シャイな男性に愛されたい♡攻略のヒントをお届け!


シャイな男性との接し方について、戸惑ってはいませんか?当記事では恋愛コラムニストのA.Kさんに聞いた話をもとに、このタイプの男性の人物像に迫るとともに、距離感を縮める方法や上手に付き合う方法などについてまとめました。

シャイな男性の特徴と心理

シャイな男性と聞いて、あなたはどんな人を思い浮かべるでしょうか。以下にシャイな男性にはこんなところがあるというのをまとめましたので、順番にチェックしていきましょう。

口下手

自分の気持ちをうまく言葉にすることができない点が、シャイな男性の特徴のひとつとしてあります。話すこと自体に苦手意識を持っていて、女性を話すのが得意ではありません。そのため、ついつい緊張してしまうのです。

表情の変化が少ない

あまり感情表現が豊かではないのも、シャイな男性に見られる傾向です。面白いと思ったときに口を全開にして笑うことはせず、嬉しいときも大声で喜びを表現しません。そのため、無愛想な人や何を考えているかわからない人と思われることがあります。

目立つのが苦手

シャイな男性は人に注目されたり、リーダーシップを発揮する立場を任されたりするのが苦手で、人に譲る傾向があります。何か頼まれたら断れない性格ですが、自分から率先して引き受けるようなことはしません。

損得を優先しない

物事をするにあたって、何よりもまず自分にとってのメリットとデメリットを考えるような、打算的な性格ではないのが、シャイな男性の特徴のひとつです。自分に何の得もない、損しかないようなことでも、必要と感じれば実行に移します。

シャイな男性の脈ありな態度

思っていることが読み取りにくいと思われがちなシャイな男性ですが、興味や好意を持つ人にのみとる行動があります。主なものを以下に記載しましたので、参考にしてみてください。

よく目が合う

話しかけるのが苦手なぶん、相手を観察することで秘めた思いを募らせる人がシャイな男性には多いです。したがって、なぜか目が合う、気がつけば見られているということがたびたびあれば、彼から興味を持たれている可能性があります。

困ったときに助けてくれる

シャイな男性でも、好きな女性が困っているときは助けてくれます。むしろ、思いを言葉にできないからこそ観察力は鋭く、いざというチャンスを狙っています。あなたが困ったときすぐに助けにきてくれるようであれば、かなり脈ありです。

積極的に話しかけてくる

シャイな男性は、簡単に人に心を許すようなことはありません。好きな女性だからこそ頑張って話しかけ、反対によく話しかけてくれる女性にも惹かれやすいです。彼が珍しく話しかけている相手は、想い人である可能性大です。

シャイな男性が好感を持つのはどんな女性?

こういうタイプの女性はこういうタイプの男性に好まれやすいという傾向があるものです。シャイな男性に好まれやすい女性のタイプを、ここでは4つピックアップしてみました。

社交的な女性

自分にないものを持っている女性に惹かれやすいため、シャイな男性は社交的でコミュニケーション能力の高い女性に憧れを抱く傾向があります。また、女性のほうからよく話しかけてもらうことで、意識しやすいです。

シャイな女性

親近感を持ちやすく、自分と同じように話すことが苦手な女性とは、シャイな男性もリラックスすることができます。仲間意識を持てる、同じ悩みを抱えている相手として、シャイな女性には気を許しやすいのでしょう。

聞き上手な女性

癒し系の雰囲気があり、人の話を聞く力に長けている女性は男性全般からウケが良く、シャイな男性も例外ではありません。落ち着いた対応で、シャイな男性が何を話しても受け入れてくれる女性は、好感度が高いです。

年下の女性

シャイな男性の中には、相手が年下であれば普通に話せる人もいます。後輩と思って、はじめは異性として意識しないからかもしれません。何にせよ、ふとした瞬間に相手が異性だと意識してしまえば、好意を持ちやすいのです。

逆にシャイな男性が嫌いまたは苦手とするのはどんな女性?

シャイな男性の恋愛対象外になりやすい女性のタイプを、3つ記載しました。気になる人がシャイな男性の場合、以下の中に当てはまるものがあると好感を持たれなくなりかねません。

下品な女性

たとえば、当たりの強い女性はシャイな男性に敬遠される傾向があります。というのも、シャイな男性は繊細で傷つきやすい一面を持っているためです。きつい言い方をされれば、その人とは話したくない、顔を合わせたくないと思います。

集団でつるむ女性

シャイな男性は女性の集団や、複数の相手と会話するのが得意ではありません。したがって、いつも女同士で大人数で行動をともにしているような相手には、コワイと感じて近づこうとしないです。

無口な女性

話すのがシャイな男性は苦手なため、相手が喋らない人だとどうしたら良いのかわからなくなってしまいます。どちらかというと、自分が黙っていても話し続けてくれるようなタイプと一緒にいるほうが楽だと考えている人が多いです。

シャイな男性と付き合いたい場合の上手なアプローチの仕方

自分が気になっている、あるいは好きな人がシャイな男性の場合には、受け身でいると距離感は縮めにくいです。以下に記載してある方法で、関係を進展させるのが良いでしょう。

とにかく話しかける

女性側から挨拶をしたり、積極的に話しかけたりすることで仲良くなりましょう。シャイな男性は自分から話しかけるのが得意ではありません。そのため、相手から話しかけられることに対しては、表情に出なくても内心では嬉しいと感じています。

はっきりと好きだと伝える

シャイな男性の中には、自分に自身を持てていない人が多いです。そのため、シャイな男性からいわれるのを待っていては、いつまで経っても告白されません。女性側からはっきり好きだと伝えることで、相手に意識させましょう。

まわりの友達に頼む

彼が仲良くしている男友達に、橋渡しをお願いするのも良いです。いきなり1対1では緊張させて話が盛り上がりにくいため、彼がリラックスできるシチュエーションをつくりましょう。ある程度仲良くなれば、2人きりでのデートに誘いやすいです。

シャイな男性と上手に付き合っていくためのアドバイス

シャイな男性と付き合っていく中で、ここで取り上げる内容を意識して彼と接すると、良好な関係を築いて、それを維持しやすくなるでしょう。ぜひ参考にしてみてくださいね。

試し行動をしない

相手の気持ちを確かめたいからといって、試すような行動はNGです。シャイな男性は口下手で繊細な人が多いため、うまく表現できないからです。また、そういうことをされると不信感を持つようになって、逆効果になってしまいます。

感情表現はボディタッチで示す

シャイな男性は意外とロマンチストで、イチャイチャするのが好きです。2人きりの誰にも見えない場所であれば、大胆なことも嬉しいと感じます。相手に触れることによって、自分の気持ちを伝えましょう。

人前ではイチャつかない

ボディタッチは効果的ですが、それはあくまで2人だけの空間に限定されます。人目につく場所や、誰がいるかわからないような場所では、相手がパニックになってしまいます。TPOを意識してイチャイチャしましょう。

相手を理解する努力をする

感情表現や気持ちを言葉にするのが不得意だからこそ、相手を理解する努力を惜しんではいけません。その努力が伝わることにより、彼のほうも自分に対してもっと心を許してくれるようになるでしょう。

喧嘩に注意する

喧嘩をいっさいしないのは無理でも、喧嘩の方法に気をつけることはできます。一方的に責め立てたり、無視したりするのは危険で、そのまま自然消滅になるおそれがあります。あくまでも話し合いのスタンスで、自分の思いを伝えたら相手の意見を聞きましょう。

ほかの異性と仲良くしすぎない

彼がほかの女性と話すのが苦手だからこそ、彼女にもほかの男性と仲良くしてほしくない気持ちが人一倍強いです。男と女の友情も理解できない人が多くいます。いくら友達でも、彼の嫉妬や独占欲に気をつけて、目に入るところでは仲良くしすぎないようにしましょう。

まとめ

女性と話すのが得意ではなく、感情表現が豊かではないシャイな男性。また、繊細で傷つきやすく、ロマンチストな面も持ち合わせている人が多いのが特徴です。気になる人や好きな人、付き合っている人がこのタイプの男性であれば、その特徴や心理を理解して、良好な関係を築きましょう。