婚約指輪のダイヤの選び方とは?正しい知識を身につける方法

婚約指輪を選び時、デザインや費用を重視する人も多いでしょう。購入する側の男性も、受け取る側の女性もそれらを重視するのは当たり前です。しかし、もっとも大切なのは「ダイヤモンド」です。今回は婚約指輪におけるダイヤモンドの選び方や正しい知識のみにつけ方について紹介します。

婚約指輪におけるダイヤの判断基準は4C


ダイヤモンドを選ぶ時のポイントとして「4C」があります。これはダイヤモンドの品質評価基準を国際的に統一しているものであり、ダイヤモンドのクオリティを見極めるために必ず知っておきたいものです。

CUT(カット):ダイヤの表面の研磨と形

1つ目は「CUT」と言い、ダイヤモンドの表面の研磨と形を指します。さまざまな部分のサイズや角度と仕上げの度合いによって、クラス分けされるのです。最高クラスは「Excellent」であり、そこから5段階に分類されるのです。

CUTを見極めるためには、プロポーション(さまざまな部分のサイズや角度)だけではなく、研磨状態を指すポリッシュ、対称性を示すシンメトリーの評価が必要です。この3つすべてがExcellent評価を受けた場合「トリプルエクセレント」と呼ばれ、ダイヤモンドの中でも最高級のものに分類されます。

COLOR(カラー):ダイヤの色

2つ目は「Color」と言い、色を指します。ダイヤモンド=無色透明のイメージが強いのですが、これはもっとも美しいダイヤモンドの色です。無色透明のものをDに表して、黄色味をおびていくにつれて23等級に分類されるのです。無色透明のDは希少価値も高く、それに応じて費用も高くなっていくのです。

CLARITY(クラリティ):ダイヤの透明度を

3つ目は「CLARITY」と言い、ダイヤモンドの透明度を表します。これは色ではなく、ダイヤモンド内部の傷や光の通貨を邪魔する内包物の有無を見極めるのです。最高クラスの「FL」はキズや内包物がまったく見られない最高級クラスのものを指し、キズや内包物の状態によって11段階に分類されます。

キズや内包物が多ければ多いほど、ダイヤモンドの価値が下がり、それに応じて費用もさがります。もちろんキズや内包物があると言っても、パッと見ただけで気づくようなものはほとんどありません。そのため、普通に婚約指輪を購入する人にとって大きな問題としていない事実もあります。

CARAT(カラット):ダイヤの重さ


最後になる4つ目は「CARAT」と言い、ほとんどの人が聞き覚えあるのではないでしょうか。CARATが指すものはダイヤモンドの重さです。0.2gが1カラットです。カラット数が大きくなるほど、ダイヤモンドの表面積が大きくなり、美しい輝きを放つようになるのです。

婚約指輪を買いに行く場合、ほとんどの人が重視するのがカラットでしょう。どのカラット数を買うのかは人によって異なりますが、あまりにもダイヤモンドを強調しすぎるようなものの場合、女性が好まない可能性もあります。彼女がどんな大きさや重さの宝石がついた指輪を身に付けているのか、事前にリサーチ出来る人はしておきましょう。

婚約指輪を高い品質にするには?

女性にとって、高品質な婚約指輪は憧れを持つものです。そこで、こちらでは婚約指輪を高品質にするために必要なことを紹介します。

カットはVery Good以上がベスト

5段階ある「CUT」ですが、Excellentはさすがに費用的に難しい人がほとんどです。そこで、高品質の婚約指輪にする場合は「Very Good」以上が望ましいとされています。ちなみにこれはExcellentの下に当たるので、上から二番目になります。

カラーはG以上にする


ダイヤモンドの「Color」は感覚的な無色透明に当たるGカラー以上が望ましいと言われています。Gカラー以上とは最高位のD、E、F、Gと上から4等級を表すものです。それ以下になると、だんだん黄色味を帯びてくるのでダイヤモンドらしい無色透明さが感じられなくなるのです。

クラリティはVS2以上

ダイヤモンドの透明度を表すCLARITYはVS2以上が望ましいと言われています。VS2は10倍の倍率でインクルージョンが確認出来るものを指します。微少と特徴づけられるのですが、上から数えて6番目の等級です。

しかし、こちらはあくまでも目安なので絶対にこの等級じゃないといけないわけではありません。むしろ、等級にこだわらずに自分の直感で選ぶのもいいかもしれません。

カラットには0.2カラット~0.4カラットを選ぶ人が多い

ダイヤモンドの重さを表すCARATですが、婚約指輪のカラットの目安は0.2カラット~0.4カラットと言われています。ダイヤモンドは大きさや重さだけで選ばれるものではありません。大きすぎるものは成金イメージがあって好まないという人も珍しくないですし、大きすぎるダイヤモンドの婚約指輪は気軽に身に付けて外出出来ないというデメリットもあります。

逆に小さくてカラット数も低い方がシンプルかつ上品さを出してくれるので、女性も好む人が多いようです。もちろん、これは個人の趣味になるのですべての人に当てはまるわけではありません。

事前に把握!婚約指輪の選び方

こちらでは、婚約指輪の選び方について紹介します。婚約指輪選びは本人が思っている以上に時間がかかるものです。そのため、事前に把握しておくことで時間短縮に繋がります。

人気の大きさを把握しておく

婚約指輪はダイヤモンドの大きさや重さで、見た目も大きく変わります。大きければいいというものでもなく、人気の大きさというものがあります。婚約指輪で人気のダイヤモンドの大きさなどを事前に把握しておくことで、スタッフへの説明も上手く出来て、対象商品をすぐに見ることが出来ます。

予算の感覚をつかんでおく


ダイヤモンドはそれぞれの等級などによって、大きく費用が異なります。等級が低いダイヤモンドであれば、比較的安価になりますが、等級が高いものを望めば望むだけ費用も上がっていくのは当然です。

そのため、事前にどの程度の等級を選べばどの金額になるのか予算の感覚を掴んでおきましょう。実際にジュエリーショップに行ってから決めるスタイルの人もいるでしょうが、ジュエリーは高額になりがちなので、ある程度の予算を掴んでおかないとショップで慌てることになりかねません。

予算だけではなく、婚約指輪の費用についても調べておくことで当日に慌てずにすみます。普段ジュエリーショップに行かない人は、特に予算の感覚を掴みにくい人もいるのできちんと調べておいてください。

品質を定める4Cを頭に入れておく

婚約指輪を選ぶ時、必ず押さえておきたいのが「4C」です。インターネット上などを見ると、婚約指輪に適した等級などをまとめたサイトもあります。それらを参考にして、どの程度までの等級を考えているのか、自分の中で明確にしておくことも大切です。

婚約指輪は女性への愛情の証と言っても過言ではないほどです。そのため、婚約指輪を求めている女性の場合、差し出された指輪で自分への愛情を測る場合もあるようです。つまり、婚約指輪を選ぶ時は男性側も気が抜けないのでしっかり婚約指輪に関する知識を入れておきましょう。

ふたりにとって、新しい人生のスタートを約束する婚約指輪なのですから、お互いに失敗だったと感じないようにしなければいけません。そのために必要となるのは、やはり知識でしょう。ジュエリーショップのスタッフに勧められるまま決めるのも悪くはありませんが、やはり自分であれこれを決めて選んだものを彼女に贈りたいはずです。

まとめ

婚約指輪は女性への愛情の証と先述しましたが、無理に見栄を張る必要はありません。自分に大きな負担がかからない程度で問題ないのです。ただ、きちんとした知識を持ってジュエリーショップに行くことで自分が納得したものを買えるということも覚えておきましょう。男性だけで買いに行く場合も、プロポーズした女性と一緒に買いに行く場合も、最低限の知識は身に付けておきましょう。