当たる理由は本人の意識?夢占いが示すあなたへのメッセージ

夢占いは非常にわかりやすい占いの一つです。どんな内容なのかで細かく細分化されているので、状況に合わせた占い結果がピンポイントで出てきます。それでも所詮占いだから当たらないという考え方も2018年現代だからこそたくさんあるのです。今回はこの夢占いとはそもそもなんなのか、当たる理由は何かあるのかをご説明いたします。

夢占いとは


そもそも夢占いとは一体なのか、夢を使った占いと言うことはわかるのですが、夢のどのような部分で判断しているのか、判断した結果何がわかるものなのでしょうか。

夢に出てきた状況で心理状態や出来事を判断

夢占いとは夢の内容には自分自身の無意識領域からのメッセージや深層心理の表れとなっているという考え方から、占いとして発展した独特な考え方の一つです。この夢占いは、夢の中で起こる事柄や出てくる物や人によって近い未来に何が起きるのか、今の自分の心理状態はどうなっているのかを見ることが出来る占いと言われており、当たる確率が高いと言われております。

夢占いの種類・解釈はさまざま

夢占いは基本的に満たないようによって種類分けがされますし、東洋占いや西洋占いで解釈が異なりますので、ものすごく大量にある占いとなっているのです。そもそも、夢のメカニズムはまだまだ解明されていない部分があり、どんな人でもどんなときでも毎回見ているけど覚えていないだけと言われております。

ちなみに、この夢占いはストレス解消型・危機回避型・現状把握型・予知型・回帰型・共有型など区分けがされて言いますが、これらの名前を覚える必要は無いです。自分が見た夢をそのまま検索エンジンで調べるだけで色々と欲しい情報が見つかるような時代になりました。ただし、先ほど説明したように解釈も複数あるパターンが多いので、複数回答を見ておくといいでしょう。

信じる信じないは人によって分かれる

この夢占いは非常に歴史のある占いですが、所詮占いだから当たらないと信じていない人もいます。しかし、そこそこ当たるケースもあるので信じている人もいる占いなのです。つまり、信じる人と全く信じない人にかなり区別化されている占いとなっております。信じている人は、仮に当たらなかったとしても「しょせん占い宝外れることもある」と考え、当たった場合は「夢占いの通りになった」と鮮明に覚えることになります。後者の場合はインパクトがかなり強いので、当分の間は信じている側の人間になるでしょう。

夢占いが当たると言われる理由

この夢占いがここまで広まったのは、当たると信じている人がどんなときでも一定数以上存在するからです。そこで、なぜそこまで当たると言われ続けているのか、理由を見ていきましょう。

本人の潜在意識が夢に現れるから

基本的に夢占いはその人の過去の記憶や深層心理などをミックスされて出てくるものです。つまり、本人の潜在的な意識が夢に現れることが多いので起きて記憶にある夢が非常にリアルに感じます。大きな悩みとストレスを感じている状態になると、その悩みとストレスに関連した夢を見るようになりますしその苦しみから解放されたいという潜在意識が強くなってきます。このようにうまくリンクするかのように夢を見るので、当たる確率も高いと言われるのです。

病気になってしまう夢というのは心が疲れ切っているということを表していると言われておりますが、誰かに心配してもらいたいという強い意志が出てきてしまっているために見る傾向にあり、一人で孤独に生きていくことが辛くなっているとついつい見る機会が増えてしまうのです。他にも笑う夢というのは現実世界でおもいっきり笑いたいけど笑うことが出来ないから夢の中で笑っているというケースもありますし、泣いているというパターンも一緒なのです。このように、何かをしたい、してもらいたいという気持ちが強くなると夢に出ます。

心理状態が夢に現れるから


夢占いの元となっているのは現代の精神医学の基礎を築いたジークムント・フロイトによる「夢診断」からきています。しかし、1990年代に入って脳科学と心理学が一気に進歩したことで、心理状態をよりリアルにした夢占いに更新されました。このように現代的な知識も駆使されて占いとして構築されるようになっているので、ものの見事に占い結果が当たるようになります。つまり、心理状態によってどのような夢を見るのか、その夢はどのような意味があるのかが確立されつつあるため当たると言えるのです。

本当はこうしてやりたいけど出来ない、本当は断りたいけど断れない、本当は行きたくないけど我慢して行っている、といった本音をひたすら隠している人こそ、その本音をさらけ出すように夢として強く表現されます。また、見た目を繕っていくら強く見せていたとしても、実は内心はボロボロといった心理状態になっていた場合は、その心を表すような夢を見せてくれるでしょう。このように、心の奥底にあるものや今の心のありようも夢で強くアピールしてきます。

身体の状態を脳がキャッチして夢に現れるから

また、記憶というのは体で覚えたものもしっかりと反映されています。子供の頃に覚えた自転車の乗り方はしばらく乗っていなくてもインプットされていますし、車の運転も一度覚えてしまえば長い間運転しなくても問題なく動かせるのです。これは身体に連動した記憶を脳が覚えているための作用となります。つまり、身体の状態を脳がキャッチすることでその状態にマッチした夢を表現してしまう力があると言うことです。

残業でボロボロになってしまったからだを表現するような夢だったり、ダイエットのためにひたすらトレーニングをし続けた結果を反映するような夢だったり、足を組んで寝ている時に身体を動かして足が落ちると夢でも連動して落ちる夢を見ることもあるのです。このように、身体の情報を理解してダイレクトで夢という形で表現してしまう能力があるので、非常に現実的な夢を私たちに見せてきます。

夢占いと予兆


ある程度の経験や状態から出てくる夢というのは信憑性がありますが、それ以外に近い未来を表す夢占いもあるのです。これは本当に当たるものなのでしょうか。

予兆は夢占いで当たる

夢占いにおける予兆は当たることが多いです。予知夢とは夢の映像が色鮮やかで、目が覚めたときにその内容をはっきりと覚えていることも多く、時には脈拍が上がったり涙が出てくることもあるでしょう。元々予知は非常に難易度の高い占いであり、当たることはないと信じない人も圧倒的に多いのですが、「飛行機が落ちる夢を見て回避した結果、本当に落ちた」とか「地震が発生する夢を見たらリアルに数日後に大地震がきた」という信じられる情報がネット上にも拡散した結果、予知も頼りになるという結論に落ち着いたのです。

実際に当たった情報というのは一昔前まではメディアを通じて拡散していましたが、今ではインターネットを通じて一気に拡散するようになったので、夢占いの予知は当たるという考え方はなくなりませんでした。睡眠中は記憶するリセットするタイミングなので、予兆を見るのは当たらないという意見もありますが、信じる人たちが減らないこの状態ではにらみ合いに終わっております。

予知夢との関係がある


夢占いは予知夢との関係がありますが、ある程度予知夢を見やすい状況にしないとなかなか効率的に見ることが出来ません。強く意識するために夢日記をつけるとか、脳の潜在意識を活性化するためにクラシックといった音楽を聴きながら眠るとか、潜在意識を活性化させるために右脳を活性化させるといった方法があるでしょう。この予知夢は夢占いとの関係は切っては切れないものとなっているのです。

予知夢は未来を予測するメッセージが含まれている

ただし、予知夢というのはその未来に対して喜んで迎え入れるというものよりも、その予知夢を警告と考えて対策を立てるべきものとなっています。つまり、未来予知から悲劇的な未来を回避するための方法をとるべきと言うことです。地震が来る夢を見たところで、地震に対する備えが全くされていないのであれば意味が無いですし、車で誰かをひく夢を見ても結局移動で車を使っている場合は回避することは出来ないでしょう。

ただし、予知夢であってもすぐに発生することを予期していないケースもあり、ある程度の時間が経過してから現実になるというパターンが多くなっています。稀に正夢のように夢で見た内容をそのまま再現するというケースもありますし、逆夢のように夢で発生したことの反対の事柄が起きるケースもあります。

正夢は何度も同じ夢を見る


先ほど簡単に説明しましたが、正夢は本当に現実でこれから起きるシーンが再現ドラマのように夢の中で見てしまうというというものです。しかも、正夢は1日だけ見るのではなく何日にもわたって見続けることも多いので、最終的にはどのような内容なのかも簡単に思い出せるようになるでしょう。そして、夢なのに現実感が強いので、現実で同じようなことが発生したときに、非常に強いデジャブを感じることになります。

これは自分だけの大剣をひたすら繰り返すものもありますが、自分以外の誰かに起こる事柄を繰り返し見るというパターンもあるのです。たとえば、自分の今のパートナーが浮気をするといった映像を何度も見せつけられて、追求していたら本当に浮気をしていたというパターンもあります。もちろん、このようにはっきりとした正夢を見ることは少ないですが、実際に見たという人はこのようの中にたくさんいるので、夢占いは信用できるという一定相が残り続けることになります。

逆夢は見た夢の状況と逆

逆夢は夢で起きたことと反対のことが起きると言われている特殊な予兆で、この夢の中で起きた事柄は絶対に発生しません。たとえば、何らかの資格試験で不合格になった夢を見たけど実は合格だったというのが逆夢となります。もちろん、これは本当は落ちているのではないのかという精神的な不安から発生したものであるという指摘もありますが、合否に関しては象徴的な逆夢として扱われております。

まとめ

夢占いは当たらないと叫ぶ人も多いです。しかも、脳科学や心理学といった観点から当たらないと切り捨てる人もいます。そんな現実的すぎる観点で物事を見ないで、このような占いというのは切り捨てるのではなく信じたい部分だけを信じてうまく利用し、あんまり興味が無い部分があれば放置するという立ち回りでいいのです。夢をないがしろにしろとは言いませんが、すべてを重く受け止めるのではなく、自分の心はそうなっているのかもといった一つの状態確認手段として用いて人生をうまく立ち回ってください。