独占欲が強い男性心理と上手に付き合う方法

好きな人を自分のものだけにしたい。そんな風に思う人もいるでしょう。しかしながら、中にはその思いがかなり強いタイプもいて、一緒にいると窮屈に感じたり面倒くさく感じたりすることもあります。確かに愛されることは嬉しいことなのですが、行き過ぎた気持ちは重いだけです。でも、こういったことを伝えても、恐らく相手は理解することができないでしょう。この場合は、こちらが少し賢くなって、楽に付き合える方法を身につけた方が得です。

好きだからこその気持ち。だから、その思いを大切にしたい。でも、自分の自由も尊重したいそんな時、どのような対応をすればスムーズに行くのでしょうか。

独占欲が強い男性の行動の特徴


独占欲が強い傾向がある男性には、いくつかの特徴が見られます。その中には、一般的な常識では理解が難しいようなこともありますし、喧嘩の元になりそうなこともあります。

スマホを勝手に見る

スマホはその人のプライバシーな情報が集約されています。人によってはスマホの画面を絶対に人に見られたくないという方もいるようです。逆に、秘密の情報が詰まっているという意味合いから、恋人のスマホを気にする人も少なくありません。しかし、どんなに興味があったとして、勝手に見るのはルール違反です。しかし、独占欲が強い男性は彼女のスマホが気になって仕方がありません。ちょっと油断した時に、別の男性に連れて行かれてしまうのではないかと心配をしているのです。

また、独占欲が強い男性は、彼女の友達関係も気にすることが少なくありません。女性の友達であろうと関係がなくて、どんな人と仲が良くて、どんなことをして楽しんでいるのか、どんな話をしているのかなど、全てが気になって仕方がありません。これらを把握することを目的に、スマホを覗く人もいるようです。

すぐに返信がないとイラ立つ

独占欲が強い人は、別の言い方をすれば彼女をコントロールしたい人でもあります。何でも自分の思い通りに動いてもらわなければ、イラついてしまうのです。メールの返信スピードについても自分勝手な部分があり、いかなる理由があろうとも、返信がすぐにないと自分に反抗していると認識してしまう可能性があります。

SNSを必ずチェックしている

何でも彼女のことを把握しておきたい。こういった理由から、SNSのチェックを欠かしません。自分よりも、彼女のことに詳しい人がいることを許せないのです。

友人や家族よりも彼女を優先する

自分にとって、一番大切な存在なのは彼女です。その為、友達や家族との約束や都合よりも、彼女との時間を優先したいと考えます。それは嬉しいことなのですが、問題はそれを恋人にも要求することです。こんなに自分が大切にしているのだから、あなたも同じようにしなさい。そんなメッセージを送っています。

質問責めにする

彼女のことは、何でも知っておきたい独占欲が強い男性。女性を質問責めにすることもよくあります。しかしこれは、彼女のことを詳しく知りたいと言うよりも、彼女は自分に何でも言う義務があるのだということを、アピールしている意味あいの方が強いかもしれません。

独占欲が強い男性の心理的特徴

自信がない

独占欲が強い男性は、自信がないことも少なくありません。それは、容姿かもしれませんし学歴や職歴、収入などかもしれません。いずれにしてもどんと構えて付き合うことができないので、いつもとても心配ですし不安です。ちょっと油断したら彼女がどこかに行ってしまうのではないかと恐怖を感じているので、どうしても独占したくなるのです。また、過去に辛い恋愛経験がある場合もあります。その時の痛みを、今も引きずっているのかもしれません。

完璧主義


何でもきちんとしなければならないと思っている男性は、それを恋愛にも持ち込みます。独りよがりの正義なのですが、自分が思う「こうあるべき」を彼女にも押し付けてしまいます。そして、彼女がそれを受け入れなかったり要求と違うことをしたりすると、焦りまくり怒りまくります。

感情的になりやすい

独占欲に強い男性はいつも不安を抱えている状態なので、すぐに感情を爆発させてしまう傾向があります。気になることがあると、感情的になって落ち着かなくなります。

自己犠牲の精神がある

自分に厳しい人は、他人に厳しい傾向があります。自分が努力していることを、他人にも求めてしまうのです。独占欲の強い男性は、彼女にかなり尽くしていることが多いです。しかし、その分見返りを求める傾向があります。あなたの為に、こんなにがんばっているのだから、あなたもそれなりの対応をしなければならない。そんなメッセージを送っています。

ネガティブ

困る 男性

独占欲が強い男性は、考え方そのものがネガティブである傾向があります。その為、いつも悪い方に考えてしまうのです。そして不安をさらに大きくして、一人で焦っているのです。

トラウマがある

過去に何かしらのトラウマがある人は、他人を信じにくい傾向があります。その為、恋人であっても心底信じることが難しいことも少なくありません。その為、必要以上に彼女を束縛したり、独占したりしようとしてしまいます。また、管理下に置いて監視したがる傾向も見られます。

相手を好きすぎる

好きな気持ちが強すぎて、独占したくなることもあります。好きなので、自分のことだけを見ていて欲しい、考えていて欲しいと願ってしまうのです。また、たとえ相手が女友達であっても、自分が知らない場所で誰かと楽しんでいることを知ると、嫉妬します。自分以外の人間が彼女を笑顔にするのが許せないのです。

独占欲が強い男性と付き合う方法

好意を言葉で伝える

独占欲が強い男性は、過去に傷を負っていたりトラウマを抱えていたりして、今も不安でいることが少なくありません。自信がない人も多いので、あなたはできるだけ彼氏に好意を伝えることが必要です。また、感謝の気持ちを積極に伝えることも大切です。

嫌なことははっきり言う

独占欲が強い男性のしばりが嫌なら、はっきりと彼氏に伝えるべきです。その際に、相手を責めるような言い方をするのは避けましょう。あくまでも、自分はこう思うといった言い方をするようにしましょう。「私はもっと自由に友達と付き合いたいです」、「私はあなたから束縛されることが不快です」などのような言い方です。

丁寧に説明する

独占欲が強い男性に、理解してもらおうと思ったら、かなり労力がかかることは覚悟しましょう。どういったことが問題で、どんなことに困っているのかを、丁寧に分かりやすく話してみましょう。また、自分がどのような付き合い方をしたいのかについても、ちゃんと話すようにして見てください。その際に、今の状態が良くないと言う言い方ではなく、こうするともっと良くなると言ったポジティブな言い方をするのがスムーズに伝えることができるコツです。

堂々とした態度を保つ

これは、独占欲が強い男性と付き合う場合に限ったことではないのですが、恋愛する際に大切なのはお互い平等な立場でいることです。間違っても、彼氏の下に自分を置いてはダメです。堂々とした態度でいることも大切。その上で、自分の気持ちを堂々と伝えることが大切です。ビクビクしたり、自分を卑下して付き合ったりしてしまうと、益々相手の言いなりになってしまいますし、恋愛がつまらないものになってしまいますので注意が必要です。

否定しない

こういったタイプは自信がない場合が多いので、否定されることを激しく嫌いますので注意が必要です。彼の言ったことをはなから否定するのではなく、肯定しつつも自分の思っていることを優しく伝えてあげるようにしましょう。

相手の話を聞く

話をちゃんと聞いてあげると、それだけで安心することができます。是非、どんなことでも彼氏の話しはしっかりと聞くようにしましょう。そこで、不安を垣間見るようなら、安心できるように、丁寧に説明してあげてください。

マメに連絡する

なかなか連絡がないと不安になってしまうもの。できるだけマメに、連絡することも必要です。何もないような時であっても、あいさつ程度の内容でも良いのでやり取りできれば、相手は安心することができます。

独占欲が強い男性へのNG行動

独占欲が強い男性に対して、どうしても我慢ができなくなってしまうと、つい感情的になって話してしまいそうですがそれはNG行為です。相手は、不安が根底に合ってあれこれ言って来ているので、まずはその不安を取り除いてあげることが先なのです。たとえ正論であっても、頭から否定するようなことを言ってしまうと、相手は更にムキになることが想定されます。

理論で言い負かす

この場合、論理的に話すことは不向きです。なぜなら、あなたの方が正しいことは明白ですし、本当は彼氏もそこに気が付いているからです。それでも、あれこれ理由を付けて彼女を責めているだけなので、理論で言い負かすのは全く無意味ですし、独占しようとする言動や束縛も落ち着くことがありません。

理論で言い負かせた相手をなだめる

理論でもし勝ったとしても、相手をなだめるようなことを言ってはいけません。全く無意味ですし、場合によっては余計に彼氏の不安をあおってしまったり、怒らせてしまったりすることも考えられます。馬鹿にされたと、受け取ってしまうこともあるからです。何度も言いますが、自信がないがゆえに独占する行為をしていることが多いので、そこを刺激してしまうような行為はNGなのです。

まとめ

独占欲が強い男性には、いくつかの特徴があります。中でも共通していることが多いのが、自信の無さです。その為、不安が強いのでどうしても彼女を独占したくなってしまうのです。また、彼女のことを好きすぎるために、独占欲が強くなっている場合もあります。こういった彼氏と上手く付き合っていく為には、相手に好意を伝えることや、感謝の言葉を伝えることなども大切。彼氏を不安にさせないように、マメに連絡することも大切です。

また、ちゃんと話を聞く姿勢を見せたり、分かりやすく説明したりすることも大切です。反対にしてはいけないことは、彼氏を理論で負かすことと、その後になだめることです。