【夢占い】ペットが夢に出てきた!これはなにかのメッセージ?

自分の人生においての大きな癒やしとなってくれますしパートナーとしても非序に大きな意味を持つペットですが、夢の中でもかなりの存在感を示すことが多く、起きた後にもインパクトの強さからそのペットが何をしたのかまではっきりと覚えていることがあります。しかし、夢の中で登場するペットは大きな意味を持っていますので、そのまま放置するのは得策ではありません。今回は、夢の中に登場するペットの意味について詳しく解説いたします。

夢占いでペットが意味するものとは


夢占いにおけるペットとはかなり大きな意味を持っています。まずは夢の中でペットが現れると言うこと自体がどのような意味を持っているのか、おおざっぱに紹介いたします。

愛情の象徴

基本的に可愛いペットが登場する夢というのは、保護すべき誰かをどうにかしたいという夢か、自分自身を愛してもらいたいという気持ちの表れとなります。つまり、誰かを愛したいとうときや誰かに愛されたいというときに登場するということです。寂しい気持ちが強すぎることでペットの夢を見ているという方は間違いなく愛に飢えていると言えます。また、ペットの赤ちゃんを可愛がる夢を見ている場合は自分自身の母性本能が非常に高まっているというサインでもあり、愛するべき子供が欲しいというサインにもなります。

誰かに愛されたい欲求

ペットが夢の中で登場してひたすら可愛がっている場合は、とにかく人恋しい状態になっていることが多く、誰かを愛するよりも今可愛がっているペットのように自分も可愛がってもらいたいという気持ちが高まっていることのサインである可能性があります。

ペットからのメッセージ

ただし、ここで登場するペットが自分が飼っているペットやすでに死別していて飼っていたペットだった場合は、何らかのメッセージが込められていることがありますので絶対に無視してはいけません。どのような様子だったのかを思い返して、必要な場合は様子を見に行くようにしましょう。

夢にペットが出てきた意味:自分の行動パターン

それでは夢に出てきたペットが何を意味するのか、自分自身がそのペットに対して行った行動からまずは判断していきましょう。

ペットを飼う(現実では飼っていない):誰かに愛情を注ぎたいと思っている

現実ではペットを飼っていないのに、何らかのペットを飼う夢を見ている場合は、自分自身が孤独感を強く感じていて、人と人とのつながりを求めているというサインになります。仕事上での付き合いは大量にあるかもしれませんが、その中でも自分の理解者がいないと感じて生きているような人たちがよく見る夢となっているのです。とにかく孤立している現状をどうにかしたいので、自分自身を理解してくれる恋人を求めて強く愛情を注ぎたいと感じるようになっています。

また、自分自身でコントロールできるものを手に入れたいという独立欲求に繋がるケースもありますので、社会的な野心が発生した場合に見る夢でもあります。第三者からの束縛がある状況を強く嫌っている人で、「いずれは独立」と夢見て頑張っている人はきっかけがあり次第行動してみるのも吉でしょう。とにかく今の環境を嫌っているのは両方とも変わりません。

新しくペットを飼う(現実でもペットを飼っている):誰かが自分に服従している


新しいペットを飼う夢を見た場合、それは誰かが自分自身に服従しているというサインで、自分の手の範囲内に誰かが入ってきたことのサインでもあります。いわゆる、自分が制御できる存在が増えたということなので、服従している存在が増えたということに繋がるのです。

ペットを貰う:トラブルに巻き込まれる

自分自身で購入するとか飼う夢と大きく異なるのが誰かからペットを貰うというパターンの夢です。この場合はトラブルに巻き込まれることを暗示しているので要注意です。特に、弱っているペットを貰った場合は病気になってしまうことを暗示していますし、運気が低下してしまう表れにもなりますので非常に警戒が必要です。例外として、実際にペットを貰ったことがある人は、過去の体験を思い返しているたけの可能性も高いので注意は不要となります。その貰ったペットが現実でも貰ったペットならば気にする必要は無いでしょう。

ペットに餌をあげる:孤独や寂しさの現れ

自分がペットに餌を与える夢を見た場合は、精神的に孤独や寂しさを感じている様子を表していて、その孤独や寂しさによって苦しめられているサインにもなっています。このように苦しめられている状況を打破したいという気持ちの表れでもありますので、独立したいとか独り立ちしたいという夢や希望を持っている場合にもこの夢を見るケースがあります。

ペットが出産する:新しい物事の吉兆

ペットが出産する夢は新たな出会いや新たな出来事が発生するという意味で、基本的に亜吉兆となります。出産は喜ばしいニュースなので、夢の中で見ることが出来る出産もプラスの意味になることが多いのです。新たなチャンスに巡り会えたり、恋人が出来る可能性もあるでしょう。

ペットに噛まれてケガをする:人間関係がこじれる

ペットとは自分が管理している存在を意味することが多く、ペットに噛まれて怪我をするということは、自分が管理している存在から裏切られて人間関係が大きくこじれてしまうという意味もあります。マイナスの夢となりますので注意しましょう。

夢にペットが出てきた意味:ペットの行動パターン


また、自分自身の行動よりもペットの行動の方が目立っている場合はそちらに注目してください。ペットの行動や状態にも大きな意味があるのです。夢の中でのペットは、部下や恋人を表すこともありますが、自分自身を表すこともあるということを考えてご覧ください。

ペットがケガをする:夢を見た本人がケガをするかもと知らせてくれている

ペットは自分が可愛がりたい存在という意味もありますが、実は自分自身という意味もありますので、自分自身が怪我をする可能性があると言うことをペットが教えてくれているサインになることがあります。また、怪我は人間関係のトラブルを意味する可能性もありますので、負傷するということを含めたあらゆるトラブルに警戒しましょう。

自分勝手な行動から周りのすべての人が敵になることもありますので、人間関係には特に注意してください。これに近い夢は、ペットが飼い主を放置して逃げる夢です。こちらも信頼している部下やパートナーに裏切りが発生してメンタル面で傷つく可能性があるというサインになっているので注意しましょう。大切なパートナーであるペットが逃げると言うことはそれだけ大切なものがなくなってしまう可能性があるということを示しているのです。

ペットが病気になる:夢を見た本人が自分が病気になるかも

これも自分自身が病気になってしまう可能性を示しているので、放置するのは危険です。また、自分自身が病気になる時もありますが、大切にしているパートナーや部下の誰かが病気になるという意味もありますので、自分自身を含めた体調管理には気をつけましょう。

ペットの病気が治る:今後良いことが起こる予兆

ペットが病気や怪我になってしまったけど、しっかりと治った夢を見た場合は何らかのトラブルが発生するけど、無事に危機を回避できたというサインになりますので、吉夢と考えた方がいいです。そのトラブルが人間関係であったり仕事であったりした場合は、それらのトラブルが解消されるということに暗示しますので、これから良いことが発生するというサインにもなります。

まとめ

このようにペットが登場する夢というのはペットの意味するところがパートナーであったり、自分自身であったりと大きく揺らぐものとなっていますので、解釈が多少難しくなります。特に注意して貰いたいのが、信用していたペットに噛まれて負傷する夢で、これはかなり大きなマイナスを意味する夢になっているので、この夢を見たら警戒するようにしましょう。逆にペットが怪我や病気になる夢はこれから負傷することや病気になることを教えてくれているのでマイナスの夢とはなっていません。