自分に厳しい人の心理と付き合うときの注意点

色々な性格があります。驚くほど人や自分に対して優しい人もいますし、自分に対して厳しい人もいます。自分に対して厳しい人は、成長することに喜びを感じるタイプも多いようです。常に上を目指してどんどん頑張ることで安心できるのです。また、自分だけでなく他人に対しても厳しいタイプもいます。こういったタイプは、付き合いにくいと思われることも多いのですが、本人はそれに気づいていないことも少なくありません。もし、厳しい人を好きになってしまったら、どのように付き合っていけば良いのでしょうか。

自分に厳しい人は2種類


自分に対して厳しいタイプには2つの種類があるとされています。一つは、自分に対してのみ厳しいタイプです。人の世話をするのは全く苦ではないけれど、人から世話をされることに抵抗があるといったタイプもいます。もう一つは、自分だけでなく他人にも厳しいタイプです。この場合は、自分もきちんとしていたいのですが、自分だけ損をするのを激しく嫌います。その為、他人にも自分と同じように頑張ること、きちんとすることを押し付けます。

自分にも他人にも厳しい

自分にも他人にも厳しいタイプは、他人を意のままにコントロールしたがる傾向があります。人それぞれ価値観や考え方が違うことを理解できず、皆自分と同じように考え行動することを強く望みます。また、他人の意見を素直に聞けない傾向があるので、どうしても人から距離を置かれたり嫌われたりする傾向があります。しかし、本人は自分のルールが正しくて、全ての人のルールだと思っているので、思った通りに行動しない人を許すことができません。

また、他人が楽をしていたりちゃんとやらないところを見たりすると、どうしても腹立たしくなってしまいます。

自分に厳しいが他人には甘い

自分をことはかなりきつく律しているのに、他人に対しては優しい心で接することができる人もいます。会社などのできるリーダーなどにも多く見られる傾向があるのですが、人の上に立つ人の中に多く見られます。責任感が強く、いつも周りのことをよく見ている傾向があります。

自分に厳しい人の性格的特徴


自分に厳しく接する人の中には、真面目な方が少なくありません。人様に物を言う以上、自分自身もちゃんとしておくべきであると言った強い信念を持っている人も多いですし、だらしない生活そのものに抵抗がある人もすくなくありません。また、自分を律するだけでなく、他人も律してしまう人もいます。自分の価値観をごり押ししてくる人もいて、迷惑に思われている場合もあります。

自分に厳しい人は、時にそれが行き過ぎてキツくなったり、苦しくなったりすることもありますので注意が必要です。

完璧主義

何でも自分がやる以上しっかりとやりたい、結果を出したいを強く考えている人もいます。いわゆる完璧主義は、何でも完璧にしなければ気が済まない、不安であるといった感情が生まれてしまうので、いつもいっぱいいっぱいである人も少なくありません。その為、イライラしがちだったり人に感情をぶつけてしまったりする人もいます。自分で自分を追い詰めてしまう危険もあるので、ほどほどで良しと思えるようにした方が良いと言えそうです。

理想が高い

誰でも夢を持っているものです。仕事の夢、外見の理想、絶対に手に入れたい地位や環境など、人それぞれこうであったら良いなと思う憧れのような感情があります。自分にまた、絶対にこうはなりたくないと言うものもあるものです。絶対にクビになりたくない、絶対に太りたくない、絶対にフラれたくないなどといったことです。自分に厳しい人は、理想が高くそれを叶えることができない自分を許すことができません。

特に、○○になりたくないといった感情を無視することができず、その為激しく努力します。いつしか、その理想を自分だけでなく周囲の人にまで押し付けてしまうこともありますので、注意が必要です。

プライドが高い


自分に厳しい人は、プライドが高い傾向があります。人からダメな人間だと思われたくないとか、笑われたくない、嫌われたくないなどの感情が非常に強く、ちょっとでもプライドが傷付くことを言われると激しく怒ります。プライドが高い人は、人の失敗を許せない傾向があり、反面、自分のミスに気付きにくいといった特徴もあります。つまり、自分はミスなど犯さないと思い込んでいる為、他人のそれが目に付きやすいのです。

プライドが高い人は、実は自信がない人が少なくありません。そこをつつかれたくなくて、人一倍頑張ってしまうのです。本当に自分に自信を持っていて夢に向かって努力している人は、プライドはあまり高くありません。

努力家

本当に好きでコツコツ頑張っている人と、努力しないことを許せない人とがいます。前者の場合は、心にゆとりがあり楽しく努力していますので、他人のことがあまり気になりません。他人が努力してもしなくてもどうでも良いのです。しかしながら、後者の場合は自分が頑張っているのに他人が頑張っていないと知ると激しく怒ります。つまり、本当は努力しなくないのに、努力しない人間をダメ人間だと認識していて、そうなりたくない為に頑張っているので無理があるのです。

無理して頑張っている人や努力している人は、恨みを抱えていることもありますので、注意が必要。こういうタイプと付き合う時は、相手と同じくらい努力することを覚悟しなければいけません。ちょっとでも手を抜いたら、ダメ人間という目で見られます。

規律重視

規律重視するのも、自分に厳しい人の特徴です。それ自体は悪くないのですが、時に自分が勝手に作った常識や価値観を他人に押し付けてしまうこともありますので、注意が必要です。また、規律を無視する人を、罰したくなる傾向があります。もちろん、規律を守らないことは良いことではありませんが、守らない人に対して行き過ぎた行動を取ってしまうと、むしろ要注意人物だと認識されてしまいますので注意することをオススメします。

正義感が強い

正義感が強いことも、自分に厳しい人に見られる特徴です。時に、正義のために、人が言いにくいことを言ってくれたり、行動に移してくれたりすることもあります。しかしながら、その正義が時に一方的なものであったり、思いやりに欠けるようなものであったりすることもあります。あまり白黒はっきりさせるような行為は、反対に人を傷つけてしまうことにつながる可能性がありますので、注意が必要だと言えそうです。

自分の非を受け入れない

プライドが高いがゆえに、自分の間違いを受け入れることができない場合もあります。完璧主義であるために、完璧になれなかった自分を許すことができないのです。その為、言い合いになった時は、こちらが折れることが多くなりそうです。

自分に厳しい人への対処法

切磋琢磨する関係を築く

自分を成長させることが好きなので、一緒に頑張る姿勢でいることが上手く行くコツでもあります。自分に厳しい人は、頑張る人に優しい傾向があります。

相手への肯定の言葉を掛ける

自分のミスを激しく嫌うので、肯定したり賞賛したりする言葉を掛けるのもオススメです。相手が話していることに賛同しつつ、自分の考えについても上手く伝えられると関係性も良くなりそうですね。

「心配しないで」はNG

優しさから「心配しないで」といった言葉を発することがありますが、自分に厳しい方にとっては良いイメージがない言葉です。優しさの言葉とは受け取らず、自分に命令したと受け取ってしまうからです。○○するなではなく、○○しなくても大丈夫と伝える方が良いでしょう。

まとめ

自分に厳しい人と付き合うのは、なかなか大変なことかもしれません。一緒に努力したり、切磋琢磨できたりするような相手がオススメです。また、プライドが高い人も多いので、言葉には十分注意するようにしましょう。