ケンカの夢は人間関係へのSOS?夢占い診断でわかる人付き合い

誰かとケンカをする夢というのは結構な頻度で見る夢でもあります。はたしてこのように頻度大く見られる夢は悪い意味を持っているのでしょうか。そこで、今回はケンカをする夢について細かく調べて、どのような意味を持っているのかをまとめていきます。いったい、誰が誰にどのような状況でケンカをすると、どんな意味員あるのでしょうか。

ケンカする夢の持つ意味


夢占いにおいてのケンカは抑圧された何かからの解放をするためのレジスタンス的な運動となっております。しかし、夢の中のケンカというのは逆夢であるパターンが多いので、予想外の結果が待っている可能性が高いのです。

ストレスが溜まっている

基本的なケンカのパターンがストレスがあまりにも溜まってしまったことでどうしても我慢できなかったというパターンでしょう。仕事や人間関係がうまくいっていないためにイライラも溜まってしまい、感情が爆発してしまうことも多いのです。決して良い状態ではありませんので、そこそこの警戒が必要な状況と考えましょう。

仕事運や対人運の向上の暗示

基本的に、ケンカの規模が大きくなればなるほど、逆夢的な要素も大きくなりますので、出来るだけ派手にやってもらうことを祈りましょう。それらのケンカが夢の中で発生すると、対人運や仕事運が一気に向上します。他の意味と合わせないといけないので、完全な吉夢とは言えませんが、十分にうれしい夢といえるでしょう。

心の限界を示す

夢の中でのケンカは葛藤や抑圧や不安、そしてストレスから解放されたいがために行われるものです。つまり、ケンカが夢の中で行われてしまうということは心がもはや悲鳴を上げている段階に来ているということになります。早急に対応する必要があります、休息といったストレス発散をすぐに実行してください。

自身を苦しめる問題を示す

ケンカは今苦しめている問題はなんなのかを端的にアピールする場所でもありますので、ある意味利用することは出来ます。今抱えている問題を好転させる兆しにもなってくれますので、最大限に利用しましょう。

誰かとケンカする夢

それでは具体的に誰とケンカをしているのか、対象によってどのように意味が変わるのかを解説いたします。

友達とケンカする:仲良くなれる

友達とのケンカは基本的に逆夢です。派手にケンカをすればするほど、仲良くなれるでしょう。ただし、その友達が親友と呼べるレベルの存在だった場合、その友達と一緒に幸運が訪れるという吉夢になります。

誰かのケンカを眺めている:やるべきことをやっていないという忠告夢

夢の中でのケンカというのは問題点が何なのかをアピールする場所でもあります。しかし、誰かのケンカに仲介することなく黙って遠くから見ているだけでは、問題点から目を背けて放置しているに過ぎません。消極的すぎる態度は問題を先送りするだけなので、やるべきことはやっていないという忠告をしている夢と言えるでしょう。

知らない人とケンカする:自分のイヤなところを認めたくない気持ちの表れ


誰ともわからない知らない人とのケンカをする夢というのは、自分の嫌なところを認めたくない気持ちの表れとなっております。ここで出てくる見知らぬ人というのは実は自分自身のことなので、自分から見て自分の嫌なところははっきりと見えるのです。はっきりとわかって見えているからこそ、否定的な気持ちが出るようになってしまいます。

恋人とケンカする:恋人と分かりあいより深い関係になれる

これは逆夢のパターンが多いです。恋人とのケンカは恋人と分かりあいより深い関係になれるという暗示なので、ケンカの度合いが大きければ大きいほどさらに仲良くなることが出来るでしょう。不安な気持ちがあったりしてもしっかりとぶつけあってケンカをすれば、それらを含めて仲直りすることだって出来るのです。逆にやっていけないことが、ひたすら隠してケンカもしないというパターンになります。

兄妹・姉妹とのケンカをする:人間関係のトラブルが解消される

夢の中で兄弟姉妹とケンカをするというパターンは、人間関係のトラブルが解消されるという暗示になります。夢の中で兄妹というは存在は人間関係の象徴というカテゴリーにわけられているので、うまいお付き合いが出来ればそれだけ対人関係のトラブルも減るのです。

外国人とケンカする:価値観が異なる人を受け入れられていない

価値観が違う外国人とケンカをするというパターンは、価値観が受け入れられないので争ってしまうというケースで、どうしても受け入れることが出来ない部分があるので衝突してしまう可能性が高いという暗示になります。もちろん、衝突したとしても、お互いの何が駄目なのかを話し合うことも出来ますので、ケンカ前とケンカ後で大きく前進することが可能でしょう。

自分を殴る夢:自分自身への不満がある


自分を殴るという夢は自分自身への不満が高まっているというサインで、どうにかする必要があるという気概があるけどどうにもならない葛藤もあるといえるでしょう。しかし、これらの葛藤があるためのケンカなので、決して無駄にはなりません。その不満をはっきりさせて改善する努力をしてください。

恋人を殴る夢:恋人への不満を表している

自分にとっての恋人を殴る夢というのは恋人へのストレスが溜まっている証でもあります。打ち明けていなかった部分がお互いにあることからケンカへと発展し、打ち解け合った関係になって初めてストップするのです。不満や不安はありますが、このような殴り合いのケンカも逆夢になることが多いので、プラスに働くことが多々あります。

父親を殴る夢:目上の人に対して不満を抱いている

夢の中の父親は威厳や家族の象徴的な存在なので、その象徴を殴るということは、上司や目上の人たちにある権威や威厳そのものに強い不満や不安を抱いているという意味になります。抑圧された現状から解放されたいという意識が強いのですが、なかなかどうにもならないストレスなので、ストレス解消のために運動や休憩をすることを推奨します。

他人を殴る夢:自身の短気を警告している

知らない人との殴り合いは同性か異性かで意味が多少変わってきますが、基本的には他人を殴るという夢は他人のちょっとしたミスでも激しく警告をすることが多く、短気であることが多いのです。むしろ、この短気をどうにかしろという警告と受け取った方がいいでしょう。

母親を殴る夢:母親に対して不満を抱いている

夢の中では母性の象徴である母親というのは最強の保護者であり、その母親を殴るということはどうにかして自立したいという己の葛藤故の行動となります。独立したいという心を持っているけど、その障害となっている母親に対して不満を抱いているのです。

嫌いな人を殴る夢:幸運を運ぶ夢

とにかく嫌いな人を殴る夢は、幸運を運ぶ夢なので吉夢と数えていいでしょう。自分に合わない存在を気にかけて殴るという夢は、現実世界で新しいことに意欲的にチャレンジするという気持ちに繋がりますので、己の活動範囲を広げてください。

好きな人を殴る夢:恋人に対しての不満がある

自分にとって好きな人を殴る夢は恋人に対しての不満が非常に溜まっているというサインで、爆発する一歩手前には来ていると考えてください。メンタル的なイライラが確実に溜まっている段階なので、これ以上トラブルを大きくしないためにも何らかのアクションを起こすことが必須となります。

友人を殴る夢:その相手といるとき緊張している

自分にとっての友人を殴る夢というのはその相手といるとき緊張しているという証です。また、ケンカをしている友達との関係改善を促せるチャンスでもありますので、友達との間の問題を解消しましょう。緊張している相手でも、本音で語り合って殴り合えば次の日には大親友です。夢の中でケンカをした相手と固い絆を結べる夢という扱いも出来ます。

兄妹を殴る夢:自分自身が嫌いになっている

兄弟姉妹を殴る夢というのは自分自身が大っ嫌いという意志が強く働いているサインです。兄弟姉妹は自分の姿を映し出す鏡のような存在なので、鏡を殴るということは今の自分が非常に気に入らないということになりますので、自分磨きを本格的にスタートしてください。

子供を殴る夢:自分の幼稚さを捨てたい願望の現れ

子供を殴る夢というのは自分の幼稚さを捨てたい願望の現れです。実際の世界では確実に出来ないことではありますが、夢の中での子供を殴るという行為は自分の中にある甘さや幼稚さが気に入っていないので、1秒でも早くどうにかしたいという強い意志が働いております。

夢の中でのケンカの原因


それでは夢の中でケンカをする原因からどのような意味があるのかを考えていきましょう。夢だからこそ現実からは考えられないこともあるという覚悟を持ってお読みください。

些細なことが原因だった場合:すっきり目覚めれば吉夢だが揉めて終わりなら凶夢

夢の中での争いの原因が些細なことが原因だった場合はすっきり目覚めれば吉夢だが揉めて終わりなら凶夢となってしまいます。これは終わり方次第の部分も大きいですが、寝起きが明らかに違うので区別はしやすいでしょう。

相手の浮気が原因だった場合:相手に対する不満を表す

相手の浮気が原因で夢の中でケンカをしている場合は相手に対する不満を表していると考えましょう。このケンカによってストレスが発散されれば現実世界でもプラスに働くことが多いのですが、これでもストレスがなくならない場合は現実世界でも関係性がこじれてしまう恐れがあります。

実際のケンカと同じ内容:睡眠障害の可能性がある

これが一番まずいパターンです。実際のケンカと全く同じ内容で夢の中で再現されている場合は睡眠障害の可能性があります。現実と夢の区別がついていないためにこのような状態になっていると推察されているのです。

まとめ

夢の中でのケンカはプラスの意味もあればマイナスの意味もあります。とにかくケンカは一人では出来ませんので、誰とケンカをしているのかが重要なのです。プラスに働く夢もありますが、警告や忠告になっている夢もありますので、無視するのは危険でしょう。ちなみに、ケンカに仲裁が入るというさらなる第三者が出る夢であり協力者が現れる夢ともなっています。このように2人以上絡むケンカの夢もありますので、登場人物は覚えておきましょう。