【夢占い】デートをする夢が示す未来とは?恋愛運との関係は

夢に関するメカニズムは完璧に把握されていませんが、科学では解明できない直感的なものが夢として出てくるのではないかと言う人もいます。今回はデートをする夢を見た時の意味などについて紹介します。

デートの夢が意味するもの:基本的な意味

好きな人が出来た時、恋人が出来た時、夢の中でデートをしていることはありませんか? 実は「デートをする」という夢にはちょっとした意味が含まれているのです。こちらでは、どのような意味を持つのかについて紹介します。

恋愛願望を表している

好きな人も恋人もいない時、誰かとデートをしている夢を見たら「恋愛がしたい」という願望を表しているといいます。例えば仲の良い友達に彼氏が出来た時、本人は何も感じていないと思っていても、深層心理の中では「羨ましい」という感情が出てきているのかもしれません。そういった感情が願望となり、夢の中で「恋愛願望がある」という意味のものを見させるのでしょう。

特に彼氏と別れてから長く経っている人は、寂しさなどからこういった夢を見る場合があるようです。恋愛願望があると自覚している場合は、合コンなど異性と出会えるものに積極的に参加していきましょう。

自己アピールをしたい気持ちの表れ

好きな人が出来た時にも、デートをする夢は見やすいと言われています。その夢が示す意味は「自己アピールをしたい」という気持ちの表れのようです。好きな人が出来た時、自分のことを見て欲しい、何か話すキッカケがあれば、と考える人もいるでしょう。

そういった思いの強さがデートをする夢を見させるのです。もしくは、好きな相手に対して臆病になっている時、自分自身が背中を押してくれている場合もあります。自分のことをよく知っているのは、自分だけです。表の自分が気づかないことを心の奥底にいる自分が分かっている場合もあるので、たまには夢に従って行動してみるのもいいのではないでしょうか。

不満や寂しさ

周囲が結婚をした時、恋人が出来たと報告を受けた時に夢の中でデートをしていたら「不満」や「寂しさ」を表していると言います。結婚への焦り、友人に先を越されたという不満、寂しさが夢を見させるのでしょう。

しかも、不安や寂しさで夢を見ている場合は本人に自覚がない場合がほとんどです。気づいた時には、うつ病になっていたりなどする場合もあるので注意してください。

デートの夢が意味するもの:良い意味

デートの夢はさまざまな意味を持ちます。こちらでは良い意味を持つ夢について紹介するので、自分が気づかないうちに良い夢を見ていないか確認してみましょう。

好きな人とデートする夢:この先も仲良く過ごしていける関係を示している

好きな人とデートをする夢を見た場合、この先も仲良く過ごしていける関係であることを示しています。ただ、ここで気を付けたいのが「仲良く」の意味が恋愛感情なのか、友情なのか区別がつきません。好きな人と悪い関係にはならないようですが、恋人にまで発展するかは夢を見ている人の頑張り次第と言えるでしょう。

ですが、お互いの関係が良いということは相手も少なからず夢を見ている本人に好意を寄せている場合が多いので恋人に発展する場合も多いようです。そのため、本人の頑張り次第で良い結果に恵まれる可能性が高いのです。

異性の友達とデートする夢:恋人ともっと関係を深めていきたいことを暗示

異性の友達とデートをする夢を見た場合「恋人ともっと関係を深めていきたい」という暗示があります。異性と仲良くすることで、恋人がヤキモチを焼いてくれるかどうかという意味もあるのでしょう。夢の中でそれをしてしまうということは、恋人との関係は良好だけど、恋人としての進展に不満があるという意味にも受け取れるようです。

知らない人とデートする夢:今の恋愛が充実していることを暗示

夢の中は、現実では怒りえないようなことも起こります。知らない人とデートをする夢も、現実ではありえないことのひとつです。知らない人とデートということで、恋人に不満を持っているのかとドキドキする人もいるかもしれませんが、これは今の恋愛が充実していること暗示しています。

良い夢というものは、基本的に夢の中の出来事とは逆になることもあるのです。お金に関する夢の場合、夢の中でお金を使ったり損をする方が現実では良いことがあると言われています。この夢に関してもそういった意味合いがあるのかもしれません。

デートで喧嘩する夢:夢に出た相手とますます関係が深まることを暗示

カップル マンネリ
デートをする夢を見たとしても、夢の中でケンカをしてしまう場合もあるでしょう。それは、夢の中に現れた相手と関係が深まることを暗示しています。ケンカするほど仲が良いという言葉もありますが、こちらでもその意味が使われているのかもしれません。

デートに誘われる夢:新しい恋の始まり・運気の上昇

カップル ハート

デートに誘われる夢を見た場合、新しい恋の始まりや運気の上昇を暗示している場合があります。そのため、この夢を見た時は少しだけ積極的になってみてはいかがでしょうか。もし、実践しようか悩んでいるものがあれば、ぜひ行動を起こしてみてはいかがでしょうか。

デート中にキスする夢:夢に出た相手ともっと親密になりたいと思っている

デート中にキスをする夢を見た場合、夢に出た相手ともっと親密になりたいと思っている心の表れです。自分では気づいていない想いを、夢を通じて知るという場合もあるようです。

デートの夢が意味するもの:悪い意味

こちらでは、デートの夢が「悪い意味」を持つものについて紹介します。これらの夢を見てしまった場合、何が原因なのかしっかりと心の中で整理することをオススメします。

デートで遅刻する夢:彼氏に会いたくないことを暗示

カップルの食事
デートで遅刻をする夢というのは、彼氏に会いたくないことを暗示しています。本来デートは楽しいもののはずですが、夢の中でさえ遅刻してしまうということは「会いたくない」という心理を表しています。原因が分からない時は、これから「会いたくない理由」が出来てしまう可能性があります。

デートの誘いを断る夢:人間関係があまり良くないことを暗示

夢の中でデートに誘われてそれを断ったことはありませんか? この夢が暗示しているのは人間関係があまり良くないこと、です。恋人や友人、職場の先輩や上司、さまざまな人と人間関係が崩れかけている可能性があります。改善出来る部分は早めに改善して、人間関係の修復に努めましょう。

デート中に相手がいなくなる夢:孤独な感情が芽生えている

デートをしているのに相手がいなくなる夢は、夢を見た本人が「孤独」を感じ始めている兆候です。恋人や友人とすれ違いを感じていることはありませんか? もしくは自分から遠ざけている人はいませんか? 悩みがあるなら、恋人や友人に相談をしましょう。

悩みを相談されるということで、恋人や友人も頼られていると嬉しくなる場合もあります。相手に迷惑をかけないように、とあえて遠ざけている人もいるかもしれませんが、孤独を感じるのか悪くなる前にしっかりと改善出来るようにしましょう。

デートに遅刻する夢:気の緩みで起こる不運な出来事を警告する夢

先述した「デートに遅刻する夢」ですが、もうひとつの暗示があります。それは気のゆるみで不運な出来事を警告している場合です。遅刻は気のゆるみから起こるものです。その気のゆるみが大きな不運を呼びよせている可能性があるので、しっかりと気を引き締めておきましょう。

まとめ

デートをする夢は、甘いもので良い意味ばかりだと思っている人もいたのではないでしょうか。しかし、その夢が意味するものは不運の警告だったり、深層心理内で孤独を感じたり、本人が危険な状態になる前に夢で知らせてくれているという場合があります。安易に「夢だから」と放置せずに、そういった夢を見た原因が何なのかを考えてみてはいかがでしょうか

関連記事

手を繋ぐ
手を繋ぐ夢にはどんな意味があるの?同性、左手、両手などいろいろな意味が!

プロポーズされる
プロポーズされる夢を見た!あなたの未来や心理状態