シャツ×ガウチョパンツのおすすめコーデ12選!

ゆったりとした着心地で動きやすいガウチョパンツは、素材によってカジュアルなコーデやフェミニンさを出したいコーデなどに幅広く使用できるアイテムです。下半身の体型をカバーし美脚効果を狙えるため、よりスタイリッシュに見せたい時も効果があります。

バリエーション豊かなシャツと組み合わせることで、コーデの可能性が無限に広がります。ぜひ以下の紹介を参考にして、自分らしく着こなせるスタイルを見つけ出してください。

序文を200文字ほどで記載この記事で紹介しているシャツ×ガウチョパンツのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12

この記事の作成者

R.K.さん【29歳】
元ファッションモデルでアパレル業のおしゃれ大好きR.K.さんがこの記事を作成しています

シャツ×ガウチョパンツのおすすめコーデ特集


引用:CBK(カブキ)

清楚な印象を与える白のシャツにストライプ柄のガウチョパンツを合わせたコーデです。全体を白で統一してみる人に爽やかなイメージを与えます。黒のサッシュベルトをプラスすることで腰回りの印象を引き締めています。

引用:CBK(カブキ)

水色が印象的なシャツは大きく襟を開けて着こなすことで涼しげに見えます。黒のガウチョパンツは下半身の体型をカバーしスタイリッシュなイメージを作ります。服の素材でカジュアルになりすぎないコーデとなっています。

引用:CBK(カブキ)

ギンガムチェックのシャツは黒を選ぶことで大人可愛い印象の着こなしができます。淡いベージュのガウチョパンツに光沢感のあるパンプスを合わせてエレガントな装いとしているのが特徴です。春から初夏にふさわしいコーデです。

引用:CBK(カブキ)

ベージュのガウチョパンツをかっちりとした黒のジャケットと白のシャツと合わせることで、ビジネスシーンにも適しているスタイルになっています。ガウチョパンツには脚長効果も期待できるため、スタイリッシュな印象を持たせます。

引用:CBK(カブキ)

ガウチョパンツは七分丈なので、足が露出することが気になるという方はタイツを着用すると寒さをカバーできます。シャツの上にニットを重ね着しているため、少し肌寒い日にも最適なコーディネートに仕上がっています。

引用:CBK(カブキ)

ゆったりとしたシルエットを持つガウチョパンツには、トップスにもゆったりとした着こなしのものを合わせることでフェミニンな印象を与えることができます。肌触りの良い素材のガウチョパンツは着心地の良さと優雅なイメージを両立します。

引用:CBK(カブキ)

丈の長いガウチョパンツは体型カバー効果に優れています。収縮色である黒のシャツを合わせて全体的な印象を引き締めているコーディネートです。シャツはややラフに着こなすことでより一層スタイルを良く見せることができます。

引用:CBK(カブキ)

青のギンガムチェックが爽やかなシャツに、デニム生地のガウチョパンツを合わせることで快活な印象を与えます。丈が少し短いガウチョパンツは、素材によってはアクティブなスタイルにも対応できるため動きやすいものを選ぶとよいでしょう。

引用:CBK(カブキ)

鮮やかなピーコックグリーンが特徴的なガウチョパンツには、オーソドックスな白シャツを合わせることで主役のガウチョパンツを引き立てます。フリンジの付いたバッグを持つとどこかエスニックなイメージに仕上がります。

引用:CBK(カブキ)

春夏のイメージが強いガウチョパンツですが、丈が長めのものを選べば秋冬コーデにも対応できる優れものです。モノトーンのトップスとパンツにニットベストを合わせて防寒対策とおしゃれを両立できるコーデになっています。

引用:CBK(カブキ)

ラフでカジュアルなスタイルでありながらも、フェミニンな印象を与えるコーデにガウチョパンツは最適です。全体を白とベージュの淡い色で統一しており優しい色合いで、靴底の薄いシューズはカジュアルコーデにふさわしいものです。

引用:CBK(カブキ)

デニム生地のシャツというカジュアル度の高いトップスにもガウチョパンツは合わせることができます。丈が長く、ゆったりと着こなせる素材のガウチョパンツで快活さとガーリッシュさを合わせた印象に仕上がっています。