落ちる夢は運気アップの予兆!?逆夢になりやすい夢占いの結果

何かから落ちるというのはなかなかに不吉なイメージに繋がりますが、夢の中では現実世界ではあり得ないくらいの高さから落ちる夢を見たことがある人も多いでしょう。今回はこの落下する夢はどのような意味があるのかを解説していきたいと思います。運気があがるという情報もあれば下がるという情報もあるので、その真相はどうなっているのかを徹底的に見ていきましょう。

落ちる夢が表す意味


落ちる夢が表す意味は何なのか。まずはおおざっぱにその夢の意味から確認して行きます。もちろん、シチュエーションや状況別で変わることが多いのでザックリとした意味として考えましょう。

一時的な運気の低下

とにかく高いところから落ちるという夢は、位置的な運気の低下を意味しておりマイナスの意味を持つことが多いのです。自分自身の信用度の低下やありもしない噂が立つといったよろしくないことが発生しやすくなります。

混合夢だから見た夢により意味合いが変わる

落ちる夢は自分の努力が報われない無力感に苛まれているときや、自分に自信が無いという気持ちの表れでもありますが、いきなり落ちるというシチュエーションはあり得ないので、必ず何らかの状況が絡んできます。雲よりも上から落ちるとか、ビルから突き落とされるとか、階段から落とされるとか、物理的ではなく試験に落ちるといったいろんな状況が考えられるでしょう。運気の低下という意味も強いのですが、まずはどんな状況でどのような落ち方をしたのかを思い返して、そこから意味を理解しましょう。

良いとされる落ちる夢

まず、落ちる夢であるけど実は良い意味を持っているものを紹介いたします。以外と吉夢となるパターンも豊富なのです。

高いところから転落死する:運気アップ

高いところから落ちて転落死してしまうという夢を見た場合、基本的には運気の上昇に繋がっています。夢の中で死ぬというのは新たな再生に繋がりますので、新しい人生にこれから旅立てるという意味になるのです。そのため、幸運もリスタートされて運気があがるのです。

気持ちよく落下する:抱えている問題が解決する


いわゆるスカイダイビング的な望んで落下するという体験というのはストレス発散にも繋がりますので現実世界でも定期的に取り入れている人も多いでしょう。このように気持ちよく落下する夢を見た場合、それは抱えている問題が解決するという意味になります。抱えている問題がはっきりしてくるという意味になるので、それだけ問題解決もしやすくなるのです。

試験に落ちる夢:試験に合格する

試験に落ちる夢というのは逆夢である可能性が非常に高く、本当は試験に合格しているという暗示になります。実際に夢で見ると心臓がばくばくになり跳ね起きてしまうこともあるのですが、逆夢となっていますので吉夢と考えてください。そんな夢を見るとどうしても悪い方向に頭が働いてしまいますが、そんなに心配する必要は無いのです。

坂を下る途中で落下する夢:困ったときに誰か助けてくれる

坂を下っている途中で急に落とし穴に引っかかったかのように落ちる夢というのは、予想していないところで急に落とされるという意味になるのですが、これはそのような突発的な状況になったとしても助けてくれる存在が表れるという夢になるのです。急に落とされるのは怖いものがありますが、これは吉夢と考えましょう。

躓いて落ちる夢:問題の原因がはっきりする

落下する過程でしっかりところぶとか躓くという動作が入った場合、原因がわかりやすくはっきりしているので、今抱えている問題の原因がはっきりするという意味になります。厄介な問題を抱えている時にこの夢を見た場合は、事態が好転する吉夢となりますので、アクティブに行動して問題解決をスムーズに行いましょう。

悪いとされる落ちる夢


やっぱり落下する夢というのは悪い夢のパターンも多いのです。ここではその悪いパターンを紹介いたしましょう。かなり重い意味を持つ落ちる夢もありますので、そんな重い夢を見てしまった人は、それを警告だと考えて対策を練る必要があります。悪いとわかって放置することのほうが問題なのです。自主的に解決する努力をしましょう。

誰かに突き落とされる夢:人間不信に陥る暗示

誰かに突き落とされるような夢を見た場合、それは第三者の成功を見たことで自分に自信がなくなってしまうという意味や人間関係で強い不信感が芽生えてしまったという暗示になります。これが知っている人物だった場合は、その人との競争で敗れてしまったりその人のことに不信感を抱いているという表れと考えましょう。

暗い世界に落ちる夢:困難な問題を抱えている

Woman Suffering From Depression Sitting On Bed in the dark bedroom

死ぬことも許されず、とにかく暗いところに永遠と落ち続ける夢を見た場合、それはどれだけ頑張っても解決できないような厄介ごとを抱えてしまうという暗示になります。いわゆる、医師から余命を告げられてしまったとか治ることのない病気であると宣告されてしまったという人が見ることが多い夢なのです。ここまで重い人生ではなくても、現状を打破する方法がなく五里霧中になっているという人や、何をやってもうまくいかずに八方ふさがりだと強く感じてしまった人も見てしまう可能性があるでしょう。

人との付き合いにもうまくいかなくなっていたりと、悪いことが連鎖して発生してしまい、「どうして自分の人生はこんなに何もかもうまくいかないのだろう」と悲観的になっている方も見ることが多くなっています。また、性的な誘惑に負けて浮気をしてしまった人や死を意識して人生にあきらめが入ってしまったという人が見てしまうこともあります。

振り落とされる夢:誰かに追い抜かれるかもという不安

マラソンなどで1位になっていたのに次々と抜かれてしまうような夢を見る、いわゆる振り落とされてしまう夢を見た場合は誰かに追い抜かれてしまうという不安や焦りが強くなっているのです。これは学生のうちでも見ることが多い夢ですが、誰もが皆このような葛藤を持って生きているのでそこまで重い夢ではありません。

努力をし続けているという自負心が身につけば、見なくなる夢とも言えます。ただし、この不安を抱えながらも特に努力をすることもなく怠けていては自分に自信がつくこともないのでいつまでもこの夢を見続けてしまうでしょう。振り落とされないように努力するという気概が必要になるのです。ちょっとの勇気とやる気さえあれば解決できる夢と考えて前向きに捉えましょう。

高いところから落ちる夢:自身の評価が下落している


高いところから落ちて転落死する夢ではなく、ただ単に高いところから落ちてしまう夢を見た場合、それは自分に自信を持つ事が出来なくなったという合図でもあり、自分自身の評価や評判が急激に低下しているというサインになっております。これは自分自身にも原因があるパターンがほとんどなので、信用度の回復が急務となるでしょう。普段の行いをしっかりと見つめ直して、人間関係を再度構築するところからスタートです。

何かが墜落するのを見る夢:油断はするなという警告夢

これはなかなかに意味不明な夢です。自分ではなく何かが落下しているのを眺めている夢となります。これは自分ではないと安心できるかもしれませんが、このように落とされるのはいつか自分になるという警告でもあります。つまり、油断はするなという夢のお告げとなっているのです。危険はいついかなる時でもおそってきますので、何かあったときに対処できる備えと心構えは持っておきましょう。

まとめ

落下して地面にたたきつけられて死ぬという夢は基本的には新たな再生に繋がる夢なので吉夢です。逆に危険なのがいつまでたっても落下し続けるという夢や蜘蛛の糸のようなものに引っかかって絡め取られてしまうという夢です。これらの夢を見てしまった場合は警告として考えて、しばらくは立ち回りに意識した方がいいでしょう。うまく着地することが出来ればそれはそれで門外ない夢なのですが、落下の途中で何かが起きたり落下することが出来ない夢は危険なので無視してはいけません。