食欲と性欲は関係あり!?ムラムラするときの対処法

彼氏がいない場合、ムラムラした時に対処するのが難しくて困ることもあるのではないでしょうか。人それぞれ個人差がありますが、性欲が上がる期間には、ある特徴が見られるようです。性欲があるのは健康的な証拠でもありますので、悪いことではありません。しかしながら、対処法が分からずにモヤモヤしている時間が長いと、ストレスになることもあります。性交渉以外にも、性欲を解決する方法がありますので試してみるのも良いかもしれません。

食欲と性欲の関係性


美味しいものをたくさん食べたいという欲求と、性欲には関係性があります。

女性は満腹時に性欲が沸く

男性は、疲れた時に性欲が沸く人も多いようですが女性は少し違います。女性は、お腹が満たされている時に、性欲が強くなる傾向があると言われています。食欲を満たすことができれば、気持ちにゆとりも生まれます。美味しいものを食べると、幸せな気持ちになれることもその理由なのかもしれません。そこから、安心してロマンスを楽しめるようになるのです。

反対に、お腹がすいている時は、エッチしたいと思わない傾向があります。空腹時はイライラする人も多く、エッチどころではないと言うのが本音のようです。これは、当然と言えば当然のことかもしれません。

食事で性欲をカバーしている

性欲中枢と満腹中枢は、近いところにあります。その為、性欲を抑えられない時に食べたいものを満足するまで食べることができると、エッチしたい気持ちも上手く抑えられるようです。食べ過ぎに注意する必要はありますが、一度試してみるのも良いでしょう。

女性がムラムラする理由


女性もムラムラすることが当然あります。やはり個人差がありますが、性欲が上がる時期や状況などもあるようです。

30~40歳が性欲のピーク

セックスは、若い方が貪欲のように思われるかもしれませんが、実は女性の場合はそれよりも年齢が高い傾向があります。個人差がありますが、30代40代くらいが一番性欲が高くなる傾向があるようです。その理由は、女性ホルモンとの関係にあります。このくらいの年齢になると、女性ホルモンの一つであるエストロゲンが少なくなってきます。そして、男性ホルモンの働きが活発になってきます。その為、性欲がアップするのです。

また、若い頃はセックスにあまり慣れていないので抵抗がある人もいるのですが、経験が上がることで良さが更に分かるのも理由。傷みを感じにくくなるのも理由です。

ロマンチックなムードで性欲が高まる

好きな人と一緒に過ごす甘いムード。生活感が溢れている環境と比べて、やはり性欲が上がる状況だと言えます。男性は、視覚を大切にすることが多いのですが、女性はムードを大事にすることが多いと言われています。マンネリ化しているカップルは、ムードと視覚を大切にする工夫をしてみるのも良いかもしれません。熱い夜を過ごせるかもしれません。

生理終了直後は性欲が高まる

女性は、長い期間生理と付き合っていくことになります。生理終了後は、エッチしたくなる人も多くなる傾向があります。エストロゲンの分泌が高まってくることも理由で、特に排卵前になると性欲がかなり高まってきます。つまり、一番妊娠しやすい時期にエッチしたくなると言うことです。人の体は神秘的。上手く作られています。また、生理が終わってから排卵までの期間は、一番女性が綺麗に見える期間とも言われています。

食欲と性欲をコントロールする方法

なかなかコントロールするのが難しい食欲と性欲。しかし、ちょっとした工夫で、ある程度を抑えることができるようになります。

リラックスタイム

ホッとする時間があると、必要以上に食べることがなくなります。ストレスが理由でたくさん食べてしまう方も多いので、できるだけリラックスできるようにすれば、食欲をコントロールすることができます。バスタイムを、ゆっくりと楽しむのも良いでしょう。香りの良いハーブティーや紅茶などをゆっくり味わったり、マッサージを受けて心身ともに癒したりするなどの方法もオススメです。心と体を、開放する時間を作りようにしたいものです。

早寝早起きの習慣をつける

規則正しい生活もまた、理想的な食生活につなげることができる方法の一つです。また、規則正しい生活を送っていると、必要以上に性欲を上げにくくなります。反対に、グダグダした生活は気持ちもグダグダしやすくなり、性欲が上がってしまうこともあるようです。

考え事をやめる

人は、思考に巻き込まれてしまうと、多くの場合ネガティブな方に行くことが多いものです。つまり、考えすぎは悪い方に考えやすくなるということです。そうすると、どうしてもストレスを受けやすくなり、その結果必要以上に食べたくなってしまいます。また、ストレスから逃れるように、エッチに走ってしまうこともあります。ですから、考え事をできるだけ止めるようにするのも良い方法だと言えるのです。或いは、予め考える時間を決めてからその時間だけ考えるようにするのも良いかもしれません。

軽い運動をする

運動することで、食欲を抑えられるようになります。また、心身共にすっきりとして、性欲をあまり感じなくなります。程よい疲れが心地よく、夜はスムーズに眠りにつくことができます。運動は、ダイエット効果も期待することができますし、メンタルの安定にも良い方法ですから、是非積極的に運動を取り入れたいものです。

性欲が満たされると得られる効果

性欲が上手く満たされると、色々なメリットがあります。満足感が得られるのはもちろん、他にも良いことがあります。

性欲自体は悪いことではない

日本人は特に、性に対してネガティブな印象を持ちやすい傾向があります。しかし、性欲を感じることは悪いことではありませんし、健康的なことでもあります。もちろん、不特定多数の相手と関係を結ぶのは考えものですが、信頼し合えるパートナーとの間でのそれは、お互いの生活をより充実させることができる良いものであると言えます。また、予め性欲を感じた時の対処法を見つけておけば、安心することができます。

快感や幸福感が得られる

エッチは、他のものとは比較できない特別な快感を得られる行為です。また、好きな人と結ばれた時は、この上ない幸せを感じます。良いセックスをできることができれば、それだけで生活の満足感は上がるとも言われていますので、誰の人生においても、大切なものであることは間違いないと言えるでしょう。

ダイエット効果がある

性欲を満たすことができれば、食欲を抑えることができますので、結果的にダイエット効果も期待できるようになります。また、行為そのものに、カロリーを消費する働きもありますので、これもまたダイエット効果があると言える理由です。好きな人の前では、できるだけ綺麗な姿を見せたいと思うのが女心。それが、食欲を抑える理由になることもあります。

美肌効果がある

セックスすると、エストロゲンが分泌されやすくなります。それが、美肌効果を得ることができます。

生理周期が安定する

個人差がありますが、セックスをするようになってから、生理周期が安定したように感じる方もいるようです。

まとめ

性欲を感じることは悪いことではありません。しかしながら、あまりに性欲が強すぎると、生活する上で困ることもあるかもしれません。性欲を抑えたい時は、基礎正しい生活を心掛けたり、運動をとりいれたりするのもオススメです。また、食欲を満たすことで性欲を抑えられる場合もあります。

女性の性欲のピークは、30代と40代。また、女性はムードによって性欲を感じることも多いようです。