婚約指輪のリフォームとは?世界にひとつだけの指輪を手にいれる

婚約指輪はジュエリーショップで買うだけではなく、古いものをリフォームして贈るという方法もあります。例えば彼氏の母親が使っていたものをリフォームして贈るという場合もあるようです。多いというわけではありませんが、男性の母親は将来のお嫁さんに、と指輪を取っておく人もいるようです。今回は婚約指輪のリフォームについて紹介します。

婚約指輪のリフォームについて


例えば祖母から母へ、母から新しいお嫁さんにと指輪が伝わっている家庭もあります。しかし、指輪はその時代の特徴が強く出てしまうものです。母親から譲り受けた指輪では古いデザインの場合がほとんどですが、リフォームすることで現代風に直すことが出来ます。

母の婚約指輪など好みのデザインにリフォームする

母から婚約指輪を伝えられた場合、そのままのデザインにしておきたいと考える人も多いでしょうが、古いデザインのままだと新しい婚約指輪の持ち主になるお嫁さんが可哀想ではないでしょうか。年代によっては今のファッションなどに合わないデザインも珍しくありません。その場合、せっかく贈った婚約指輪も使ってもらえない可能性があります。

婚約指輪は指の長さ、手の大きさなどでも使い勝手が異なってきます。リフォームをすることで大きさを調整出来るだけではなく、好みのデザインに作り変えることも出来るのです。

古い指輪を受け継ぐ場合、昔と今では身体の大きさなども異なります。そのため、指輪が入らないということも珍しくないのです。しかし、リフォームをすることできちんと適したサイズに作り替えられるのです。

普段使いできるようにリフォームする人もいる

旦那さんから婚約指輪を貰ったけれど、普段使い出来るデザインではないので気軽に使えるようにリフォームをする人もいます。使いづらかった婚約指輪もリフォームをすることでちょっとした外出でも使えるようになるため、使用頻度も高くなるのです。

古いものであればあるほど、婚約指輪は普段使いしづらいデザインのものが多くあります。最近は結婚指輪との重ね付けなどもありますが、昔はそういったこともありませんでした。そのため、昔の婚約指輪は渡されてそのまましまいっ放しになることも珍しくなかったのです。

祖母の代など昔からある宝石を受け継ぐことができる

昔からある宝石を受け継いだ場合、先述したようにデザインが古臭いものもあります。そういう時はリフォームをして現代風に直してもらいましょう。新しい婚約指輪も素敵ですが、祖母や母が大切にしていた指輪が自分の、もしくは自分が選んだ女性のお気に入りになるのです。

婚約指輪のリフォームの方法とは

スカルプネイルの特徴とセルフで行う方法
こちらでは、婚約指輪のリフォーム方法について紹介します。どのようなリフォームをするかでやり方も異なってくるのですが、こちらではリフォーム方法の一部について紹介します。

フレームを溶かすことによって全く新しいデザインにする

新しいデザインにする場合、フレームを溶かしてリフォームを行います。フルリフォームと呼ばれるもので、その名の通り宝石以外はすべて新しいデザインになるのです。手間も費用もかかりますが、指輪そのものを受け継げるため、とても意味のあるリフォーム方法です。

フレームを取り換える

婚約指輪のリフォームを行う業者の多くは、フレームを取り換える方法を積極的に行っています。指輪についている宝石はそのまま使用しますが、フレーム自体を新しくするため、ほぼ新品の婚約指輪と言っても過言ではありません。そのため、あまり古臭さを感じさせないのでリフォームをする時は、業者かからフレーム変更の提案をされることもあります。

婚約指輪のリフォームの実例

婚約指輪のリフォームは、指輪から指輪に直すものだけではありません。他のリフォーム方法はどのようなものがあるのか、その一部を紹介します。

ネックレスなど他のアクセサリーにする


婚約指輪では使いづらいけど、ネックレスにリフォームすることで普段使い出来るようになったというケースもあります。指輪から指輪ではなく、指輪からネックレスという新しいアクセサリーにリフォームすることも可能なのです。ネックレスだけではなく、ダイヤモンドをあしらったピアスやイヤリングなどに変えてもらう人もいるようです。その場合、片方になりますが片方しかないのがオシャレに見える部分もあります。

太さを変える

同じ指輪にリフォームするとしても、リングの太さを変えることも可能です。細身のリングだったけれど、少し豪華さを出すために太さを変えるという方法は意外と多くの人が取っています。リングの太さを変えるだけでも印象が大きく変わるのでおすすめです。

ただ、フルリメイクで太さを変える場合、足りない分の材料は追加費用が掛かる場合があるので、その点をしっかり確認しておくようにしましょう。リフォームをしてもらった後に追加費用のことを知りませんでした、ということは通じません。

ダイヤモンドの位置を変えることで違う印象にする

リフォームはリング部分のみだけではありません。ダイヤモンドの位置を変えることで婚約指輪の雰囲気そのものを変えることが出来ます。中央についていたダイヤモンドの位置を少し変えるだけでも、ちょっとした新鮮さを味わうことが出来ます。

婚約指輪のリフォームのメリットとは

婚約指輪をリフォームするメリットとは何でしょうか? こちらでは、リフォームをすることで得られるメリットの一部を紹介します。

費用を抑えることができる

計算
一番のメリットは、婚約指輪費用を抑えることが出来ることです。婚約指輪はダイヤモンドがセッティングされているため、どうしても高額になりがちです。しかし、リフォーム出来る婚約指輪があれば、費用を半分以下にまで抑えることが出来るのです。

ただ、男性の母親の婚約指輪をリフォームして使う場合、よほどの理由がない場合は「マザコン」というイメージを持たれてしまう可能性があります。すべての人が同じ意見を持つわけではないのですが、男性が母親のものを使うというのはあまり印象が良くないようです。

テレビや映画では意外と使われているシチュエーションですが「婚約指輪の費用をケチった」「自分よりも母親を優先されそう」という印象を持つ女性も少数派ですがいるようです。

ただ、最近は海外の習慣である「サムシングフォー」の4つのうち「なにか古いもの」として指輪を譲ることが多くなってきています。そういったこともあり、古い婚約指輪を受け入れられる女性も増えてきているようです。

自分好みのオリジナルのデザインにできる

婚約指輪のリフォームは、自分好みのデザインに出来るのもメリットのひとつです。譲る側からすれば思い入れのあるデザインを崩してしまうことになるのですが、新しい人に手渡されるということで形が完全に変わってしまうデメリットをプラスに出来ます。

他にも、結婚生活が長くなり、婚約指輪を身に付ける機会がない女性の場合、自分好みのオリジナルデザインで新しいアクセサリーを作ることが出来ます。

世界にひとつだけの指輪という付加価値を得られる

費用を抑えることと同じくらい大きなメリットとされているのが「世界にひとつだけの指輪」という付加価値をつけられることです。もともと市販されていた指輪だったとしても、オリジナルデザインでリフォームをすることで、正真正銘世界にひとつだけの指輪になります。

世界にひとつだけ、という響きは女性にとっても嬉しいものです。そして、男性側の親族から譲られたのであれば、女性は「嫁として認めてもらえている」という自信に繋がります。自らのものを譲ることで、その後の人間関係も良く出来るようになるのです。

まとめ

婚約指輪のリフォームを行うメリットは多くあります。娘や息子のお嫁さんに渡す場合、人と人の想いを繋ぐという意味もあります。そういった古風なことを行う家庭は少数派なので、受け入れられる人とそうではない人の差が大きくあるようです。