独身女でいる理由と一生おひとりさまのメリット・デメリット

独身女性が増えているとここ最近では良く聞きますよね。結婚をするわけではなくて一生おひとりさまとして生きていこうとする方がたくさんいるという事実もあります。このようなスタイルの生き方にはメリットとデメリットがあるようです。独身女性について注目してみましょう。

30代独身女性の特徴


30代で独身の女性はたくさんいる昨今ですが、独身でいる女性に特徴というものはあるのでしょうか。女性の社会進出が進んでいる現代においては以下のような特徴が考えられるようです。

仕事にやりがいを感じている

結婚をしない理由として仕事にやりがいを感じている可能性があります。仕事をしていてさまざまな場面でやりがいを感じており、そのためそれだけでも人生が充実しているのです。恋人を作ってしまうと仕事に集中する時間がなくなってしまいます。恋人と会っている時間がもったいないと考えてしまうのです。このような方は仕事にばかり集中して、恋人を作らず結婚をしたいとも思わないことが多いでしょう。結婚をして子供ができてしまえば、仕事をする時間がなくなってしまいます。

収入面で安定している

仕事を一生懸命やっており、そちらで成果を上げているという方は収入面が安定することが多いでしょう。したがって、男性に頼らなくてもそれなりの生活ができてしまう女性が多いのです。このような女性はわざわざ結婚をする必要がなくなるでしょう。このまま独身でいたとしても問題ないのです。結婚をする必要性を感じない女性がたくさんいます。中には同年代の男性よりも多くの収入を得ている方もいるでしょう。

30代独身女性が結婚できない理由


30代の独身女性はどうして結婚できないのでしょうか。この年齢になってくるとたとえ結婚したくてもできないというケースが増えてしまうようです。そして、最終的には一生おひとりさま、という人生も。どうして結婚ができないのか、その理由について教えましょう。

求める男性の理想像が高い

まずずっと結婚をしていないとどんどん男性へのハードルが高くなっていきます。理想の男性像がかなり高くなってしまい、それを満たす男性がいなくなってしまうのです。せっかくこれまで結婚をしていないのだから、もっと良い男性と結婚したいと思ってしまうのです。これまでに多くの男性と付き合ってきた方ならば、過去の男性よりも良い男性と結婚をしないともったいないと考えてしまいます。また、男性を見る目も肥えているため、さまざまな条件を満たしている男性でないと結婚しようと思えなくなっています。

男性との出会いがあまりない

そもそも、普段の生活の中で男性と出会う機会があまりないという方がいます。男性との出会いがなかなかやってこないのであれば、結婚どころか恋人を作ることもできないでしょう。基本的に多くの大人の女性というのは家と職場を行き来しているだけであることが多いです。友達と遊んだとしても基本的に相手は同性であり、そこに異性がやってくることがほとんどありません。自分から意識的に行動しないとなかなか異性と出会うことはないのです。

好きになる人が既婚者の可能性が高い


これから好きになる人が既婚者であったという可能性はどんどん高くなるでしょう。基本的に多くの女性は自分と近い年齢の異性を恋愛対象として見るでしょう。そうなると好きになる人が結婚している割合は年々高くなっていくのです。年齢が高くなるほど結婚している可能性が高くなるからです。そのため、やっと好きな人を見つけたとしても相手が既婚者であり諦めなければいけなくなってしまうことが多いのです。そのためになかなか独身で好きな人を見つけることができなくなってしまいます。

男性から見てスキがない

結婚できない女性は男性に誘われにくいというケースがあります。男性から見てまったくスキがないのです。若い頃であればまだまだ純粋であり、ガードが緩かったこともあるでしょう。しかし、30を超えるとさまざまな経験をしており、簡単に男性には騙されなくなっています。悪い男性に対して警戒している方も増えてくるでしょう。その結果、普通の男性からも近寄りがたくなっていて、告白されたり、飲みに誘われるようなことも少なくなっているのです。

受け身になりがちで行動できない

基本的に受け身なタイプの方というのは婚期が遅れてしまうことが多いでしょう。自分から行動をしないと恋人というのは作れないものです。周りから告白されるのを待っていても、よほどきれいだったり、若くないと実現しないでしょう。好きな人がいたとしても、自分から告白することができないような受け身な人というのはいつまでも恋人ができることがなくて、なかなか行動できなくなってしまうでしょう。

一生おひとりさまでいるメリット

一生独身でいることには実はいくつかのメリットがあります。おひとりさまというのもそれほど悪いことではないのです。それではどのようなメリットがあるのでしょうか。おひとりさまでいることの良い点について紹介しましょう。

お金を自由に使える


まず自分で稼いだお金については自分で自由に使うことができます。これは結婚しているとなかなか実現できないことでしょう。たとえば何か趣味のある人であれば、その趣味にどんどんお金をつぎ込んでいくことができるのです。たとえ高い買い物をしたとしても、それで怒られるようなことはありません。好きな洋服をたくさん買ったり、アクセサリーをどんどん買うこともできます。その他、自分の好きなものにどんどんお金をつぎ込んだとしても、生活にあまり支障は出ないでしょう。自分一人を支えていけば良いからです。

自分だけの時間をすごせる

独身の方というのは一人だけの時間がかなりたくさんあります。自分だけの時間を過ごせるというのは大きなメリットとなるでしょう。結婚をしてしまうと常に夫や子供が周りにいる状況となります。そのため孤独な時間をなかなか確保することができなくなってしまいます。基本的に一人でいるのが好きな方というのは結婚には向いていないのです。無理に結婚をしても余計にストレスを抱え込んでしまうでしょう。

一生おひとりさまでいるデメリット


一生おひとりさまでいることにはもちろんデメリットも存在しています。きちんとそのデメリットについても覚悟しておくべきでしょう。それではどのようなデメリットがあるのか教えます。

自己責任の人生

基本的に独身でいるということは自分の人生をすべて自分で責任をとらなければいけないということです。すべての行動の責任は自分で抱え込むことになります。そのため、たとえば会社をリストラされてしまったとしても、それで誰かが助けてくれるのを期待できないでしょう。自分でなんとかしなければいけません。病気になったとしても、自分の力でなんとかする必要があるため、高齢になっていくほどその責任の重さに耐えられなくなる可能性はあります。

家族を持つ喜びを味わえない

もちろん独身の方であっても親や兄弟姉妹といった家族はいます。しかし、自分の配偶者や子供といった家族を持つ喜びを味わうことはできないでしょう。親はいつか死んでしまうものです。また、兄弟姉妹についても自分からどんどん離れていってしまうでしょう。友達がいたとしてもその関係がいつまでも続くとは限りません。やはり結婚をしていないと、ひとりぼっちになってしまう可能性が高いです。周りがみんな結婚をして幸せそうにしていると、自分も結婚をすればよかったと思うかもしれません。

まとめ

最近は独身でいる方が増えているため、多くの方にとってこの問題は他人事ではないでしょう。独身女で一生ひとりものでいるかどうか悩んでいる方はたくさんいます。そのことにはメリットとデメリットがあることを理解しておきましょう。そして、自分にとって本当に良い選択をしてください。後悔のない人生を送るためにもおひとりさまについてよく考えてみましょう。