温厚な人になりたい!人望のある人の7つの共通点

温厚な人を怒らせると怖い、という言葉を聞いたことがあると思います。ですが「温厚な人」とは、一体どのような人を指すのでしょうか。今回は温厚な人の特徴や共通点などについて紹介します。

温厚な人ってどんな人?


温厚な人=怒らない人、というイメージがありますがそれだけではありません。では、どんな人が「温厚な人」と呼ばれているのでしょうか? こちらでは、主に温厚な人の特徴について紹介します。

周りの人から一目置かれた存在

温厚な人とは、周囲から一目置かれた存在のことを指します。広い視野を持ち、問題が発生しないように色々としてくれる人のことです。頼りになる人と言っても過言ではありません。一般的な「温厚な人」との印象は異なるかもしれませんが、周囲に対して配慮が出来る人を「温厚な人」と呼ぶようです。

いつでもスマイル!気分が安定している


いつでもニコニコと笑顔を見せてくれる人は、見ていて気分がいいと感じる人もいるでしょう。作った笑顔ではなく、普段から心からの笑顔を見せている人を「温厚な人」と呼ぶことがあります。些細なことで気分が変動せず、常に安定している人です。気分を安定させるということはなかなか難しいものです。そういったことが出来る人だからこそ、周囲から頼られる「温厚な人」と呼ばれるのでしょう。

人望があって皆から好かれている

温厚な人の特徴として、人望があって皆から好かれているというものがあります。ただ優しいだけではなく、間違いを正す厳しさも持っているからこそ周囲から信用されます。温厚な人が持つ特徴は、やろうと狙って出来ることではありません。性格、育ってきた環境、そういったものが糧となって「温厚な人」を生み出すのです。

温厚な人と言われる人の共通点


こちらでは温厚な人と言われる人の共通点を紹介します。一言に温厚な人と言っても、さまざまな共通点があるようです。温厚な人を目指している人は、この共通点を意識してみてはいかがでしょうか。狙って出来ることではないと先述しましたが、共通点を自分の中に吸収することは可能です。

気遣いと気配りを大切にする


温厚な人の共通点として、周囲への気遣いと気配りが出来るというものがあります。広い視野を持っているため、困っている人に対して的確な行動をすることが出来るのです。そのため、仕事とプライベート問わずに頼られることも多いでしょう。

しかし、気遣いと気配りが出来るということはやりすぎると「おせっかい」になってしまう場合があります。そのため、なんでも引き受けずに本当に困っている人のみ気配りなどをするようにしましょう。

細かいことは気にしない

温厚な人は良い意味で細かいことは気にしないタイプが多い傾向にあります。嫌なことがあっても、それを顔に出すこともなく、気持ちの切り替えが上手いのです。嫌味などを言われても、上手く聞き流せる人が多いのでトラブルになることもありません。

話し上手

話し上手な人は温厚な人の傾向があります。話し上手ということは、相手を傷つけないよう、不快にさせないように頭の回転が速く言葉選びも上手ということです。

聞き上手

話し上手な人が温厚な人の特徴と紹介しましたが、聞き上手な人もその傾向はあります。話を聞くというのは簡単なことに思えますが、意外と難しいものです。相槌、返事、そのどちらも間違うと話している相手を不快にさせてしまうことになります。相槌の打ち方なども絶妙なタイミングで行えるので、温厚な人は基本的に聞き上手な人がほとんどです。

人の悪口を言わない


温厚な人は優しい人というイメージもあるように、人の悪口を言わないという共通点があります。温厚な人は悪口を言うことを嫌う傾向があるからです。

そして、自分の行いがいつか自分に返ってくると考えているので、自分が悪口を言われないためにも人の悪口を言うことがありません。そもそも悪口を言うような差別的な感情を持たないようにしていると言った方が正しいかもしれません。

あわせて読みたい

悪口を言わない人の共通点10個!悪口を言わなくなる方法も紹介します

続きを読む

面倒見がよい

温厚な人は面倒見が良い傾向はあります。先述した気遣いと気配りに似ています。困っている人は放っておけない性格の人が多いので、仕事が終わらずに困っている人などを見かけたら率先して手伝ってしまう人もいるようです。

ポジティブな性格

温厚な人は比較的ポジティブな性格の人が多いと言われています。明るくて前向きな性格だからこそ、周囲にも気配りなどが出来るのでしょう。自分の心に余裕がないと前向き、ポジティブな性格にはなれません。

温厚な人の良い習慣


こちらでは、温厚な人の良い習慣について紹介します。どのような習慣を過ごすことで温厚な人になれるのでしょうか。意外と「そんなことで?」と思うようなことが多くありました。

規則正しい生活だから精神的に安定している

温厚な人は規則正しい生活を過ごしています。そのため、精神的に安定していると言えるのです。不規則な生活をしている人はストレスや疲労で追い詰められて、安定した精神を持てないことがほとんどです。

温厚な人=優しい人ではなく、気持ちに余裕がある人という認識もあります。余裕があるからこそ、嫌味を言われても聞き流せる強さが出てくるのです。それは規則正しい生活によって生み出されていると言っても過言ではありません。規則正しい生活は健康面ではなく、精神的な部分にも大きな影響を与えてくれるようです。

人付き合いが良い

人の心が分かるようになるためには、さまざまな人と付き合うことが大切です。いろいろな人と付き合うことで「この人はこういうタイプなのか」ということが分かります。人との付き合い方を経験していくと言った方が正しいかもしれません。

温厚な人は些細な人付き合いからも、さまざまなことを学び取ります。そのため、特定の人だけではなく初対面の人とでも上手い接し方が出来るようになるのです。

仕事もプライベートも充実しているから余裕がある


仕事もプライベートも充実している人は、心に余裕が出てきます。余裕が出てくるということは、人に優しく出来るということです。温厚な人は仕事もプライベートも充実している傾向があるようです。

人と上手く接するためには、やはり自分自身に余裕がないと良い人間関係は築けません。その点、温厚な人は余裕があるため、ちょっとした嫌なことも見逃せるほどのゆとりがあります。逆に余裕がない人の場合は「そんなことで怒らなくても」と思われるほど、怒りの沸点が低いようです。

怒りっぽい人と付き合いたいとは思わないため、余裕がない人の周囲には人が集まりません。相手が温厚な人かどうかを確かめるためには周囲からの信頼、友人が多いかも見てみましょう。

人生経験が豊富で多少のことに動じない

若い人の場合、人生経験が豊富な人はあまりいません。しかし、20代後半~30代は自分が今まで生きてきた人生によって立ち位置が大きく変わります。若い世代の時に苦労をしていた人は、人生経験豊富なため、基本的に多少のことでは動じないようです。

その理由として、さまざまな経験から「焦っても何も解決しない」ということをしっかり分かっているからです。焦るよりも落ち着いて解決策を見出すという方法を既に知っているため、多少のことでは動じません。

まとめ

温厚な人と言っても、さまざまなタイプがいるようです。温厚な人で検索すると「怒らせると怖い人」という言葉も出てきます。普段あまり怒ることがない人が怒る、周囲にとって一番怖いことと言っても過言ではありません。逆を言えば温厚な人を怒らせた場合、それほどのことをしているのだと覚えておきましょう。温厚な人になりたいと考えている人は、まず自分の環境を正すことから始めましょう。周囲から嫌なことを言われても聞き流せる強さを持つことが最低条件とも言えます。