料理系のおすすめ資格10選!幅広い活躍ができる厳選資格

資格を取得することを考えるのであれば、仕事でもプライベートでも使えるものがいいでしょう。それも性別を問わず、年齢も幅広く使えるものであれば、なおのこと問題がありません。資格取得後にどういったメリットがあるのかも考えて、活動につながるものとしては、料理系の資格があげられます。日常生活の中で、食は重要な意味を持ってくるのですから、重要な意味のある資格となってくるでしょう。

料理系の資格が活かせる職場は豊富にある

専門的な知識を活かして食に関する企業で働ける

専門的な知識を必要にしている企業はいろいろとあります。その中には食に関する企業もいろいろとあるでしょう。生活に関わるだけではなく、生命という部分にも影響してくることになるため、資格取得に際してえられた専門的な知識は大きな武器になってきます。こうした企業の中には、専門的な資格がなければ働くことができない場合もあるでしょう。それほど知識は重要なものであることを考えれば、資格取得が有利な展開になってきます。

栄養管理や調理などで医療関係の職場でも働ける

栄養管理や調理といったことは、一般的な知識のレベルもありますが、医療関係の職場となればそうはいきません。高いレベルの知識と経験が求められることを考えると、資格を取得することは大きな意味が出てくるでしょう。資格取得をするということは、合格に必要となる知識は最低限持っているということになります。これが大きなメリットとして働いていくことになるのですから、医療関係の職場では大きな価値につながっていくものです。

独立して飲食店経営することもできる


飲食店を経営する場合、資格がなければいけない場面が出てきます。飲食店は、作ったものを食べていただくことになるのですから、知識は当たり前で、経験も伴っていかなければいけないでしょう。食の安全というところに直結していくことになるのですから、資格取得は当然といったところになります。それも活用できるレベルでなければいけません。

料理教室など講師としても働ける

趣味であった料理が仕事になるような典型例が、料理教室の講師です。高い知識だけではなく、発想力や接客、指導力といったところまで必要になります。トークもできなければいけませんが、資格取得から新たな道が開けてくるようになるのは間違いありません。高いレベルの料理教室になれば、非常に大きな収入も期待できるようになります。趣味のレベルではなく、事業として考えても、新たな道が開けてくるのは間違いありません。

専門的な知識を活かしてライターとしても働ける


食に関して言えば、作るだけではなく、情報として伝えることも重要です。食の情報を伝えるライターの仕事は、多くの知識が必要になってきます。その時に資格が肩書としてあるかどうかは、内容の信ぴょう性にもつながってくることになるでしょう。知識レベルとしてだけではなく、多くの経験も必要になってきますが、仕事としても大きな形になりやすい分野です。これまで食べ歩いて身につけた舌の記憶も役立つ方法といえるでしょう。

プライベートでも活きる料理系の資格

自分の健康を食事面からカバーできる

自分の健康を考えた場合、さまざまなポイントを抑えていかなければいけません。人間の体を考えた場合、食で支えられていることは間違いないところです。どんなに健康的な生活をしても、食が誤っていれば、健康な体を作ることができません。食の面からカバーできることは、資格取得によって大きな影響となってくるでしょう。これは自分だけのレベルではありません。家族全体の食という面から健康を意識していくことができるのは、大きな意味につながります。

子どもの食育や体作りにも活かせる

子供たちの健康は、大人が見てあげなければいけないでしょう。これは簡単なことではありません。さまざまな面からカバーしてあげることが必要であり、子供だからこそ気をつけていかなければいけないこともあるでしょう。食育という部分も重要なことになってくるのは、家庭で身につけさせてあげることが求められる部分だからです。身体もどんどんと成長していく中ですので、食に関する知識や経験、資格といったものが生きてくるのは間違いないでしょう。

食に関連する町おこしなどに携われる

食を通じた町おこしは、さまざまなところでおこなわれるようになりました。それも多くのところで成功してきているのですから、きっかけがあればおこないたいというところも多いでしょう。資格を持って活動していると、こうした町おこしも携わることが出てきます。資格取得は、簡単なようで、だれもができることではありません。専門として身につけてきた知識は、必ず役立っていきます。だれもが思っていてもできないようなことにチャレンジできるのですから、役立つ瞬間といえるでしょう。

料理系のおすすめ資格10選

調理師資格

料理系の資格の中でも、確実に仕事につながっていくのが調理師です。名称独占資格であり、有資格者以外は名乗れません。食生活の向上という意味でも重要な国家資格であり、食品の衛生管理といった点でも知識を持っていかなければいけません。幅広い活動ができるところが重要で、飲食店だけではなく、病院の調理場で働くときにも必須です。料理を提供する立場であり基本的な資格ともいえますが、2年以上の職歴が必要になるなど、条件がしっかりとしています。養成施設で1年以上専門的な知識を学んでくるというのも受験資格になってくるため、学校に通うというのも方法です。

栄養士資格

人間の体に職は欠かせない要素となりますが、だれもがその知識を持っているわけではありません。そこで、栄養士が知識を生かしながら指導していくことになります。都道府県知事から免許を受ける資格であり、専門の養成施設で学ばなければ受験することはできません。管理栄養士養成施設は4年制、栄養士養成施設は2年から4年とかなり長い期間で学ぶことになります。いかに専門的な知識を有しなければなることができないかがわかるでしょう。病院をはじめ学校や社員食堂など、働くところはかなりの数に及ぶでしょう。

食品安全検定

食は身体をつかさどるものであり、安全であって当たり前です。これを科学的な見地から解決していくのが、食品安全検定といえます。食文化を育てていくという面からも、安全であるということが重要であり、人材育成も急務といえました。そのため、まだ新しい資格ではありますが、これから先の時代を考えても、食の安全をつかさどる立場として、活躍の場が広がっていくのは間違いありません。さらに指導者としての立場を考えて、上級が設定されることになっています。

食品衛生責任者

飲食店などでは、必ず設置されていなければいけないのが、食品衛生責任者です。営業許可施設ごとに選任されていなければならず、保健所に届出をしていくことになります。必要不可欠な資格ですが、各都道府県がおこなっている後縦会で受講していけば、資格の取得は可能です。ただし、例外があり、栄養士や調理師など食にかかわる様々な所各取得によって、講習が免除されるところも、飲食系の資格の特徴といえます。国家資格でもあり、毎月実施されているため、受講しやすい資格ともいえるでしょう。

食生活アドバイザー


食生活は、なにも1食で終わるわけではありません。日々の食事というところで総合的に考えていかなければいけないでしょう。健康な生活を送っていくために、適切なアドバイスを送っていくことを目的として、アドバイスを送る資格が食生活アドバイザーです。スペシャリストとして活動できるように考えられており、栄養学だけではなく、衛生管理や食文化に至るまで、細かに学んでいくことがポイントになるでしょう。食の関心が高まってきている昨今、食生活アドバイザーの役割は大きなものになっていくことは間違いありません。

フードコーディネーター

現在の食文化は、どんどんと多様化してきています。多くの文化が入ってきただけではなく、食として一般化してきました。そこで総合的にコーディネートすることができるための人材育成が必要となったといえるでしょう。フードコーディネーターは、食品の提案開発だけではなく、レストランなどのプロデュースまでもおこなう幅広い業務を受け持つことができる資格です。日本フードコーディネーター協会が資格認定をおこなっており、2級と3級が存在しています。

スポーツフードスペシャリスト

スポーツ選手にとって、食は身体を作る大事な要素です。食生活と栄養のバランスを考えていかなければいけませんが、本物の知識と技術を身につけて、コンサルティングやアドバイスをおこなっていくのが、スポーツフードスペシャリストです。目的やコンディションに合わせた提案をする専門的な知識を身につけていきますが、仕事というだけではなく、自分や子供たちのためにも活躍できる資格といえるでしょう。非常に幅広い知識を身に着け、サプリメントなども正しい摂取方法が身に付きます。

野菜ソムリエ


野菜を摂取することは、健康な体作りには欠かすことができません。野菜や果実の栄養や種類だけではなく、保存方法などに至るまで知識を身につけていくのが野菜ソムリエです。家庭を対象にした部分と、新商品の提案、販売店での野菜の紹介や仕入れに至るまで、さまざまな活躍の場が広がってきました。級の設定ではなく、ジュニアマイスターから始まり、マイスター、シニアマイスターとランクアップできるようになっています。講座を受けて修了試験に合格することが必要です。

食育実践プランナー

食に関する知識から、健全な食生活を送るために一体何が必要なのか、アドバイスできるような人材となるのが、食育実践プランナーです。家庭内でも食育ということが必要になってきました。栄養というところでも、しっかりと意味をとらえていく必要があり、知識と調理の実践力、さらには指導力まで身につけることを目指しています。子供だけではなく、年配者に必要な栄養素、食事、配膳のマナーといったところまで、多くのことを学んでいくことになるでしょう。講習会の開催といったところまで活躍できるようになっていきます。

ベビーフードコンサルタント

幼児の時に必要な栄養は、成長ということを考えると非常に大きな意味を持ってくるでしょう。正しい食事を摂取していかなければいけない時期なのですから、マナーも含めて指導していく必要があります。ベビーフードコンサルタントは、広く指導もできるように考えられており、能力の向上も含めて考えていくことができる資格です。さまざまな活躍もできる資格ではありますが、なによりも自分のために取得を考える資格といってもいいでしょう。その後、活用の幅が広がっていくといえます。

まとめ

食に関する資格はさまざまなものがあります。活用の幅もどんどんと広げていくことができますが、なによりも自分や家族のためにも有効でしょう。そのうえで、仕事としての活用なども考えていくことができれば、大きな価値を持つようになっていくはずです。