【手相占い】頭脳線で見えるあなたの性格・人物像

頭脳線というものがあります。こちらは手相の中でもメジャーなものであり、知っている方も多いでしょう。この頭脳線をチェックすることによって、あなたの性格や人物像を知ることができるのです。頭脳線の意味や見方について教えましょう。

そもそも頭脳線(知能線)って?

頭脳線とは知能線とも呼ばれることがある手相のことです。こちらでは頭脳線はどのような線なのか、どんなことが読み取れるのかを解説しましょう。頭脳線について気になる方は参考にしてください。

生命線と感情線の間の線


頭脳線というのは生命線と感情線の間に位置している線のことです。こちらは人差し指の付け根付近から伸びていて、それが手のひらの中心に向かって伸びている線のことです。こちらの長さや角度、始点や終点に注目することによって、その人のいろいろなことが分かるという手相のことです。手相の三大線の1つとなっています。

思考タイプがわかる

頭脳線をチェックすることによって、あなたの思考タイプを知ることができます。あなたがどのような性格なのか、どのような人物像となっているのかが分かるでしょう。自分では思考タイプがよく分からないという方がいるかもしれません。頭脳線をチェックすることで物事に対する考え方が分かります。それが分かれば、自分に何が向いているのか、どのような行動の傾向があるのかも理解できます。

集中力や創造性がわかる

頭脳線というのは集中力や創造性を知ることができます。集中力があるのか、それともあまり集中力を持っていないということが分かります。また、創造性があるかどうかも知ることができるでしょう。これによって、自分に向いているものを理解できます。

頭脳線の長さからわかる性格・人物像

頭脳線の長さを見ることによって、その人の性格や人物像を知ることができます。それではどのような長さとなっていれば、どういう意味が読み取れるのでしょうか。こちらでは頭脳線の長さに注目しましょう。

頭脳線が短い:即断即決タイプ

頭脳線が短いという方は即断即決をするタイプとなっています。何事もすぐに物事を決めるというタイプです。じっくりと考えて行動をするタイプではありません。そのため、よく考えもせずに行動してしまう傾向があります。このような方はもっとじっくりと考えて行動をするべきでしょう。そうしないとトラブルが起きてしまうかもしれません。優柔不断な方とは相性が良いでしょう。頭脳線の短さでその人のタイプが分かります。

頭脳線が長い:じっくり考えるタイプ

頭脳線が長い人がいます。そういう人はじっくりと物事を考えるタイプとなっています。何事にも慎重派であり、きちんと物事を考えないと行動できないタイプとなっているのです。ただし、優柔不断となってしまったり、なかなか動き出さないという傾向があるのです。そのため、即断即決するようなタイプの方とは相性が良いでしょう。頭脳線をチェックすれば、その人のタイプが分かるため、その人とどのように接すれば良いのか、どんな仕事が向いているのかが分かるでしょう。

頭脳線の始点からわかる性格・人物像

頭脳線は始点がどこに位置しているのかによって、その人の性格や人物像が変わります。こちらでは頭脳線の始点ごとの違いについて教えましょう。

頭脳線の始点が生命線の途中から伸びている:用心深い

生命線の途中に頭脳線の始点があり、そこからどんどん線が伸びているという場合があります。このような手相を持っている方は用心深い性格といえるでしょう。身長なタイプの人であり、きちんと考えないと行動を始めないという傾向があります。そのため、なかなか他人を信用することができないという欠点もあります。

頭脳線の始点が生命線と重なっている:協調性を重視

頭脳線と生命線の始点が重なっているというケースがあります。このような方は協調性を重視する性格となっています。他人と協調をして物事を進めることを重視するのです。他人の意思を無視して自分勝手な行動を取ることはありません。ただし、他人の顔色を常に窺っているようなタイプとなっているため、ストレスを溜めてしまうかもしれません。

頭脳線の始点が生命線と離れている:自由を好む

頭脳線の始点と生命線の始点とが離れているというケースがあります。このような頭脳線を持っている方は、自由を好むタイプといえるでしょう。自由に行動をすることを望んでおり、他人から束縛されるのを嫌がります。そのため協調性のないタイプといえるでしょう。みんなで協力をして物事を進めることが苦手なのです。そのような仕事にはあまり向いていないでしょう。

頭脳線の始点が第一火星丘にある:気配り上手だが溜め込みがち

第一火星丘に頭脳線の始点が存在していることがあります。

頭脳線の始点が中指の下にある:想像力豊か

第一火星丘は親指側の木星丘の下で生命線の上部の内側あたりに位置しています。この領域に頭脳線の始点が位置しているとその人の想像力はとても豊かであることが分かります。そのため、たとえば仕事においてはアイデアマンとしてどんどん新しい発想でさまざまな提案ができるでしょう。職場では重宝される人材となるでしょう。どんどんいろいろな考えを思いつくことができるのです。新しいビジネスチャンスもつかみやすいでしょう。

頭脳線の終点からわかる性格・人物像

頭脳線には始点だけではなくて終点も存在しています。頭脳線がどの部分で終わっているのかによって、その人物の性格や人物像といったものを知ることができるのです。頭脳線の終点から分かることについて教えます。

頭脳線の終点が水星丘にある:社交的

小指の下の部分に水星丘と呼ばれる領域があります。もし頭脳線が水星丘の部分で終点となっているならば、その人はとても社交的な人物といえます。水星丘というのは商売の丘と呼ばれており、こちらはコミュニケーション能力を司っているのです。そのような部分に終点があるということは、その人は他人とコミュニケーションをとるのがとても上手いでしょう。どのような方ともすぐに仲良くなることができるのです。その能力は仕事でもとても役に立つでしょう。

頭脳線の終点が月丘の上にある:誰からも好かれる

小指側の下の部分にあるのが月丘です。こちらは手首のすぐ上の部分となっており、膨らんでいます。こちらに頭脳線の終点が達している方というのは、誰からも好かれるタイプの方が多いです。そのため、とても生きやすい性格をしています。どのような集団の中にいても、みんなから慕われやすいタイプとなっているからです。みんなに好かれながら生きていくことができるでしょう。

頭脳線の終点が月丘の下にある:ロマンチストな芸術肌

月丘の下の部分に頭脳線の終点がきていることがあります。このような頭脳線を持っている方はロマンチストなタイプであることが多いです。芸術肌の人間であり、芸術分野の仕事に適性があるでしょう。あまり普通のサラリーマンとしての生活は向いているとはいえません。それよりも自分の感性や創造力をどんどん活かしていくと良いでしょう。恋人との付き合い方についてはロマンチックな雰囲気を演出することを好むでしょう。

頭脳線の終点が第二火星丘にある:論理的

第二火星丘の部分に頭脳線の終点がきていることがあります。第二火星丘というのは水星丘と月丘の中間部分にあります。頭脳線が第二火星丘の方にまで伸びている方というのは、その人は論理的な性格であることが分かります。論理を重視しており、基本的にクールであり感情的になることは少ないでしょう。ただし、論理が矛盾しているようなことには拒否反応を示したり、否定してしまう傾向があります。そのため、論理的でない人と上手く付き合えない可能性があるでしょう。

まとめ

こちらでは手相占いで重要な頭脳線について解説してきました。こちらを参考にすることによって、あなたも頭脳線を自分で占えるようになるでしょう。自分の性格や人物像について知ってみたり、あなたの友達や好きな人の本当の性格や人物像を知るためにも役立ちます。手相占いをしてみたいならば、まずは頭脳線を押さえておきましょう。