婚約指輪って必要?最新の婚約指輪事情について

最近はストイックな女性も増えてきたことから、婚約指輪の必要性を考える場合があるようです。男性にとってはプロポーズ=婚約指輪と考えている人も多いのですが、肝心の女性が必要性を感じていないと贈りづらいというのも事実です。今回は「婚約指輪を必要としない」女性について紹介します。

婚約指輪の必要性について


婚約指輪の必要性について考える女性が増えてきましたが、男性の気持ちをないがしろにしているわけではありません。普段使いしづらい婚約指輪よりも日常的に使えるもののほうが嬉しいと感じている女性もいるのです。

婚約指輪はいらないという考えの人もいる

女性の半数以上が婚約指輪を求める傾向にありますが、一部の人は「指輪はいらない」と男性に宣言する人もいるようです。婚約指輪はいらないという考えの人は、一方的に「必要ない」と言っているわけではなく、就いている職種によっては身に付けられないから、という理由の人もいます。

特に工場勤務などの場合は、婚約指輪を貰っても職場で身に付けることも出来ない可能性が高く、使用頻度が極端に落ちてしまうことも考えられます。せっかく貰っても身に付けられなければ、女性側としても申し訳ない気持ちになるのではないでしょうか。

婚約指輪の代わりの品を贈る人もいる

男性の中には婚約指輪が必要ないと聞いて、別のものを贈る人がいます。別のものを贈る場合、女性の好みが分からないので何が欲しいのかをしっかり聞いてから贈る場合がほとんどです。

逆に男性側で代わりの品を勝手に決めてしまうと、女性が気に入らないという可能性もゼロではないので、なるべく女性の意見を取り入れた品物にしておきましょう。

後々後悔することが無いように話し合う

女性側が婚約指輪をいらないと言っても、一時的な感情の可能性が高い場合もあります。一時的な感情で必要ないと言っている場合、後々後悔することもあります。そのため、必要ないと言われたからと言ってそのまま鵜呑みにせず、後悔しないのかなどふたりでじっくりと話し合う必要があります。

婚約指輪を贈らない理由とは


婚約指輪を贈らない理由として、何があるのでしょうか。こちらでは婚約指輪を贈らない理由の一部を紹介します。

実用的ではないから

婚約指輪を贈らない・必要ないという一番の理由が「実用的ではないから」というものです。婚約指輪にまったく実用性がないわけではないのですが、一般的に身に付ける頻度が低いアイテムだからでしょう。ダイヤモンドがセッティングされているため、ファッションリングのような気軽さはなく、壊れないように気を配らなければいけないため、意外と心労が溜まります。

そういった面も含めて「実用的ではない」という答えを出す人も多いのでしょう。実際に婚約指輪を贈ってもらった女性が日常的に使用しているのはごく一部の人です。ほとんどの人がしまいっ放しになっているという勿体ない状況になっているのではないでしょうか。

費用がかかるから

婚約指輪だけではなく、結婚指輪も購入することになるため、指輪代が二重にかかってしまいます。女性の中には男性の金銭的な面を心配している人もいるようです。婚約指輪と言っても、ダイヤモンドがあしらわれているため、決して安い金額ではありません。

それより、何かおいしいものでも食べに行きたいという花より団子の性格を持つ女性も多いようです。

他の物にお金を使いたいから

婚約指輪にお金を使うより、他のものに使いたいという人も珍しくありません。例えばふたりで暮らす新居のグレードをあげる、家具やインテリア用品を買い集めるなど実用的なお金の使い方はいくらでもあります。そういったことを考えて、婚約指輪にお金をかけるのが勿体ないと感じる人もいるのでしょう。

婚約指輪はいらないと言う女性の本音とは


こちらでは、婚約指輪はいらないという女性の本音について紹介します。これから婚約指輪をどうするか考える男性や女性も他の人の本音を見て、後悔のない結論を出しましょう。

本当は欲しいけど言えなかった

意外と多くいるのが「本当は欲しいけど言えなかった」というものです。男性の金銭面に遠慮している、つい必要ないと言ってしまった、さまざまな理由がありますが欲しくても「欲しい」と言えなかった人もいます。

本当は欲しいけど言えなかった人の場合、後から後悔するケースがほとんどなので婚約指輪の有無はきちんと自分の心の整理をしてから結論を出すようにしてください。

実際に必要性を感じない

欲しいのに欲しいと言えなかった人が多い中、実際に必要性を感じない人もいます。こればかりは人の価値観の違いとしか言いようがありません。男性が「本当にいいの?」と何度も確認するほど、あっさりと「いらない」という人もいるようです。

新婚旅行にお金をまわしたい

婚約指輪にお金を使うより、新婚旅行にお金をかけたいというのが本音の女性もいます。男性の場合、そちらの方が費用も抑えられるのでありがたいと感じる人もいるでしょう。女性としても婚約指輪より、ふたりで行く新婚旅行にお金をかけることでお互いに楽しめるというメリットがあるのです。

普段付けないものにお金を使うのがもったいない

ネックレスなど普段に使い勝手の良いものならばともかく、普段身に付けないものにお金を使うのが勿体ないという考えの人もいます。こういう考えの女性が彼女の場合、婚約指輪ではなく他のアイテムを贈るのもいいかもしれません。

婚約指輪を購入する時のポイント

こちらでは、婚約指輪を購入する時のポイントについて紹介します。

渡したい日の2か月前にはどれにするか決めておく


婚約指輪は渡す日の2ヶ月前にはどれを買うか決めておく必要があります。出来れば2ヶ月前には予約を済ませておくことが理想です。その理由として、洋服などと違ってジュエリーショップに行ったからと言って気に入ったものの在庫があるかどうか分からないからです。

ダイヤモンドの等級によっては、取り寄せまでに時間がかかる場合もあります。そのため、余裕を持って2ヶ月前にはどれを買うか決めておく・予約、どちらかは済ませておきましょう。

費用は無理のない範囲で

彼女に良いところを見せたいからと言って、高級な婚約指輪を購入する人もいます。しかし、無理をした婚約指輪を贈られても女性は嬉しくありません。婚約指輪の費用はその人にとって無理のない範囲で購入しましょう。

一緒に選ぶかサプライズか彼女のタイプで判断する

指輪は個人の好みで大きく分かれるものです。そのため、彼女のタイプによって一緒に選ぶのか、それともサプライズでプレゼントするのかを決めましょう。自分の持ち物にこだわりを持つ彼女の場合は、サプライズを諦めて一緒に選んだ方が失敗はないかと思われます。

デザインなど事前に把握しておく

婚約指輪と言っても、ジュエリーブランドによってデザインも異なってきます。そのため、ある程度のデザインなどは事前に把握しておきましょう。デザインが詳しく決まらない場合は、ブランドのデザイン傾向を把握しておくだけでも随分違います。

アフターサービスも重要

婚約指輪は買っておしまいというわけではありません。壊れやすいデザインのものもあるため、アフターサービスが万全なショップで購入するようにしてください。ショップによってはアフターサービスがない場合もあるので、購入前に確認しておかないと後から困ることになります。

まとめ

婚約指輪の必要性は人によって変わってきます。遠慮して必要ないと言っているのか、それとも本当に必要ないと思っているのかしっかりと見極めるようにしましょう。婚約指輪を買う時は、紹介したポイントをしっかり押さえて選びましょう。これからの人生を一緒に過ごす相手だからこそ、婚約指輪を贈ると決めたら妥協なく選ぶようにしてください。費用関係なく将来の旦那さんが一生懸命悩んで選んでくれたというところが女性を喜ばせる最大のポイントなのです。