別れの言葉の定番!相手に与える印象別に使える言葉10選

「好き」という言葉を伝えるよりも、「サヨナラ」を伝える時の方が辛いと感じることも多いものです。様々な場面が想定されますが、お別れの言葉を避けては通れない時もあるもの。できるだけ傷つけない言葉を選ぼうとしてみても、結果的に相手を傷つけてしまうこともありますし、それも仕方がない場合もよくあります。

お互いが、自分に正直にこれから人生をちゃんと歩んでいけるように、別れの言葉選びは慎重にしていきたいものです。「終わりよければすべてよし」ではありませんが、別れの言葉は言う方も受ける方も心構えも必要です。

別れの言葉が必要なのはこんなとき


長く付き合ってきた関係が終わりを迎えようとした時、別れの言葉が必要になってきます。多くの場合、相手の方も薄々それに気が付いていますので、本当は突然別れの言葉を言われてもそれほど驚かない場合が少なくありません。しかしながら、分かっていてもそれを受け入れることができなくて騒いでしまうのです。ですから、別れの言葉は丁寧な言葉を使いつつ、しっかりと自分の気持ちを伝えることが大切です。

心変わり※相手の浮気

恋人に浮気された場合、愛情が薄れ心変わりすることも良くあることです。これは最大の裏切りとなりますので、きっぱりと別れてしまいたいと考える方が多いのも当然のことでしょう。しかしながら、ここで相手を思いっきり責めるような言葉を使うのはオススメできません。理由は、その行為があなたのイメージをさせてしまうからです。オススメは、主語を「私」にして伝える所謂Iメッセージです。

例えば、浮気がバレてしまった彼氏を攻撃しないで、「あなたに恋愛感情を持つことが難しくなりました」なども良いかもしれません。

自分に好きな人ができた

他に好きな人ができた場合も、現在の恋人に別れの言葉を伝える必要があります。この場合は、正直に理由を言うと、相手が激怒する可能性が高いので慎重に話すことが必要となります。別れの言葉についてですが、「他に好きな人ができた」と伝えるよりも、「他に気になる人がいる」の方が良い場合もあります。そして、ここがポイントなのですが、別れを伝える相手に、一緒に伝えて欲しいことがあります。

一つは、気になる人のどこを好きになったのか。もう一つは、こういった気持ちを抱えたままであなたとは付き合えないということです。つまり、好きな人ができたというよりも、自分が好きになってしまう部分を持つ人に出会ってしまって、心が引き寄せられているのであなたと一緒にいるのが辛といったニュアンスで伝えるのです。

相手の欠点に嫌気がさした

はっきりと、相手の欠点を指摘するような言い方は避けた方が良いでしょう。この場合は、恋愛以外に興味があるものが出てきたと言った方向で別れの言葉を伝えるのがオススメです。こうすることで、別れは相手の欠点が原因ではなく、もっとポジティブな意味でそうなったということにできます。例えば、仕事をもっと頑張りたいとか、勉強したい、夢ができたので打ち込みたいなどの理由を添えた別れ話です。

恋人としての価値観が違った

暫く付き合っていると、お互い価値観が合わないと気が付くこともあるものです。これは誰かが悪いのではなく、仕方がないことです。この場合は、相手に自分よりももっと考え方が似ている相応しい人がいるはずだといった言い方をするのがオススメです。これは、事実ですから、比較的伝えやすいですし、相手も理解しやすいのではないでしょうか?

付き合いが長すぎてときめかなくなった

長く付き合っていると、ときめきを感じにくくなるといったことはよく聞く話です。この場合は、ときめきが無くても関係を続けることができる「友達になりたい」という言葉がオススメです。或いは、「友達に戻りたい」なども良いかもしれません。もちろん、相手のことを人として好きである場合に限りますが。

或いは、恋愛以外のことに打ち込みたいといった理由も良いでしょう。お互い少し距離を置くことで、また良い関係に慣れる場合もあります。

別れ方のマナー

大人は、別れ方が綺麗でなければいけません。なぜなら、別れ方がメチャクチャになってしまうと、あなたと付き合ってきた相手の品格も下げてしまうことになりますし、相手にあなたとの恋愛を後悔させてしまうことになるからです。一つの恋愛を通して、お互い如何に成長できたか。そこを大切にするためにも、別れ方の美学は大切にしておきたいところです。

別れは面と向かって告げる

最後は、よほどのことがない限りちゃんと顔を合わせて話をしましょう。電話やメールなど簡単な方法でしてしまうと、その恋愛そのものも軽々しくて意味がなかったものだと思わせてしまうからです。

音信不通やフェードアウトは厳禁

所謂自然消滅など厳禁です。あなたはそれが一番簡単だと思うかもしれませんが、付き合った相手にそれは失礼な行為。もし、相手の言動からもそれが伝わってくるのであれば良いかもしれませんが、相手が必死にあなたに連絡しようとしているに、あなたがこういった態度をとるのはふざけた態度。絶対にNGです。

最後だけでも良い印象を与えよう

何でもそうですが、最後が一番大切です。最後だけでも良い印象が残るように、できることは何でもしましょう。今は相手があなたのことを理解できなくても、いつの日かあなたの誠意が分かる日が必ず来ます。

復縁の余地を残さない

相手が追いかけてこないような言動を選ぶ。これは、あなたが悪者になる可能性が高いことではありますが、相手にとって優しい手段である場合も少なくありません。未練があると、次の恋に進むことができませんので、ちゃんと振ってあげることも必要です。もちろん、時間がたって考えが変わる場合もあります。復縁する可能性だってあるでしょう。しかし、すぐに復縁できそうな印象のある別れ方は避けるべきです。

良い思い出になりやすい別れの言葉10選

相手に余計な期待を持たせる言葉は避けた方が良いですが、別れをお互い納得した上で、最後の時を一緒に味わうことができる言葉を伝えるのは良い方法です。別れの言葉も、ちょっと工夫すれば、そういった記憶に残る良い思い出となってくれます。ポイントは、出会えたことに感謝しているということを伝えること。そして、付き合ったことが良いことだったと伝えることです。

心に残る別れの言葉3選

恋愛中、相手にたくさん迷惑をかけてしまったと思っている方は、そのあたりのことについて感謝の気持ちを伝える言い方も良いでしょう。「もう我慢しなくていいよ」、「次はもっと幸せになれる恋人を見つけてね」、「悔いのない恋愛をしてね」などもオススメです。恋人の今後の幸せを祈るような言葉を伝えるのは、最後の言葉にぴったりです。

感謝を添える別れの言葉3選

自分と一緒にいた時間、恋人が楽しかった、嬉しかったと思ってくれるのが、一番嬉しいことかもしれません。別れの際は、楽しい時間や嬉しい思い出を作ってくれたことに対して感謝する言葉を伝えるのもオススメです。「あなたを好きになって良かった」、「とても楽しかった」、「好きになってくれてありがとう」なども良いでしょう。

名言からみる別れの言葉3選

別れの言葉を伝える際に参考にしたい別れの言葉やコツがあります。

「追いかけてはいけない。追いかけないのが恋愛の武士道である。」は、宇野千代さんの言葉です。人は、追いかけられると逃げたくなるもの。別れたいと言っている人を追いかけてしまうと、相手は益々逃げたくなってしまいます。別れを口にした人を追いかけてはいけません。これは、別れを告げる側にも覚えておいて欲しいことなのですが、相手がこれ以上追いかけたくないと思う言葉を選ぶのがコツであり優しさでもあります。

「あなたをこれ以上愛することができません」、「一人になりたいです」、「恋愛よりも、もっとやりたいことがあることがあります」などもオススメです。

辛い思い出になりやすい別れの言葉19選

どんな結果になろうとも、同じ時間を共有した相手を傷つけるような言葉を言うのはスマートではありません。最後は、相手にとって辛い思い出にならないように気配りすることも必要です。これは、恋愛した相手に対する最後のマナーだと言えるでしょう。あなたと出会ったこと、相手の人に、あなたと付き合ったことを後悔させるようなことをしては絶対にいけません。

相手を傷つける別れの言葉7選

「ずっと不満に思っていた」、「合わないと感じていた」、「一緒にいてもつまらない、物足りない」。こういった言葉は、相手を傷つけてしまう言葉です。理由は、既に過ぎてしまい今さらどうすることもできないことを責めている言葉だからです。言わば、卑怯な言葉です。

また、「もっと細い人が好みだった」、「もっとお金持ちの人が良かった」、「もっと背が高い人が良かった」、「もっと顔の小さい人が良かった」など、身体に関することや収入について話すのもオススメできない別れの言葉です。生まれつきのこと、簡単に変えることができない難しいことを口にするのはフェアではありません。

未練が残る別れの言葉3選

はっきり言いますが、未練が残るような言葉を選ぶのはやってはいけないことです。相手を傷つけたくなくて、オブラートにくるんだりぼんやりとした別れの言葉を選ぶ人もいますが、結果的に相手を傷つけたり相手を迷わせたりしてしまいます。キツイ言い方は良くありませんが、ちゃんと別れたいことを伝えるべきです「別れてもずっと好きだよ。」、「〇歳になった時にまだ独身だったら結婚しよう」、「1年後に気持ちが変っていたらまた連絡する。」など期待させるのはダメです。

相手を後悔させたい別れの言葉3選

別れたことを後悔させたい。そんな風に思うこともあるかもしれません。この場合は、「もっと綺麗な女性になってやる」、「別れたことが失敗だったと思わせてやる」、「あなたよりももっと素敵な人を見つけてやる」などの言葉もあります。別れを切り出した相手にとって、このようにたとえ怒りが感じられる言葉であっても、前向きに感じられる言葉は嬉しいものかもしれません。あなたにとっても、更に魅力的になれるパワーになるのでオススメの言葉と言えるでしょう。

感じが悪い別れの言葉3選


「好きじゃなくなった」、「私たち似合わないカップルだよね」、「性格合わないカップルだよね」などは、感じが悪い別れの言葉です。避けた方が良いでしょう。

恋愛に疲れたことを伝える別れの言葉3選

恋愛は、楽しいことばかりではありません。想像以上に心身ともに労力を必要とする特別なものです。ですから、恋愛に疲れるといった気持ちはよくあることなのかもしれません。「恋愛に疲れました」、「自分を見失ってしまいました」、「これ以上頑張れない」。こういった言葉は、恋愛に疲れた際にそれを伝えられる言葉です。

まとめ

恋愛の最後は、どちらかが別れの言葉を言わなければなりません。大切にしてきた恋愛だからこそ、最後は丁寧にちゃんとしたいもの。電話やメールなど簡単な方法でそれをするのはオススメできません。また、最後の言葉によって、この恋愛のイメージが大きく左右されてしまいます。ですから、ちゃんと言葉を選んで誠意をもって相手に伝えるようにしましょう。