【手相占い】知能線からわかるあなたの思考パターンや知性

知能線というものがあります。こちらからあなたがどのような思考パターンを持っているのか、どのような知性を有しているのかを知ることができるのです。こちらでは知能線について紹介しましょう。

知能線の場所と意味

知能線というのはどの場所に存在しているのでしょうか。また、どのような意味を持っているのでしょうか。知能線について解説しましょう。

知能線は親指と人差し指の間から伸びる線


知能線の場所は親指と人差し指の間から出ています。そこから伸びてきた線は手の平を横断したり、斜めに走ったりしています。人によって知能線がどのように出ているのかは異なっています。この知能線がどのくらいの長さなのか、どのくらいの太さなのかによって、その人の知性や思考パターンなどに影響します。

知能線が長い人は思考力が高い

もしあなたの知能線が長いのであれば、あなたは思考力が高いと言えるでしょう。知能線が薬指の下方まで超えているようであれば、それはかなり知能線が長いといえるのです。このような方はじっくりと物事を考えて、理屈で納得をしたがる傾向にあります。着実に物事を進めていくことができるでしょう。ただし、決断が遅くなってしまうことがあるため、その点については注意しなければいけません。

知能線が短い人は直観力が強い

知能線が短い人がいます。このようなタイプの方というのは直感力に優れているのが特徴となっています。あまり思考をするということがないのです。じっくりと考えるのではなくて、自分の直感に頼る傾向があるでしょう。直感力が優れているため、そのような行動の仕方でも問題ないのです。

知能線が太い人は頭が良い

知能線の太い人がいます。このような方は単純に頭の良い人が多いでしょう。太くてはっきりと知能線が出ているのです。こういう方はしっかりと頭を使うことができるでしょう。学校の勉強が得意だったり、会社でもすぐに新しいことを学ぶことができて、きちんと戦略的に物事を考えることができるでしょう。先を見通す力があり、どのような分野でも成功します。

知能線が細い人は神経質

知能線が細いという方がいます。このような方は神経質であることが多いでしょう。ちょっとしたことがすぐに気になってしますのです。それが欠点となってしまっています。感じやすい性格であり、少しでも自分に納得できないことがあると、それがいつまでも気になるのです。

知能線の種類


知能線にはいろいろな種類が存在しています。それは知能線の出方に種類分けされており、それぞれ意味が異なっているのです。こちらでは知能線にはどのような出方があり、それぞれどんな意味があるのかを紹介しましょう。

枝分かれしているのはマルチな才能を表す

知能線が途中で枝分かれしていることがあります。このような知能線を持っている方というのは、マルチな才能を発揮しやすいでしょう。多方面における才能を持っているのです。そのため、さまざまなことに挑戦してみましょう。一つの道に固執するのではなくて、いろいろな分野にチャレンジしてみることによって、それぞれの分野で大きな成功を収めることができるでしょう。とても器用なのです。

途中で線が切れているのはキレやすさを表す

もしあなたの知能線が途中で切れてしまっているならば、それはあなたのキレやすさをあらわしています。日常生活の中でどれくらいあなたがキレやすいのかを知ることができるでしょう。たとえば途切れ途切れに知能線が切れていることがあります。このような線を持っている方というのは短気なことが多いです。ちょっとしたことにすぐに腹を立ててしまいます。気が変わりやすい人です。

波状になっているのは要領の悪さを表す

知能線が波状に出ている場合があります。このような知能線を持っている方は要領が悪いでしょう。何をしたとしても、その要領の悪さのせいで失敗してしまう可能性があるのです。周りに迷惑をかけてしまう可能性もあるため注意しましょう。きちんと準備や計画をして行動しましょう。

途中で上を向いているのは冷静さを表す

知能線というのは普通手の平の下の方へ向かって下がっていっているものです。しかし、中には知能線が途中で上を向いているというケースもあります。このような珍しい知能線を持っている方は冷静な状態となっていることをあらわしています。常にどのような物事や出来事に対しても冷静でいられるのです。そのため、周りからも信頼されやすいでしょう。どのようなことが起きたとしてもしっかりと対処することができるのです。動揺してしまうということがほとんどないタイプです。

終点部分の上に線が1本あるのは前向きさを表す

知能線の終点部分に注目してみましょう。その上に線画1本ある場合にはあなたは前向きな性格であるといえます。あなたはどのようなことにも前向きに取り組むことができるでしょう。積極的にいろいろなことにチャレンジすることができるのです。もしトラブルに見舞われたとしても、それを切り抜けるための行動に出ることができます。そのため、周りからも信頼されやすいでしょう。

終点部分の下に線が1本あるのは消極的さを表す

もし知能線の終点部分の下に線が1本存在しているならば、その人は消極的な性格をしています。何事にも及び腰となってしまうのです。不安になってしまったり、面倒臭さを感じてしまうことがあります。そのため、誰かに引っ張ってもらわなければ、なかなか積極性を発揮することもできなくなっているのです。このような消極性について手相を見るだけで知ることができるのです。ネガティブな考え方をする傾向にあるため注意しましょう。

変わった知能線

驚き びっくり
知能線の中には変わった出方をしているものがあります。そのような知能線を持っている方にもさまざまな特徴があります。こちらでは変わった知能線の意味について紹介しましょう。

三股に分かれる場合は器用貧乏になりやすい

手相というのは線が途中で二股や三股に分かれてしまうことがあります。このような手相というのは珍しいです。特に三股というのはなかなか見かけることは少ないでしょう。知能線が三股になっているケースというのはとても珍しいのです。

このような手相を持っている方というのは器用貧乏になってしまう可能性があります。さまざまな分野に関する才能は持っています。どのようなことでも器用にこなすことができます。しかし、結局どの分野についても大成しないで終わってしまう可能性があるのです。それが器用貧乏というものです。興味や才能の幅が広がってしまっているために、それぞれの分野について中途半端になってしまう可能性があります。器用貧乏にならないように注意しましょう。

上向きと下向きの2本ある人は芸術センスがある

知能線を2本持っているという方がいます。この本がそれぞれ上向きと下向きになっているという形も存在します。このような手相を持っている方には芸術センスがあるとされています。芸術方面でどんどん才能を発揮していくことができるでしょう。

こういう知能線も珍しいとされています。このような知能線がある方は、芸術分野の仕事に挑戦してみましょう。そうすれば、思わぬ才能を発揮できるかもしれません。

横一直線に伸びているのは天下取りの手相

知能線が横一直線に伸びているというケースがあります。このような手相を持っている方は、天下取りの手相を持っていると考えられています。実際に天下を取れるような才能があるといえるのです。リーダーシップがあったり、知性を持っていたり、人望も厚いでしょう。天下を取るのにふさわしい性質が備わっているのです。

まとめ

ここまで知能線について紹介してきました。知能線を持っていたとしても、そのパターンはさまざまです。どのような知能線の出方をしているのかによって、あなたの思考パターンや知性の特徴は変わってくるでしょう。こちらを参考にして自分や周りの人達の知能線に注目してみましょう。意外な事実が分かるかもしれません。