商社マンってどんな人?仕事内容・モテる理由・付き合う方法

商社マンは人気が高いです。しかし、具体的に商社マンとはどのようなタイプの人なのか知らないという方もいるかもしれません。こちらでは商社マンの仕事内容やモテる理由、付き合うための方法について紹介しましょう。

あらゆる「もの」を取引するのが商社


商社マンというのはあらゆるものの取引に関係している仕事をしています。商社の行っている事業というのはものの取引なのです。

商社マンといっても取り扱っているものはそれぞれかなり異なっています。たとえば海外から輸入してきた商品を日本で販売しているという商社もあるのです。逆に日本のものを海外に輸入する仕事に関わっている人もいるでしょう。そのため、国際的に活躍している人も多いです。

商社マンの仕事内容とは?

こちらでは商社マンが実際にどのような仕事をしているのかを紹介しましょう。知ってるようで意外と知らないことでしょう。商社マンの仕事に注目します。

主に営業が仕事


商社マンの主な仕事は営業です。たとえば原材料を生産している人や企業と話をして、そことの契約を取り付けるという仕事があります。あるいは加工品を販売する際に小売店舗に営業をするという仕事もあります。

商社の社員の仕事の大部分は営業となっているのです。営業マンは商社にとっては花形と言える存在なのです。商社マンの仕事といえば営業であるとイメージして間違いないでしょう。

現地に行って直接外国人生産者と話すこともある

元々、商社というのは日本特有のものです。資源に乏しいため海外からどんどん原材料を輸入する必要があり、そのための営業活動をしているのが商社であり、商社マンだったのです。

そのため、今でも国際的に活躍している商社マンは大勢います。時には海外の現地の外国人生産者と話をするということもあります。海外からどんどん安く原材料を輸入すれば、それを加工して国内で商品を製造して、それを販売して利益を上げられるのです。

一度に数億円の取引もある

商社マンが担当する取引は金額が大きなものになりやすいです。

たとえば原材料を輸入する際には、大量に輸入することが多いです。そのため、一度に数億円もの取引をするというケースもあります。大きな責任のある仕事であり、簡単にできることではありません。失敗すれば会社に大損害をもたらすことになるため、商社マンは慎重に取引を進めているのです。

会社によって特定の分野に特化している


商社というのは一般的には何でも扱っていると思われるかもしれません。しかし、中には特定の分野に特化しているような商社もあります。そちらは専門商社と呼ばれています。

逆に幅広いものを区別なく扱っているのは総合商社と呼ばれています。日本にはたくさんの商社が存在しているのです。専門商社の商社マンであれば、その分野についての知識に深く精通していることが多いでしょう。専門的な知識がなければ営業ができないからです。

仕事内容は徐々に広がっている

商社マンの仕事内容というのはどんどん幅が広がっています。いろいろなことに取り組んでいるのです。

たとえば投資をしたり、IT事業に関わったり、さらには製品開発や製造、販売なども手がける商社が増えています。その商社の扱う事業の幅が広がるということは、営業以外にもさまざまな仕事を担当するスタッフが存在するということです。

商社マンがモテる8つの理由とは?

商社マンといえばモテるというイメージを持っている方は多いでしょう。それではどうして商社マンはモテるのでしょうか。その理由について紹介しましょう。

基本的には高収入


商社マンというのは基本的に高年収となっています。高年収の男性というのは当然モテるでしょう。実際に金払いの良い方が多いです。ケチくさい部分がなくて、おごってくれることも多いでしょう。将来、結婚することを考えたとしても、商社マンというのはとても恵まれているのです。

商社というのは業績の良い会社が多いです。そのため、かなりの高収益をあげており、それがしっかりと社員にも反映されているのです。そのため、商社マンはどんどんお金を稼ぐことができるのです。

商社マンという肩書き

商社マンといえば良いイメージが多いです。高年収であり、海外出張をする機会も多いです。知識が豊富にあり、コミュニケーション能力が優れているというイメージもあります。

商社マンと付き合っているといえば、自慢できるでしょう。周りから羨望の眼差しで見られるようになるのです。高ステータスな職業であると多くの方が認めており、商社マンと付き合いたいという方は多いのです。

英語が堪能

商社マンは外国人とやり取りをする機会が多いです。海外に頻繁に出かけるという方もいるでしょう。そのため英語が堪能な方がたくさんいます。

そもそも、ある程度の英語の能力がなければ採用されないというケースもあるのです。英語が堪能な人というのは、とてもかっこ良いというイメージをもたれやすいのです。英語の苦手な方の多い日本ではなおさら尊敬されるのです。

海外出張が多くてかっこいい


商社マンは海外出張することが多いです。それだけでも女性からはかっこ良いと思われやすいでしょう。

海外出張に憧れる女性は多いです。そのような男性から海外のお土産をもらったり、海外での話を聞きたいという方もたくさんいるでしょう。海外出張に一緒についていきたいと思う方もいるかもしれません。とても夢が広がるのです。

コミュ力が高い

商社マンというのは営業の仕事をしている方が多いです。海外の人とも関わります。いろいろな人と関わって商談を成立させなければいけない仕事なのです。そのため、コミュニケーション能力が高くないと務まらない仕事といえるでしょう。

コミュ力の高い人が多いため、女性ともしっかりと付き合うことができるのです。このような男性というのはモテるでしょう。

積極的な性格

商社マンというのは積極的な性格をしていることが多いです。これは営業という仕事をしていて、商談をまとめるために積極性を発揮しなければいけないためでしょう。

そのような仕事で培ってきた積極性というのは、女性の方からすると好意的に見られることが多いのです。そのような男性の方が男らしいと評価されてモテます。

新しいもの好き

商社マンは基本的に新しいもの好きの傾向があります。そもそも商社マンの仕事というのはそのようなものだからです。

新しいビジネスチャンスが存在しないか常にアンテナを伸ばしています。そのためさまざまなジャンルの新しいものを熟知しているでしょう。このような商社マンであれば、たとえば素敵なプレゼントをしてくれる可能性も高くなるでしょう。

知識が豊富

商社マンは仕事をするためにさまざまな知識を得る必要があります。その分野に関する専門知識だけではなくて、海外出張するならばそれぞれの国の文化や言葉などについても学びます。そのため博識な方が多いです。頭が良いと思われるでしょう。このような男性というのはモテます。

商社マンと付き合う方法


これから商社マンと付き合うためにはどうすればよいのでしょうか。こちらでは商社マンと付き合うための方法について教えましょう。

SNSで出会う

商社マンと出会いたいならば、SNSを利用してみましょう。SNSであれば商社マンと知り合える可能性があります。SNSであればいろいろな方と知り合う機会があるでしょう。

商社マンの知り合いから紹介してもらう

商社マンの知り合いがいるならば、その人から紹介してもらうことができるでしょう。もし幸運にもそのような知り合いがいるならば、良い男性を紹介してもらうことができます。

婚活パーティへ参加する

商社マンの参加している婚活パーティーに参加してみましょう。婚活パーティにもいろいろな種類が存在しています。その中には商社マンが参加しているものもたくさんあるのです。たとえばハイステータスな男性の集まる婚活パーティーがあるのです。そちらを利用することによって、商社マンと上手く知り合うことができるでしょう。連絡先を交換したり、実際にデートをすることができるかもしれません。結婚を前提とした付き合いができるのです。

同窓会で再会

ひょっとしたらあなたの同級生の中に商社マンがいるかもしれません。同窓会に参加することによって、商社マンと出会うことができるかもしれません。過去の同級生や友達に質問してみると良いでしょう。そうすれば、意外と近いところに商社マンがいることが分かるかもしれません。

友達の結婚式

友達が結婚をするならば、そこで結婚式に参加するとあなたの知らない人がたくさんいるでしょう。友人の結婚式をきっかけとして出会いが生まれるというケースは少なくないのです。ひょっとしたら、そこに商社マンの人がいるかもしれません。

それとなく友達にゲストの職業を聞いてみると良いでしょう。もし商社マンがいるならば、その人に接近してみましょう。上手く連絡先を交換することができれば、商社マンと付き合えるかもしれません。

商社オフィスのバーに通う

O型とO型カップルの恋愛の相性
商社オフィスの入っているビルの中にバーがあることが少なくありません。そのようなバーには当然商社マンが集まりやすいでしょう。そこであれば商社マンと出会える可能性があるのです。

もし気になる男性がいるならば、どんどん声をかけてみましょう。そうすれば商社マンとお知り合いになれるかもしれません。バーで出会ったことをきっかけとして商社マンと付き合えるかもしれないのです。

会員制の高級スポーツジムに入会する

商社マンがいそうなところはたくさんあります。

たとえば高級スポーツジムです。高いステータスの男性がいそうな高級スポーツジムであれば、そこで商社マンと出会うことができるかもしれません。

会員制の料金の高いスポーツジムに入るのはお金の負担が大きいのですが、質の高いサービスを受けることができます。万が一商社マンに出会うことができなかったとしても、お金は無駄にならないでしょう。

まとめ

商社マンというのは高いステータスがあり、とてもイメージの良い仕事といえるでしょう。営業の仕事をしている人達であり、英語を話すことができて海外出張をしているケースもあります。高年収を稼いでいて、彼氏にするのに最適な要素が整っているのです。

このような商社マンとはいろいろな場所で出会うことができるでしょう。上手く商社マンと付き合うことができれば、あなたはとても満足できます。商社マンと付き合ってみましょう。