【手相占い】手相の見方に関する基礎知識

多くの人が興味深く利用している手相占いですが、実際のところどのような方法で手相を見ているのでしょうか。実際に手相占いを信じるかどうかは人それぞれです。ここでは一般的な手相占いの方法というものをご紹介します。

手相はどっちの手を見るべき?

利き腕は現在の運勢

手相占いにおいてどちらの手の相を見るかというものは非常に大きな意味があるようです。占いと言うと将来のことを知りたいという願いの現れとも言えますが、現在の自分を客観的に見るために利用する人も少なくありません。手相占いでは利き腕を占うことによって現在の運勢を占うことができるとされています。

利き腕の反対は先天的な運勢

反対に利き腕ではない方の手相占う時には先天的な運勢を占うという意味があるようです。つまりもともと持って生まれたものを持って今後どのように生きていくかを手相占いによって判断するというわけです。

手相占いでは両手を見て総合的な判断をする

一般的に手相占いは二つの手を見て総合的に判断を下すことが多いようです。そのため考え方としては先天的に持っているものと現在の状況を比べながら運勢を占っていくという方法となります。手相そのものは変わっていくものですので占う時によってその結果が違うということも往々にしてあるでしょう。

手相を見る際の7つの主要な線

性格を表し恋愛や結婚にも影響する感情線

占いをする上で一番多くの人が気にかかるのが恋愛や結婚というものでしょう。いつ運命の人に出会えるのかというのは多くの女性にとっても男性にとっても興味のあることです。手相占いを100%信じてはいないとしても自分自身のそうした運勢をなんとなく気になってしまうということもあるでしょう。手相占いにおいてそうした運勢を占うために見るのが感情線と言われ相です。

細く感情線の特徴を挙げるときりがありませんが、このひとつの線を通して様々な恋愛や結婚に関する事柄を占います。その人の性格をよく表わす線ともされているためそれを踏まえた上で恋愛や結婚のアドバイスをもらうこともあるでしょう。

頭の良さや回転の速さに関係している知能線

また手相の中には知能線というものもあります。誰でも頭が良くなりたいと思ったり賢くなりたいと思うことがあるでしょう。手相占いとって知能線がどのような形をしているかということはそのような賢さに直結する事柄となっています。

生命力の強さに関係している生命線

また誰でも長生きをしたいと思うものです。出来る限り健康な状態で長く生きることができれば自分のやりたいこともたくさん行うことができるでしょう。手相占いの中では生命線とは出ている線がどのように出ているかによって、どれぐらい生きることはできるかその生命力の強さを占うことになります。

仕事や社会的な運勢に影響する運命線

さらに人生を楽しく生きていたり、充実したものにするために仕事や社会的な様々な立場について考えることもあるでしょう。そうした社会を渡り歩くために特に強い影響があるとされているのが運命線というものです。そうしたビジネス面での占いをする場合にはこのような線を中心に手相を見ていきます。

財産運に関係する財産線

また人生の目的を出来る限りたくさんの財産を手に入れることだと考える方もいらっしゃるでしょう。そのような方にとって手相占いにおける財産戦は重要な意味を持つかもしれません。人生中にどれほどの財産を持てるようになるのかといった点を占いたいと思う方は少なくないからです。

強運を招く太陽線


また人生においてどれぐらい運があるかによってその後の展開が大きく変わってくると考える方も少なくありません。そのような方は運気を向けるために様々なジンクスを守っていることもあるでしょう。手相占いにおいては太陽線ってバレる線をみることによってどれほどの運を招くことができるのかを図ることがあります。

結婚運を表す結婚線


恋愛や結婚については感情線というものについても占うことをご紹介しましたが、有明結婚というものに特化して占う場合には結婚線というものを見るようです。この線がどのような形をしているかによってどんな結婚ができるのかいつできるのかなど気になる点が占われます。

手のひらの丘も関係している

線と一緒に見る丘とは

 

手相と言うと手のひらを見るというイメージが強いかもしれませんが実は手のひらの丘も関係しています。丘というのはそれぞれに指の付け根の盛り上がってる部分のことです。この丘がどのような形をしているのかを見ることによって、さらに詳しく占うことができるとされています。

愛情や生命力を見る金星丘

まずは親指の付け根の金星丘と呼ばれる部分からは愛情や生命力を判断することはできるとされています。愛情や生命力は生きるうえでとても大切なものですし、そうした力が強いと一層幸せな人生を送ることができるようになるでしょう。そのように願う方は少なくないためこの部分での手相を気にされる方は少なくありません。

指導力や支配力を見る木星丘

会社の経営者や何らかのリーダーは指導力や支配力が求められます。自分のそうしたリーダーシップによってプロジェクトが成功することも失敗することもあるでしょう。手相占いを信じる方はそうした指導力などを司るのが木星丘つまり人差し指の付け根に注目します。そこで見られる特徴とその他の線との組み合わせによって自分自身の指導力は支配力を判断することはできるとされているのです。

地道さや忍耐力を見る土星丘

天才的な才能がなかったとしても地道に努力をすることによって結果として非常に大きな仕事を成し遂げる方も少なくありません。むしろそうした方は地道に何かをやり遂げる能力に秀でていたと言えるでしょう。人生において大きなことを成し遂げたいと思う方にとってそのような地味さや忍耐力は不可欠なものです。そのような方にとって手相占いにおける土星丘、つまり中指の付け根の形状やその他の線との兼ね合いはとても重要となります。

人気運や芸術性を見る太陽丘

また誰かに好かれたいと思う気持ちは誰にでもあるものです。芸能関係で成功したいと思う方にとって他の人からの人気や自分自身の芸術性はとても関心の高い問題となるでしょう。手相占いにおいては太陽丘と呼ばれる薬指の付け根の部分の形状と、その他の戦の組み合わせによってそのような芸術面での運勢を占うことになります。

金運や言語能力を見る水星丘

また誰でもお金を手に入れたいと思うものです。さらにはたくさんの外国語覚えて交友関係を広げたいと考える方も多いでしょう。そのような形の運勢を見る為に手相占いにおいては水星丘、つまり小指の付け根の形状とそれに関係する線の組み合わせを見ることになります。

創造力や直感力を見る月丘

また芸術性において特別でありたいと思う方や、人生において非常に直感を大切にする方にとって、そのような能力が備わっているのかどうかを判断したいと思う方は少なくありません。手相占いにおいては小指側の手首の上あたりの小高い丘のような部分の相を見てそのような能力があるのかどうか占うことになります。

闘争心や行動力を見る第一火星丘

当たる手相占いにおいて非常に細かく手の部位を分けているため、親指側の木星丘の下に位置する生命線上部の内側あたりのことを第一火星丘と呼びます。手相占いにおいてはこの第一火星丘のそうや形においてその人に備わっている闘争心や行動力を測ることができるとされています。

防衛心や忍耐力を見る第二火星丘

人生は攻めるだけではなかなかうまくいかないこともあります。時にはしっかりと自分自身を守ったり忍耐したりしなければいけないこともあるでしょう。手相占いにおいては第二火星丘と呼ばれる場所を見てそうした能力が備わっているかどうかを判断します。第二火星丘とは小指側の感情線の下生命線上部の内側あたりとされています。あまり手相占いに詳しくない人は自分の手を見ても非常に分かりにくいと言えるでしょう。

生活力を見る火星平原

人生を生きていく上で生活力は不可欠なものです。生活力がなければ好きな人と一緒に生きていくこともままならないことになるでしょう。また老後の心配なども常につきまとうことになります。手相占いにおいては火星平原と呼ばれる手のひらの真ん中のくぼみの部分を見てそうした生活力があるかどうかを占うことになります。

道徳心を見る火星平原の上部

 

火星平原と呼ばれる部分の中でもとりわけ上部は道徳心を司る部分とされています。道徳心がなければモラルのある生き方をするのは難しいと言えるでしょう。手相占いを信じる方の中でそのようなモラルを特に注意する方は自分の火星平原の上部がどのようなそうになっているのかを気にすることも少なくありません。

先祖や因縁を見る地丘


また、自分の先祖がどのような人達だったのか、今も何かしらの因縁が過去に起きた事柄と関係しているのかということを気にする方も少なくありません。手相占いにおいては地丘と呼ばれる部分を見ることによってそのような先祖との関係性を占うことがあります。地丘手首の真上あたりを指します。

手相を見るときに重要視される特殊紋とは

手のひらなどに現れるマークを特殊紋と呼ぶ

また手相占いにおいて手のひろに現れる何かしらのマークが重視されます。そのことを特殊紋と呼びます。不思議な紋、その人にしかないその人の特徴を表す事柄と認識されているのです。

特殊紋は同じ紋でも出ている場所によって意味が異なる

手相占いにおいて特殊紋と呼ばれる様々な形状がありますがどこに出ているかによっても運勢が変わるとされています。そのためある人が同じような模様を持っていたとしても、その人と模様の位置が変わる場合全く同じ運勢にはならないということです。

スターやフィッシュは大きな幸運が訪れる予兆


特殊紋の中でも、スターやフィッシュと呼ばれる模様はとりわけ大きな幸運が訪れる印ともされています。手相占いを信じている方の中ではこのような特別な形状をした模様が自分自身であれば非常に嬉しく思うことでしょう。

手の平の真ん中にあるほくろは福つかみと呼ばれている

さらに誰しも幸運をつかみ取りたいと願うものです。そのため手相においてもそうした運勢を占うことがあります。とりわけ手のひらの真ん中にほくろがある場合、特に幸運を掴みやすいとされています。

良い人生を送るために

手相は変化していく

ここまでで様々な手相の見方について言及してきました。手相占いを信じる方にとってはとても興味深い内容だったかもしれません。実際に自分の手を見てどの部分を手相として見るのかということを知りたいと思われる方もいるでしょう。しかしひとつ踏まえておきたいのは手相は時代とともに変化していくということです。そのため手相占いをする時期によってその結果を大きく変わってくるでしょう。また当然占う人によってもその線がどのように出ているのかその判断が異なることがあります。そのため誰に占ってもらうのかまたいつ占うのかによって自分自身の運勢の結果は大きく異なる可能性があります。場合によっては一週間2週間といった違いでも異なる結果が出ることがあるでしょう。そうなると本当のところはどこなのか混乱することも少なくありません。

凶の暗示を気にするよりも努力することに目を向ける

こうしたことを踏まえると何か手相を見てもらって悪い結果が出たとしても特に気にしすぎる必要はないと言えるでしょう。手相占いばかりに気を取られてしまうとできることもできなくなってしまうことも少なくありません。悪い結果出たからといって自分の人生がそれで終わってしまうとか、不幸が決定してしまうということでは全くないのです。逆に手相占いの中では非常に良い運勢が出たとしても、全く人生の中で悪いことが起こらないということでもないでしょう。しかも手相は刻々と変化するものです。そのため手相占いにあまり気を取られるのではなく、もっと大切な幸せのために自分自身ができる努力を行えるように意識していきましょう。そうすることによってより人生が前向きに動いて行き、自分の力で幸運を引き寄せることができるようにもなるでしょう。

まとめ

このように手相の見方には色々とルールがあります。どの部分を見るかによって占いたいことが変わってくるということもわかりました。しかしながらそうしたことは必ずしも人生を決定づけるものでは全くありません。そのため手相の結果がどうだからといって何か自分の人生に大きな影響を及ぼすようにはしない方が良いかもしれません。むしろそのような結果がどのようなものであったとしても、自分自身ができる努力を怠ってしまうと何も意味がありません。またしっかりと地道に努力を続けることによって自分の望む人生を歩める可能性が高まっていくことでしょう。手相占いに興味があったり、手相占いを信じてみたいと思われる方はこうした点も踏まえて冷静に考えていくことが必要です。