食生活アドバイザーになりたい!資格取得のメリット・試験内容

だれもが食には、一定の興味があるでしょう。食生活は大事なことであり、さまざまな知識を持って対応していかなければいけません。自分自身の健康管理から始まり、家族や仲間の食に関する生活習慣病の予防などにも知識を発揮することができるでしょう。食に関するスペシャリストであり、資格としても大きな力を発揮することができます。

食生活アドバイザーとは?

食生活全般のスペシャリスト

食生活に関していえば、さまざまな知識を持っているのが食生活アドバイザーです。資格として多くの知識が必要ですが、これを活用していくことが食生活アドバイザーといえます。抽象的ですが、それだけ多くの範囲に及ぶ資格であり、全般的なスペシャリストになってくるところが特徴です。日本伝統の知識まで身につけていくことになります。マーケティングといった知識も合わせて活用していくことができるでしょう。

受験資格はないので興味があればOK

資格試験には、受験資格がつきものです。ですが、食生活アドバイザーには受験資格がないため、自分で知識に興味があり、自信を持っているのであれば受験することが可能です。年齢制限もないため、高校生でも受験することができるのですから、将来のことを考えて取得を考えていくのもいいでしょう。食文化や食習慣といったことも学んでいくことになるのですから、若いうちに取得するのは大きなメリットを生み出していくのは確かです。特に3級であれば、そこまでの難易度でもないため、受験する価値もあるでしょう。

資格の種類とその違いは?

2級と3級がありそれぞれ視点が違う

食生活アドバイザーの場合、3級と2級に分かれていますが、科目は共通しています。つまり、目指している仕上がり点は同じようなところにあるといえるでしょう。その内容の難易度の違いとなってきますが、3級で求められるのは消費者目線です。ところが、2級は食と提供者となってくるため、視点は大きく変わっていくことになるでしょう。まったく逆側の目線になっていくというところは、食生活アドバイザーの面白ところといえます。

2級はマークシート方式に筆記試験が加わる

マークシート方式が基本になってきますが、2級からは筆記試験がプラスされるところが重要なポイントになってくるでしょう。記述形式になりますが、非常に大きな違いになってくるのは、かなり正確な知識がなければいけないからです。さらに、言葉自体も覚えておかなければいけないため、難易度はかなり大きく差をつけていくことになるでしょう。高いレベルの知識を持って臨むことが重要です。

2級は回答選択肢に「該当なし」が増える

2級の難易度を引き上げているポイントとして、該当なしが回答に増えてくるところが重要です。該当なしがあるということは、それだけ正確な知識を身につけなければならず、まぐれで正解するようなことが確実に少なくなるといえるでしょう。相当な勉強も必要になってきますし、知識の正確性も高めていかなければいけません。レベルが大きく上がっていくことが、マークシート方式でもわかるはずです。

食生活アドバイザーはこんな人におすすめ

飲食店で働いている人

食生活アドバイザーは、非常に広い知識を身につけていくことになるでしょう。それも消費者側だけではなく、提供者側の視点ももてるようになっていきます。そこで、飲食店で働いている人であれば、メニューやレシピの助言といったことができるようになっていきます。衛生管理といった面のアドバイスもできますが、経営の知識も持てば、店舗運営に関する助言もできることになるのですから、大きな力になる存在といえるでしょう。

最近身体の調子が気になる人

健康という面では、自分の体もあるでしょう。食を考えてみた時に、消費者として、本当に正しい選択をしてきているのか、管理もできているのか考えてみなければいけません。特に最近調子を崩しているといったときにも、食生活は大きな意味を持ってきます。より豊かな生活環境を得ていくことを考えても、食生活アドバイザーの資格は大きな力になってくるでしょう。

家族の健康のために食の知識を活かしたい人


自分の健康だけではなく、家族の健康というのも生活の上で重要になってくるでしょう。さまざまな問題点が出てくるようになりますが、食は大きなカギを握っていくことになります。知識を持って臨むことは、プラスになることはあっても、マイナスはありません。食生活アドバイザーの3級の視点である消費者というところは、家族にも大きな力になるはずです。

家族の介護や医療のシーンで活用したい人

家族の生活といったところでは、食は重要な意味を持ちますが、介護や医療ということを考えても、大きな助けになってくるでしょう。食によって家族を支えていくことができるようになっていきますし、それだけの知識も身につけなければ資格取得はできません。これまで考えてもいなかったようなところから、家族をサポートできるようになっていくのですから、大きな役割を持っているでしょう。

食の知識を食育の分野で活かしたい人

食育ということは、多くの場面で語られるようになりました。食を学ぶというだけではなく、小さなころから育んでいくことは、価値を大きなものとしていきます。発育期にある子供たちにとって、食ということが、いかに大切なものなのかを教えていくことも必要になるでしょう。食事を楽しむといったマナーも教えていくことができるのですから、食生活アドバイザーの資格でサポートもできるようになっていきます。

今の食に関する知識をもっと広げたい人

食に対する知識は、いろいろとあっても損をすることなどありません。知識は自分を助けてくれるようになりますし、他にも役立つ場面が出てくるようになるでしょう。重要なポイントになってきますが、これがさまざまな場面で役立っていくことも間違いありません。食事を楽しむといったこともできますし、知識を生かしながら仕事につなげていくこともできるでしょう。知的欲求という部分でも、食生活アドバイザーの資格は役立っていくはずです。

食生活アドバイザー資格取得のメリット

便秘 食事

取得をすすめる大企業もある

食生活アドバイザーは、さまざまな仕事との組み合わせによって役立っていくのは確かです。多くの知識が必要にもなってきますが、大企業の中には取得を進めているところも数多くみられるようになりました。スーパーやデパートのような販売店であっても、食品に対する知識が必要ですし、医療や福祉の現場でも役立つことになるでしょう。自分自身の健康ということでも役立つことになるのですから、健康を重視している企業としては、大切な資格になるのは間違いありません。

幅広い業界で求められている

食生活アドバイザーというと、どうしても食品に関する知識ばかりととらえられがちです。ですが、資格として生かすことを考えると、非常に広い業界で役立っていくことは確かでしょう。調理師と組み合わせていくことは、ビジネスとして重要な展開ですし、店舗経営に役立っていきます。栄養士も同じような展開ができるでしょう。マーケティングといったところでは、販売士との組み合わせも重要であり、店づくりや展開にも役立てることが可能です。アスレチックトレーナーなどと組み合わせれば、トレーニングやリハビリといった状況でも、食によってサポートができるようになっていきます。

学んだ食の教養はプライベートにも仕事にも活かせる

仕事に関することばかりではないのが、食生活アドバイザーのメリットになるでしょう。プライベートで考えれば、食事をしない取ったことはありえないでしょう。健康ということを考えても食は重要な意味を持ちます。食生活アドバイザーの資格を取得し、知識を深めていくというのは、大きな役に立っていくことは間違いありません。自分の健康を維持しながら仕事をしていければ、それだけ仕事の効率も上がっていくことになります。健康でなければ、生活も健全ではないのですから、食の教養は大きな役に立つのです。

日々の暮らしに直結する食生活の知識が得られる

日々の暮らしを考えても、食生活は大切になってきます。知識を持っていることで、対処できる範囲は格段に広がるはずです。逆に知識がなければ、そこまでの範囲にはなっていかないのですから、食生活アドバイザーの資格取得は自分のためにもなっていくでしょう。これが家族の健康などにも影響を及ぼすことを考えた時に、資格は取得しておいてよかったと感じるはずです。

食生活アドバイザーの試験

出題科目と試験内容

出題科目は、どちらの級も同じです。ですが、レベルが違うと考えておくといいでしょう。科目としては、栄養と健康では、栄養・病気予防・ダイエット・運動・休養などに関する知識が必要になってきます。食文化と食習慣は、行事食・旬・マナー・配膳・調理・献立といった範囲であり、日本人としてだけではなく、広い知識が必要です。

食品学は、食材・加工食品・有機食品・食品表示・安全性・環境問題であり、衛生管理は食中毒・衛生管理・予防・食品化学などかなり専門的な知識分野といえます。普段の生活で覚えられるものというよりも、専門的な知識を得るために学んでいかなければいけないといえます。

最も違った分野になってくるのは、食マーケットになるでしょう。流通・物流・外食・メニューメイキング・食品販売などといった分野であり、販売士などに近い内容となってきます。社会生活も同様で、日常生活で学ぶよりも、専門性の高い消費経済・生活環境・消費者問題・IT社会・関連法規といった範囲が出題されることになるのです。専門的に学んでいかなければ、見につくことはないでしょう。

出題形式

出題形式は、2級3級ともマークシート方式があります。2級には、記述式の筆記問題があり、出題レベルに大きな差をつけているといえるでしょう。マークシート方式も、2級になってくると、該当なしが増えるなど、難易度は大きく変わっていきます。

試験時間と問題数

試験時間は、3級、2級ともに90分です。3級の時には余裕がありますが、2級はかなりぎりぎりになってしまうことが予想されます。それも3級で5択50問であり、2級は6択の42問に対して記述式が13問あるところが大きな違いといえるでしょう。出題難易度の違いもありますが、問題数でも大きな違いが出てきているため、難易度は大幅に異なります。

合格基準と合格率

合格ラインは、合計点数の60%以上です。3級であれば、問題数のうち30問正解できれば合格できるといえるでしょう。2級の場合には、マークシート方式は74点を取得しなければいけません。これは、全問正解で123点となるためです。配点から考えていくと、記述式は1問3点となってくることから、相当な比重になっていることがわかります。マークシート方式を全問正解すると84点になることから、37問正解できれば、記述式に頼ることなく合格もできます。

合格率は、3級が65%であり2級が35%というのが、公式発表による平均値といえるでしょう。3級はしっかりとした知識を身につけていけば、そこまで難易度は高くありません。ですが、2級は非常に難易度が跳ね上がり、低い時では18%程度まで落ちた時もあります。相当な準備もして臨まなければ、合格はできないレベルになるでしょう。

2018年の試験日程と会場


2018年の試験日程は、7月12日(木)~9月28日(金)が願書請求期間で10月12日(金)が締め切りです。注意点は受験料金払込期間が9月3日(月)~10月12日(金)に設定されているところでしょう。受験票は11月15日(木)到着予定で発送されます。札幌、仙台、さいたま、千葉、東京、横浜、新潟、金沢、静岡、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡と日本各地のさまざまなところが会場になっているため、選択しやすいでしょう。

願書取得の方法

願書請求期間中に一般社団法人 FLAネットワーク協会のHPにある請求フォームから申し込みを掛けることができます。その後、願書提出期間中に提出することが必要です。

受験料

受験料は3級 4,700円で2級 7,300円です。3級・2級の併願もすることが可能であり、12,000円で受験が可能です。

食生活アドバイザーを独学で勉強するコツ

公式テキストで勉強する

独学で勉強する場合、どんな問題が出てくるのか、手掛かりがなければいけません。食生活アドバイザーの公式テキストが存在するため、これを利用して勉強するのが一般的な方法となるでしょう。公式テキストを利用することができれば、方向性としても正しいかたちで学んでいくことができます。

過去問題集をこなす

願書を請求すると、過去問題集の請求書を手にすることができます。この過去問を使うと、出題形式になれることができるようになりますし、答えの書き方など方向性も見えてくるようになるでしょう。過去問があれば、傾向も見えてくるようになるため、公式テキストと合わせることで答えが見えてくるようになります。

暗記カードを作って繰り返し覚える

正確な知識を身につける必要が出てくるため、暗記カードを使うというのも方法です。文房具店などに売っている古典的な方法ですが、正確な知識にはぴったりの方法といえるでしょう。

まとめ

食生活アドバイザーは、多くの知識が必要になりますが、試験形式などを理解することによって、難易度も大幅に下げられるようになるでしょう。取得することで、日常生活にもメリットが生まれてくるのですから、食という分野に興味があるのであれば、取得を考えてみるべきです。