指輪

憧れのカルティエの婚約指輪!人気の高いシリーズも紹介します

カルティエと言えば、女性が憧れるハイブランドのひとつです。高級なジュエリーを扱っているため、なかなか手が出ない人もいるでしょう。しかし長く使えることで値段が高くても決して損をしないブランドとしても有名です。今回はカルティエの婚約指輪について紹介します。

カルティエはどんなブランド?

出典:instagram.com

?hl=ja&taken-by=cartier

カルティエはフランスのジュエリーブランドです。高級時計ブランドとしても有名ですが、女性としてはジュエリーブランドという認識の方が強い傾向にあります。エドワード7世に「王の宝石商、宝石商の王」とまで言わせた名門ブランドです。日本では「カルティエ」ではなく「カルチェ」という発音で親しまれていましたが、現在は「カルティエ」に統合されています。

歴史あるジュエリーブランド

出典:instagram.com

?hl=ja&taken-by=cartier
カルティエの始まりは1847年にジュエリー工房を受け継いだことから始まっています。初めてのブティックを構えたのは1853年であり、この時は個人顧客をメインとしていたようです。

しかし、1859年にパリ2区に移転した年、フランスのウジェニー皇后が顧客となったことで一気に大ブレイクしたとも言われています。

シンプルなもの、ゴージャスなもの、多くの女性の心を惹きつけるデザインのものが多いため、今までずっと愛されてきたジュエリーブランドなのです。

世界5大ジュエラーに数えられる

カルティエは世界5大ジュエラーのひとつとして数えられています。他の4つはティファニー、ブルガリ、ヴァンクリーフ&アーペル、ハリーウィンストンです。どのジュエリーブランドの名前も聞き覚えのあるものばかりです。

名だたるジュエリーブランドということで、婚約指輪や結婚指輪にカルティエのものを選ぶ人も少なくありません。金額こそ高額になりますが、それだけ長く使えるので決して損のない指輪ばかりだからです。

著名人も婚約指輪を購入

カルティエの婚約指輪と言えば、著名人も購入していることで有名です。お笑いトリオのジャングルポケット・太田博久さん、近藤千尋さん夫妻がカルティエの婚約指輪を渡していると言われています。セミオーダー式のもので100万円の指輪だったそうで、かなりの高級婚約指輪であることが分かります。

ちなみに離婚されていますが、安室奈美恵さんとSAMさんの結婚指輪がカルティエだったそうです。益若つばささんと梅田直樹さんの結婚指輪もカルティエだったので、著名人の多くがカルティエを選んでいるという事実があります。

厳選されたダイヤモンド

出典:instagram.com

?tagged=%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

カルティエのダイヤモンドは厳選されていることで有名です。アメリカ宝石学会によって評価された4Cの中でも最高級グレードのダイヤモンドが選ばれているのです。しかも、カルティエに所属しているダイヤモンドエキスパートによって厳選されているので、最高級の更に上を行くダイヤモンドばかりです。

お値段の相場は50万~100万円

カルティエの婚約指輪で気になるのが値段の相場です。デザインなどによって異なりますが、50万円~100万円が相場だと言われています。もちろん、これ以下の金額のものもあるので、カルティエの店舗に赴き、ショップスタッフといろいろ話し合って見るのもいいでしょう。

豊富なシリーズがあるのでデザインが選びやすい

カルティエの指輪と言えば、豊富なシリーズがあることでも有名です。シリーズによってデザインも異なってくるため、気に入ったデザインを探すのもワクワクするのではないでしょうか。

人気のシリーズなどは店頭でも注文しづらかったりする傾向があるので、婚約指輪や結婚指輪で考えている場合、早めに購入・予約することを考えておきましょう。

人気の高いバレリーナシリーズ

こちらでは、カルティエの中でも人気の高いバレリーナシリーズについて紹介します。

バレリーナ ソリテール プラチナ、 ダイヤモンド

出典:instagram.com

?tagged=%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A

バレリーナシリーズは基本的にシンプルなデザインです。シルバーのリングに一粒ダイヤがキラリと輝いているので、婚約指輪として贈られることが多いようです。光にかざせばシルバーのリングとダイヤモンドの輝きがマッチして、これ以上ない美しさを醸し出します。

バレリーナ ソリテール ピンクゴールド、ダイヤモンド

出典:instagram.com

?tagged=%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A

先述した2つのバレリーナシリーズはシルバーでしたが、こちらはピンクゴールドタイプです。こちらのピンクゴールドは女性らしさを際立たせてくれるため、多くの人に愛用されています。良い意味で失敗のないシリーズなので、婚約指輪をカルティエに決めた人は、必ずと言っていいほどピンクゴールドタイプのバレリーナシリーズを候補に挙げるようです。

ゴージャスなカルティエデスティネシリーズ

バレリーナシリーズが上品なシンプルさが特徴だとすれば、デスティネシリーズはゴージャスさを前面に出したシリーズです。

デスティネシリーズの特徴と言ってもいいのが、エレガントさとゴージャス感です。バレリーナシリーズはリングもダイヤモンドもシンプルなものでしたが、デスティネシリーズはリングのデザインもダイヤモンドもその存在感を主張するものになっています。

カルティエ デスティネ ソリテール プラチナ、 ダイヤモンド

出典:instagram.com

?hl=ja&tagged=%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%8D

どっしりとした存在感があるデスティネシリーズのリングは、婚約指輪として贈られることが多いです。きらきらとまばゆいダイヤモンドは女性の心をくすぐるものとなっています。婚約指輪は結婚後に身に着けない人も多いのですが、デスティネシリーズは普段使いも出来るデザインとなっているため、結婚後も積極的に使用する人が多い傾向にあります。

カルティエ デスティネ リング プラチナ、 ダイヤモンド

大きなダイヤモンドを小さなダイヤモンドが囲むデザインになっているのがデスティネシリーズです。重厚感たっぷりでありながら、ダイヤモンドの優しい輝きは見るものの心を癒してくれます。婚約というふたりの新しい門出を約束するのにぴったりなリングと言えるでしょう。

歴史を超えて愛されるソリテール1895シリーズ

ソリテール1895シリーズはカルティエのリングの中でも王道と言われるものです。4本爪でダイヤモンドがセットされて、その輝きを強調するデザインがソリテール1895です。こちらでは、ソリテール1895シリーズで評判の良いリングについて紹介します。

1895 ソリテール リング プラチナ・ダイヤモンド

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

ソリテール1895は、1985年以来受け継がれてきた名品です。他のジュエリーブランドでは味わえない完璧なプロポーションは見る人を魅了してやみません。中でもシルバーで統一されたプラチナ・ダイヤモンドのリングは多くの愛用者がいます。

カルティエのリングは失敗することがないと言われるほど優秀なものばかりですが、どれを贈ればいいのか分からない時はソリテール1895シリーズがおすすめです。良い意味でシンプルながら、人を選ばないデザインなのでどんな人にも似合います。

1895 ソリテール リング プラチナ・ ダイヤモンド

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

ソリテール1895シリーズは、他のカルティエリングに比べて買い求めやすい特徴があります。もちろんダイヤモンドのカラット数によって費用は変動します。しかし、1粒ダイヤモンドがセットされたシンプルながらも上品なデザインのリングを気に入ってくれる人は多いでしょう。女性にとっても、カルティエのリングを婚約指輪として贈られるのは喜ぶ人がほとんどです。

1895 ソリテール リング イエローゴールド・ダイヤモンド

出典:instagram.com

?tagged=%E3%82%BD%E3%83%AA%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%AB1895

イエローゴールドのソリテール1895シリーズです。リングの部分がシルバーではなく、イエローゴールドになっているため、シンプルさの中にもエレガントさが加えられています。カルティエのリングは高級すぎて手が出ないと感じている人もいるかもしれません。

しかし、イエローゴールドのソリテール1895は30万円台で購入出来るものもあります。もちろん、相庭はその年によって変わってくるので変動はあります。しかし、比較的買い求めやすい金額でカルティエのリングを購入することも出来るのだと覚えておきましょう。

ハイジュエリー 1895 ウェディング リング プラチナ・ダイヤモンド

出典:instagram.com

?hl=ja&tagged=%E3%82%BD%E3%83%AA%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%AB1895

1895シリーズでも、ハイジュエリー1895ウェディングリングというものがあります。他のリングと異なり、ダイヤモンドがスクエアになっています。リングはシルバーで上品さがあるのですが、スクエア状のダイヤモンドが透明感やエレガントさを加えてくれます。

1粒ダイヤモンドのカルティエリングは、昔から伝わっている唯一無二の存在と言っても過言ではありません。伝統的なデザインだからこそ、長く、そして多くの人に愛されているのでしょう。

まとめ

婚約指輪に悩んでいる場合、カルティエにしてみてはいかがでしょうか。女性側も婚約が本決まりで指輪選びが難航しているのであれば、リクエストを出してもいいかもしれません。男性はジュエリーに疎い人もいますので、リクエストを貰った方が指輪選びもスムーズに行えると言う人が多いのです。婚約指輪は女性にとって憧れでもあるので、納得出来るものを選ぶようにしましょう。