文句ばかり言う人ってどんな心理?自分が疲れる前にしたい対処法

いつも文句ばかりを言っている人がいます。このような人はその場の雰囲気をとても悪くしてしまいますよね。それでは文句を言う人というのはどのような心理なのでしょうか。そのような人にどう対処すれば良いのでしょうか。知っておいた方が良いことを教えましょう。

文句を言う人の心理


常に文句ばっかり言っている人がいます。そのような人の心理状況を知ることは大切でしょう。文句を言う人の心の中について教えましょう。

他人より自分が弱いと不安になってしまう

自分が強いことを示すために文句を言っている人がいます。自分が他人より弱いということを認めたくないのです。そのような状況に不安を感じてしまうのです。そのため、自分は他人よりも強い人間であるとアピールするためにどんどん文句を言います。したがって、このような理由で文句を言う人というのは本当に文句があるわけではないのです。文句を言いやすい相手に対してのみ文句を言っています。

自分にコンプレックスを抱えている

自分に対してあまり自信を持っていなくてコンプレックを抱えている方は他人に文句を言うケースが多いです。文句を言っている間は自分の方が上であると思いこむことができるのです。他人よりも上の立場に立つことができるのを喜んでいるのです。コンプレックスを忘れるためにどんどん文句を言ったり、相手をののしったりしてしまうことがあります。

プライドが高く完璧主義

とてもプライドが高くて完璧主義の方が文句を言うケースがあります。自分が一番正しいと考えており、どんなことでも完璧を求めるのです。そのため、他人の失敗をまったく許すことができないのです。その結果、他人に対してとても厳しくなってしまい、どんどん文句を言うことにつながるのです。

文句ばかり言う人への対処法


文句ばっかり言っている人に対してどのように対処をするべきなのでしょうか。きちんとした対処をしておかないとトラブルに発展してしまったり、面倒なことになってしまう可能性があります。具体的な対処方法について教えましょう。

文句ばかり言う人と距離を置く

文句ばかり言ってくるような相手からは距離を置くことをおすすめします。そのような人というのは、注意されたとしても文句を言うのをやめることはありません。むしろ反抗してしまうとさらに相手は怒り出してしまったり、文句を続けてしまう可能性があるでしょう。そのため、距離を置くことによって、相手から文句を言われないようにするという自衛の仕方はおすすめです。ただし、距離を置くことができない関係の人もいるでしょう。この場合は別の対処法を考えなければいけません。

話しかけられても冷たく接する

文句を言う人に直接注意をすることができなかったり、そういう勇気のないという方がいるかもしれません。この場合は冷たく接することをおすすめします。話しかけられたとしても、そっけない態度をとってみましょう。そうすれば、相手はあなたに話をしなくなるかもしれません。無視をするのが難しいのであれば、冷たい態度をとるだけでも、自然と相手は離れていくでしょう。誰かに文句を聞かせたいという方も、自分の話をそもそも聞く気のない相手に対していつまでも文句を言い続けることは少ないのです。冷たくあしらうことによって、やがて離れていき別の人に文句を言ってくれるでしょう。

できるだけ文句ばかり言う人と関わらない


もしあなたの近くに文句ばかり言う人がいるならば、そのような人とできるだけ関わらないようにしましょう。文句ばかり言う人と付き合ってもろくなことはありません。また、そのような性格というのはなかなか改善されにくいものです。特にその人が中高年であれば、とても頑固になっている可能性があるでしょう。文句ばかり言う人と付き合うとあなたのストレスがどんどん溜まってしまい、病気になってしまう可能性もあります。関わらないでいられるならば、それが一番良いです。

はっきり文句ばかり言う人を拒絶する

文句を言う人に対してははっきりとそれを拒絶することをおすすめします。もちろん、それができなかったり、勇気がないという方がいるかもしれませんが、拒絶をしないとこちらが嫌がっていることを相手はまったく気が付かないでしょう。文句を言うのを止めないと、調子に乗ってそれをどんどん続けてしまう可能性があるのです。はっきりと言うことによって、相手は初めて自分の態度が悪かったということに気がつくかもしれません。自分では文句ばかり言っていることに気づいていない可能性もあるのです。拒絶してしまうことによって、その人はあなたに文句を言うことはなくなるでしょう。あるいは反省してくれるかもしれません。

愚痴を聞くだけでなく反対意見も言う

文句や愚痴をよく言われてしまうという方がいます。そのようなことをずっと聞き続けるのではなくて、こちらから反対意見を言うようにしましょう。そうすればあなたはおとなしく文句を聞き続ける人ではないと相手にアピールすることができます。文句ばかり言う人というのは、文句を言う相手を選んでいることがあるのです。それは反論することがなくて、おとなしく文句を聞いてくれる人です。そのような人だと思われてしまうと、相手は調子に乗り何度も文句を言ってくるようになるでしょう。それを避けるためには反対意見を積極的に言いましょう。

二人きりにならないようにする

文句を言う人とは二人きりにならないようにしましょう。二人きりになってしまうと相手に文句を言うスキを与えてしまいます。人前では文句を言わなくても二人きりになると文句ばっかり言う人も中にはいるからです。特に女性の場合は年配の男性から文句を言われるケースは多いようです。女性のことを下に見ている男性というのは少なからず存在していたりするものですよね。女性は弱いと思われており、文句を言っても言い返してこないだろうと考えているのです。

たまに文句を言う程度なら

文句を言う人のすべてがいつも文句ばかり言っているとは限りません。中にはたまにしか文句を言わないという人もいるでしょう。この場合は、どのように対処するべきなのでしょうか。いくつか対処の仕方を教えましょう。

文句に共感してみる

たまに言う文句であれば、それに共感をしてみるのも1つの方法としておすすめです。人は共感してもらうことを喜ぶものです。そもそも、何かに文句を言う方というのは、そのことを他人に共感してもらいたいと考えているケースが多いです。その文句に対してしっかりと共感してあげることによって、相手は満足してくれるでしょう。この方法であれば角が立つことはなく、相手はストレスを解消できて、もう文句を言うことはなくなるでしょう。

文句ばかり言う人に慰めの言葉をかける

文句を言っている人というのはとてもイライラしていることが多いです。その怒りを静めることができれば、文句を言わなくなるでしょう。そこで文句を言っている人に対して慰めの言葉をかけてみましょう。そうすれば怒りは段々収まっていくはずです。自分の怒りを他人が理解してくれたことによって、満足していくのです。しっかりと自分の文句を聞いてくれる人がいたということで納得してくれるでしょう。

まとめ

どこにでも文句ばかり言う人はいるものです。それは会社の上司だったり同僚だったり、あるいは顧客の可能性もあります。いろいろな立場の人が他人に文句ばかり言っているのです。付き合っている彼氏がそのようなタイプというケースもあるでしょう。特に女性というのは弱いと思われているため、文句を言う矛先を向けられることがあります。あるいは女友達が文句ばかり言っているケースもあるでしょう。

どのようなケースにしても、文句ばかり言われてしまうのはとても疲れてしまうものです。こちらではそんなときの対処法について紹介してきました。ぜひとも実践してみてください。