風水的にNGな部屋?意外とやりがちな運気を下げる部屋作り7つ

風水を取り入れるにもやり方があります。風水をよく知らない人でも、西に黄色いものを置いておくと金運がアップするというのは知っているでしょう。しかしこれもただ置いておくだけじゃダメなんです。手軽に取り入れられる風水でも、本格的に取り入れる風水でも正しいやり方があります。それを知らないと効果がなくなったり、運気が下がりやらない方がよかった、ということになるかもしれません。風水でありがちなNGを知っておけば、デメリットは回避できます。

意外とやりがち!NGな部屋のポイント7つ

表札のない玄関は運気が呼び込めない


以前はどこの家庭にも玄関に表札をつけていました。ところが今は防犯面や個人情報云々に関することを気にする傾向があるため、あえて玄関に表札を付けない人がいます。防犯面では安心ですが、実はこれ風水ではNGとなってしまいます。表札がないと人が住んでいても無人となってしまうので、家全体の運気が下がります。

玄関の正面に鏡を置くと運気を外に逃がす

玄関に鏡を置くのはよくあることです。家によっては備え付けの大きい鏡があるかもしれません。玄関の鏡は出かける前に自分の姿を確認できるので便利ですが、玄関のドアの正面に置くのは風水上NGとなります。運気は玄関から入ります。いい運気を取り入れられるようインテリアを考えていても、正面に鏡があるといい運気を反射して外に逃がしてしまいます。これではどんなにインテリアに凝っても、家の運気を上げることはできません。

玄関に空のダンボールを置くと家の運が下がる

通販で荷物が届き、商品が入っていたダンボールを玄関に置きっぱなしにしていませんか?資源ゴミの日に捨てようとそれまでそのまま置いてしまったり、面倒だからとずっと玄関に空のダンボールを置きっぱなしにすると。ダンボールが邪気を吸い取り、家の中に邪気を呼び込んでしまいます。これは古新聞なども同じ、不要なものは玄関に放置せず早めに捨ててしまいましょう。

キッチンへ財布置き場を作ると運気が下がる

買い物をしてきて、真っ先にキチンに行って冷蔵庫に食品をしまうというのもよくある光景です。キッチンに直行したり、キッチンにいることが多いと財布もキッチンに置いたままになります。キッチンは風水上火の気を持ちます。火があるところにお金を置いておくと、金の気を燃やすので金運が下がります。財布はキッチンに置かないよう注意してください。

モノトーンの部屋は恋愛運を下げる


白と黒のモノトーンの部屋は、シンプルでスッキリしているのでインテリアをモノトーンで統一している人も多いのではないでしょうか。しかし風水上ではモノトーンは運気を下げると言われています。特に恋愛運をアップさせたい人には不向きとなってしまうので、モノトーンだけにするのはNGとなります。しかし趣味ではないインテリアにするのも、難しいでしょう。こういう時は恋愛運をアップさせるピンクや黄色の小物を部屋に置くといいでしょう。基本はモノトーンで、クッションカバーにピンク、家電に黄色などをちょっと色を加えるだけで運気を変えられます。

ぬいぐるみを寝室に置くと自分の運気を吸われる

インテリアにぬいぐるみを置くことも多いです。寝室にぬいぐるみを飾っているという人は少なくないでしょう。ぬいぐるみは癒しにもなりますが、風水上ではNGです。理由は自分の運気をぬいぐるみが吸い取ってしまうから!悪い気を吸い取ってくれるのはいいのですが、良い気まで吸い取るのでできればぬいぐるみは寝室に置かないようにしましょう。数が多いほどたくさん吸い取られてしまいます。どうしても置いておきたいなら3個までにしておくことをおすすめします。汚れたらそのままにせず、洗ってきれいにしてあげてください。

ドライフラワーは悪い気を生む原因

ドライフラワーには生花と違う魅力があります。インテリアとしてもおしゃれですし、ドライフラワーで作ったリースがあるとそれだけで部屋の雰囲気が変わります。しかしドライフラワーは風水上では、死んだ花とみなします。枯れた状態の花を部屋に置いておくと、悪い気を放つとされています。運気を上げるための風水でも、運気を下げたら意味がありません。花を飾るなら生花を選びましょう。

意外とやりがち!風水上にNGな寝室の作り方

寝室のドアをあけると正面にベッド

寝室のドアを開けてすぐベッドが見えるような配置は、風水上ではNGとなってしまいます。ベッドのように大きい家具は、気の流れを妨げてしまいます。寝室にベッドを置くのは仕方ないとしても、ドアを入ってすぐにベッドがあると気の流れを邪魔してしまい寝室にいい運気が入りません。可能ならベッドを移動させ、いい運気が寝室に入りやすいようにしましょう。

水物(水槽や花瓶)を置いている


寝室は眠る場所ですから、陰の気が多く静かな方が快適に眠れます。水槽や水を入れた花瓶は水が動くので寝室には不向きです。動く水は凶作用となってしまうので、眠りを妨げ睡眠不足になる可能性があります。寝室には花瓶も水槽も置かない方がいいでしょう。何かを飾りたいなら観葉植物がおすすめです。

窓の光を遮る位置にベッドを配置

気は窓からも入ってきます。寝室に大きい窓があっても、窓際にベッドを置くと光を妨げてしまいますし、いい気が入ってこようとするのを邪魔します。ベッドはできるだけ窓から離して、光や気を遮らないようにしましょう。

寝ている姿が鏡にはっきり映るのもNG

ベッドの横に鏡があって、寝ている姿が鏡に映るのは風水上でNGとなります。寝室に大きい鏡があるのはよくある光景ですが、寝姿が映ると悪い気を浴びてしまいます。全身ではなくても、鏡にベッドが映り込むのはよろしくありません。備え付けの鏡だったり、ベッドの位置を動かせなかったりする場合は、鏡に布をかけ寝姿が映らないようにしましょう。

部屋に置くと運気が上がるインテリア

カエルの置物で金運アップ

風水で運気をアップさせたいときは、置物を置くだけでもOKです。カエルの置き物は金運をアップさせてくれると言われています。おすすめは3本足のカエルで口にコインをくわえているものです。通常は4本足ですが、3本足のカエルの方が金運アップ効果が高いと言われています。

玄関の右側にこだわりの鏡で仕事運アップ

玄関に鏡を置きたいなら、玄関の入ったとき右に置くといいでしょう。正面はいい運気を反射して逃がしてしまいますが、右に置けば運気を妨げませんし、仕事運がアップすると言われています。鏡の形が八角形だと金運アップ、丸や楕円だと対人運がアップすると言われています。フレームはプラスティック製は運気を下げるので、天然木で出来ているものがおすすめです。

玄関マットで気の流れを整える

玄関からはいい運気も入りますが。悪い運気も入ります。玄関マットを置くとマットが悪い運気を吸い取ってくれると言われています。玄関にはマットを敷くといいでしょう。ただし使っていて汚れると運気が下がりますので、定期的にマットは交換しましょう。

観葉植物で明るい気を呼び込む


観葉植物を置くだけで、部屋の運気をアップさせることができます。植物があるとそれだけで部屋が明るくなりますし、観葉植物には運気をアップさせたり、気のバランスを整えたりする効果も期待できます。手軽に取り入れられるのもいいところです。観葉植物にも種類があって、それぞれに効果は変わってきますから、目的に合わせて種類を選ぶことが大切です。

まとめ

風水を取り入れる目的は人によって違います。科学的根拠はないとしても、実際に運気が上がった人も多いのは説得力があります。いずれにしろ風水は正しく取り入れてこそ効果が期待できます。知らずに間違った取り入れ方をする運気が下がってしまいます。紹介した方法はどれも簡単ですから、NGにならないよう正しく取り入れてください。