輪として認識されています。

婚約指輪・結婚指輪の平均相場って違う?

婚約指輪の平均価格は30万円


結婚の証となる重要な婚約指輪の平均的な価格は30万円ほどですが、どれぐらいのクオリティーで用意するかによりその値段はまちまちです。例えば非常に人気の高いダイヤモンドは婚約指輪においても王道といえるでしょう。結婚指輪とは違い、日常生活ではほとんど身につけないものなので、日常的には身に着けづらいデザインであっても良いかもしれません。何かのイベントの際に身に着けるドレスのような感覚で選ぶ方は少なくありません。

また最近では婚約指輪のための宝石を男性が購入し、全体的な指輪のデザインは結婚が決まってから二人で選んで行くというスタイルを選択する方も多くいます。女性にとっては突然のサプライズといった楽しみも味わうことができますし、自分の気に入るデザインをゆっくりと選ぶことができるというメリットもあります。男性にとってはデザインを選ぶために多くの時間を費やすことなく気に入った宝石だけをまず選べば良いので、選択する際にも少し楽かもしれません。

結婚指輪はペアで20万円が平均相場

婚約指輪は男性から女性に贈るもので、ペアで身に着けるものではありませんが、結婚指輪はペアで準備するものです。そのため、セットでの価格として20万円ほどが相場といえます。しかし、普段使いしやすいデザインのため、ものによっては非常にシンプルかつリーズナブルに抑えることもできるでしょう。

シンプルとはいえ毎日身につけることができる小さなダイヤモンドを埋め込んだ結婚指輪を選択するカップルも多くいます。いずれにしても普通の指輪にはない重要な意味を持つ指輪となりますので、後から後悔しないようなデザインを選ぶと良いでしょう。またデザインだけでなく素材もこだわることによってより長く綺麗な状態で身につけることができる指輪となるでしょう。

婚約指輪・結婚指輪を買う人って違う?

婚約指輪は男性が用意する

婚約指輪を用意する男性にとって、どんなデザインにすれば彼女が喜んでくれるのかは非常に大きな悩みとなるでしょう。特にサプライズで婚約指輪をあげたいと思う場合は事前にどのようなデザインを気に入ってくれるのかをチェックしておくことが必要です。また基本的なことですが彼女の指輪のサイズもしっかりと把握しておきましょう。日頃から指輪のプレゼントを折を見てしておくとどのようなデザインを気に入ってくれるのかが分かるかもしれません。ただし婚約指輪は日常使いをする指輪というわけではありませんので、普段はシンプルな指輪を好む彼女でも豪華な宝石が散りばめられた婚約指輪を喜んでくれるかもしれません。もしも不安であれば婚約してからふたりで選ぶという選択も良い思い出になるでしょう。

結婚指輪はカップルで折半する

婚約指輪は男性がプレゼントするものですので、男性がその費用を負担するものです。しかし結婚指輪は二人で記念として買うものですので、カップルで折半することも少なくありません。もちろん男性によってはそうした費用を全て自分で負担したいと思う方もいるでしょう。カップルによって結婚指輪をどのように購入するか、費用を折半するのかといった点も十分に話し合っておくとトラブルが少なくなるでしょう。

婚約指輪・結婚指輪は人気のデザインも違う?

婚約指輪は石ありで華やかななものが人気

婚約指環は結婚という大切な約束の証となるものです。基本的には日常的に使うことを想定せず気に入ったデザインを選ぶと良いでしょう。とりわけ人気なのはダイヤモンドなどの美しい宝石が散りばめられた指輪です。記念のパーティーやその他の様々なイベントに身につけることができるような美しいものが良いでしょう。時折婚約指輪を身につけることで、結婚した当時の華やかな気持ちを味わうことができます。

結婚指輪はシンプルで実用的なものが人気

婚約指環がいわゆるパーティーのような華やかな舞台で身につけるのに対し、結婚指輪は、日常的に見つけやすいものが人気です。そのため基本的には宝石がついていないリングが主流となるでしょう。非常にシンプルなデザインが多いため、素材やさりげない模様などにこだわる方も少なくありません。また二人の結婚記念日やイニシャルなどを刻印することもできます。さらに二人で結婚指輪を作成することのできる工房などもありますので、二人の思い出になるような素敵な結婚指輪を見つけましょう。

結婚指輪は男女違うデザインも人気

また結婚指輪は基本的にはペアで購入するものなのでデザインも似ているものや全く同じものが主流ですが、一見すると全く違うデザインのような結婚指輪も人気です。よく見ると細かなところで共通点があるという結婚指輪はふたりにしかわからない秘密のようで人気があります。

まとめ

このように結婚という非常に大きな節目を語る大切な指輪を妥協しないように見つけましょう。指輪のデザインによって価格も変わってきますし、素材によって雰囲気も大きく変わります。もちろんどのような宝石をつけるかも重要な選択肢です。いずれにしても大切な二人の思い出を美しく飾るような指輪を見つけましょう。一生に一度ですので少し奮発してより気に入ったものを購入するということも良いでしょう。このように深い意味の持つ指輪は他にはないものですので、そのような指輪を選ぶことができる幸せも十分に味わいながら選ぶと、より一層楽しめるでしょう。