シャツ×カーディガンのおすすめコーデ13選!

トップスの印象で全身のコーディネートが決まるといっても過言ではないことから、シャツやカーディガンを選ぶ時には、様々な組み合わせを考えるでしょう。

今回紹介する女性らしいファッションは、普段使えるものから特別な日に合わせやすいコーデまであります。是非今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介しているシャツ×カーディガンのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12 おすすめコーデ:13

この記事の作成者

R.K.さん【29歳】
元ファッションモデルでアパレル業のおしゃれ大好きR.K.さんがこの記事を作成しています

シャツ×ショートカーディガンのおすすめコーデ


引用:CBK(カブキ)

綺麗なグリーンのカーディガンは、1枚あるだけで大きな存在感となります。ブルーのシャツとの相性も抜群で、パンツスタイルはもちろん、スカートとも合わせやすいコーデです。


引用:CBK(カブキ)

ジーンズの合わせるシャツはどんなものでも合わせやすいですが、ボーダー柄のカーディガンとの相性も良いカーキ色のシャツにしますと、オンでもオフでもかっこよく決まるコーデになります。


引用:CBK(カブキ)

綺麗な発色のパンツには、ボーダー柄のカーディガンと白いシャツが良く合います。万能性が高いボーダー柄のアイテムは、夏らしいカゴバックと合わせてより爽やかな印象になります。


引用:CBK(カブキ)

発色が綺麗な赤いカーディガンは、白いシャツとの相性が抜群で、シンプルになりやすい装いでも、ボトムスやパンプスの合わせ方によって、女性らしい印象を醸し出せます。

 


引用:CBK(カブキ)

グリーンのタイトスカートに合わせやすいブルーのシャツは、首周りがスッキリ見えるので小顔効果が期待できるでしょう。黒のカーディガンは、腰に巻くことで下半身にアクセントを加えられます。


引用:CBK(カブキ)

涼しげな印象のシャツワンピースは、1枚持っていると様々な場面で活躍させられます。カーディガンはボーダーにすることで、シンプルな装いを華やかにします。


引用:CBK(カブキ)

シャツの上にカーディガンを肩にかけるスタイル。シャツだけだと物足りないけど、指し色としてパーカーも加えるだけでおしゃれな印象になります♪

シャツ×ロングカーディガンのおすすめコーデ


引用:CBK(カブキ)

体形カバーのアイテムとしても役立つロングカーディガンは、大きめサイズの白いシャツを着て、ゆったりとした着こなしを楽しめます。


引用:CBK(カブキ)

シャツもボトムスもジーンズのコーデをした時には、黒のロングカーディガンを1枚羽織るだけで、おしゃれ度がさらにアップします。

引用:CBK(カブキ)

ショートパンツに良く似合うロングカーディガンは、チェックのシャツとの相性が抜群で、シューズとバッグを黒で揃えることで、全身のバランスを整えたコーデが完成します。


引用:CBK(カブキ)

シックな彩りでのコーデには、チェック柄のシャツとロングカーディガンを合わせると良いでしょう。白いスニーカーがアクセントになって、全身のトータルコーディネートが完成します。


引用:CBK(カブキ)

温かみがあるロングカーディガンは、スニーカーと色味を揃えることで、統一感があるコーデに仕上がります。ギンガムチェックのシャツは、ボトムスにインすることでスッキリとした印象になります。


引用:CBK(カブキ)

ジーンズのシャツに合うグレーのロングカーディガンは、温かみがある素材でハットと統一させるのがポイントです。バッグのデザインで遊びを加えますと、おしゃれ度がさらにアップします。