美容の資格10選!自分磨きから独立開業まで使えるものを紹介します

これから仕事で活躍したいと思って自分磨きをするのは大きな財産になっていくでしょう。プライベートの充実という意味でも、大きな価値を持ってきます。資格を取得するというのは、自分にとって大きな転換点になることは間違いありません。将来的な方向性も考えていくことができれば、独立開業ということも視野に入れることができるでしょう。そのためには、有効な資格を選び、取得も考えていく必要が出てきます。

美容系の資格は社会人になってからも取得しやすい

仕事に活かせる資格が豊富

美容系の資格は、非常に数が多く存在します。転職にまで使えるようなものもありますし、現在の仕事にプラスになるものもあるでしょう。その数が多いことで、自分にあったものを選べるところも重要です。美容系の資格の中には、独立開業に必要がないものも数多くあります。民間資格も多くなってはいますが、それだけに使い方次第では生かせるようになっているものがたくさんあるといえます。

学ぶことで自分磨きもできる美容系の資格

美容系の資格は、学ぶということにも意味が出てくるでしょう。さまざまな知識を身につけていくだけではなく、数多くの経験を積むことができるようになるからです。これが自分磨きにもなっていきますし、将来にプラスになっていきます。学ぶことによる経験というところも身についていくでしょう。美容系資格は取得するだけではなく、民間資格としてチャレンジしやすいことも自信になるところにメリットがあります。人間関係も作り上げられるようになることが、自分をどんどんと磨いていけるのです。

通信教育を利用できる資格も多い


美容系の資格のメリットのひとつとして、スクールだけが選択すではないところがあるでしょう。通信教育を利用することによって、仕事をしながらでも取得を考えていけるのは、大きなメリットになってきます。このメリットは大きく、さまざまな資格取得に影響してくるようになるでしょう。資格自体の数も多く、選択肢もどんどんと広がっていきます。複数の資格取得に関しても、通信教育であれば難しくありません。時間をうまく活用できるところも、重要になってくるでしょう。

おすすめの美容系の資格10選

ネイリスト技能検定

国際的に通用するネイリストを育成することを目的に作られた資格です。日本ネイリスト協会が主催していますが、1級から3級まで作られているため、自分の能力に合わせて取得を考えていくことができるでしょう。受験資格に制限はなく、だれでも受験できるところは大きいでしょう。ただし、上の級はステップアップしていかなければいけないためいきなり上級の取得はできません。

認定エステティシャン


エステティシャンを目指す場合、なにか決まった資格が設定されているわけではありません。公的な資格もありませんが、その代りに複数の民間資格があります。そのひとつにあげられますが、教育制度が充実しており、さまざまな資格の指針にもなっているのが特徴です。美容業界としてもよく知られている資格であり、衛生管理資格者としても活躍していくことができるでしょう。非常に多くのエステティシャンが取得を目指している資格といえます。それだけに、信頼性も高いといえるでしょう。

美容師免許

美容師になるためには、国家資格を取得しなければいけません。学科と実技に分かれており、美容師養成施設で教育を受けなければいけません。昼間過程だけではなく、夜間過程や通信課程も存在し、必要な学科を修めることによって受験することができるようになっています。他の資格とは異なり、かなり集中して学ばなければいけない部分があるでしょう。それだけに、30代をひとつのめどとして独立を描いていくのが通常の方針とも言われています。ある程度年齢が上がると、独立が難しくなる部分を持っているからです。

メイクアップ技術検定

メイクの技術は、さまざまなところに影響をしていくことになるでしょう。国際的にも通用するアーティスト育成というのも大切なこととなってきました。その資格として、スキルアップも目指しながら、新たな活躍の場も見つけていくことができるのが、メイクアップ議場検定です。一生の仕事として活用することができるようになりますし、自分磨きとしてもかなり有効な資格といえるでしょう。資格としても3段階あるため、自分の技量にあったものを選べるからです。

ビューティーアドバイザー

正式には資格ではないものの、化粧品の知識で活躍できるのがビューティーアドバイザーです。豊富な知識を生かしながら商品を販売していくことになりますが、それだけ幅広く知らなければいけないことが出てきます。サイクルの問題もあり、今の流行という部分にもアンテナを張り、理解も進めていかなければいけません。接客マナーとしても高いレベルを求められ、言葉の使い方ひとつから覚えていく必要があります。それだけの力をつけることができるのは、大きな財産となるでしょう。

化粧品検定

メイク
化粧品の知識を持ったスペシャリストになるのが、化粧品検定です。1級~3級が存在し、飛び級受験も可能です。受験者数も10万人を超えるほどの資格に成長しました。美容資格として非常に高い人気であり、法律なども含めて監修されていることから、非常に高いレベルの知識を体系的に学んでいくことになります。それだけ実務を意識したものであり、各業界で活躍できる人材になることができるでしょう。年齢も全く関係ありませんし、性別も問わないため、かなり幅広い資格内容ともなっています。

ダイエットアドバイザー資格

ダイエットは、だれもが一度は気にすることになるでしょう。この指導を具体的なかたちで学んでいき、資格として身につけられるのがダイエットアドバイザー資格です。健康的におこなっていくためにはどうしたらいいのか、運動とのバランス、筋力の必要性といったところから、意識療法といった改革的な部分まで学んでいきます。正しいダイエットとは何かを学んでいくことになりますが、日本肥満予防健康協会認定のスクールとして開講までできるようになっています。将来的にも有望な資格であるといえるでしょう。

ヨガインストラクター


ヨガに関する知識を身に着け、ポーズや呼吸法といったことを専門として学んでいくことになります。運動生理学といったことも知識として必要であり、ヨガスクールなどでも活躍できる指導もできるようになるでしょう。ヨガに関する魅力を伝える立場となり、楽しさも伝えていくことになるでしょう。資格を得ることによって、目的に合わせた指導ができるようになるため、インストラクターとしては、必須の資格といってもいいでしょう。健康目的だけではなく、美容も総合的に学んでいくことになります。

フードコーディネーター

食ということの重要性は、年々高まってきているといえるでしょう。その中で、フードコーディネーターは、多様化していく中で総合的な力を身につけていく資格になっています。商品の提案から始まり、食に関するコンサルタントやコーディネートもおこなっていくことができます。商品開発といったところでも力を発揮できるような資格で、フードビジネスという点では欠かすことができない部分といえるでしょう。これから先の時代を考えていくのであれば、大切な資格のひとつとなってきます。

アロマテラピー検定

アロマテラピーは、高い知名度を得るに至りました。周囲の人を楽しませるだけではなく、アロマに関する高い知識を得ていくことになるため、美容や健康維持といっためんまで深く学んでいくことになります。疲労回復といったことも目指していけるため、女性に人気があるだけではなく、アロマを使って開業もできるようになるといえるでしょう。将来的にもさまざまな方面に力を発揮できる資格となっていきます。

まとめ

将来的なことを考えても、資格取得は大きな意味を持ってくるでしょう。自分を磨き、新たな道も見付けられるようになっていきます。これからの人生の大きなヒントも得られるようになっていくことを考えると、資格を学ぶことは大きな意味を持つでしょう。