ブラウス×スカートのおすすめコーデ20選!

様々なコーデができるシャツとスカートの組み合わせは、女性らしい雰囲気だけでなく、カジュアルな印象も演出できるのが特徴です。

新しい洋服を買うだけでなく、手持ちのものの組み合わせを少し変えるだけで、コーディネートの幅は大きく変えら変化させられます。

今回紹介するシャツとスカートのファッションを参考にして、今後更におしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介しているブラウス×スカートのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12 おすすめコーデ:13 おすすめコーデ:14 おすすめコーデ:15 おすすめコーデ:16 おすすめコーデ:17 おすすめコーデ:18 おすすめコーデ:19 おすすめコーデ:20

この記事の作成者

R.K.さん【29歳】
元ファッションモデルでアパレル業のおしゃれ大好きR.K.さんがこの記事を作成しています

ブラウスとフレアスカートのおすすめコーデ


引用:CBK(カブキ)

プリーツの幅が広いのが特徴のフレアスカートには、インパクトが大きい花柄のシャツが合わせやすくなっています。靴やバッグもシャツと同じ黒で統一感を持たせて、全身をバランス良くコーディネートできます。

引用:CBK(カブキ)

レース風の白いシャツが女性らしい印象のコーデには、存在感があるフレアスカートがおすすめです。かっちりとした雰囲気のバッグとの相性も抜群で、特別な日のお出かけコーデに最適です。

引用:CBK(カブキ)

ノースリーブで涼しげな印象のレースのブラウスは、ブルーの発色が綺麗なフレアスカートと合わせやすい黒が良く似合います。大きめサイズの白いバッグとのコーデもおすすめで、優しい印象が演出できます。

引用:CBK(カブキ)

細かいプリーツが入ったフレアスカートは、足長効果が期待できる1着です。袖口が特徴的なレース風のシャツは、カゴバッグと合わせて夏っぽい印象を更に強調できます。

引用:CBK(カブキ)

ストライプ柄が特徴的なフレアスカートには、ドット柄のシャツがおすすめです。往復に合わせて小物もモノトーンで仕上げますと、全身のバランスを整えながらトータルコーディネートが完成できます。

引用:CBK(カブキ)

インパクトが大きいピンク系のフレアスカートには、シンプルな白いシャツがおすすめです。首周りがスッキリしたデザインのシャツは、小顔効果が期待できるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

薄いブルーのフレアスカートは、爽やかな装いをしたい時におすすめです。白いシャツのデザインも女性らしい肩が露出されるものを選びますと、更に柔らかな印象を演出できるでしょう。


引用:CBK(カブキ)

大きめのバッグとマスタードカラーが特徴的なフレアスカートの組泡わせは、誰もが真似しやすいコーデとなります。シャツをスカートにインする着こなしは、更に足長効果を発揮するファッションです。

引用:CBK(カブキ)

淡い色のフレアスカートは、暑い季節でも涼しげで爽やかな印象になります。トップスとなるシャツの組み合わせを変えることで、更に女性らしい雰囲気を装うことができます。

引用:CBK(カブキ)

インパクトがある大胆なピンクのスカートは、1着あるとそれだけで着こなしが決まるのがポイントです。スタンダードな白のトップスには、レース風のシャツが良く似合います。

引用:CBK(カブキ)

ブルーと白の組み合わせが綺麗なシャツとフレアスカートのコーデは、ロングスカートでも明るい色のボトムスなので重くならないのが特徴です。

ブラウスとタイトスカートのおすすめコーデ


引用:CBK(カブキ)

大人っぽい雰囲気が演出できるタイトスカートは、茶系のものが1枚あると重宝します。トップスには合わせやすく万能性が高い黒のシャツがおすすめで、バッグやパンプスなどの小物と色を合わせることで、全身に統一感が生まれます。

引用:CBK(カブキ)

ウエスト部分のリボンがアクセントになるタイトスカートは、白いシャツとの相性が良いベージュのスカートが便利です。前ボタンがポイントになるデザインは、更におしゃれ度をアップさせたい時に便利です。

引用:CBK(カブキ)

長い丈が特徴のタイトスカートは、肩の露出が多いシャツやカゴバックとの相性が良いので、夏らしいコーデをしたい時にとても重宝します。

引用:CBK(カブキ)

パンプスと色を合わせたオレンジ系のタイトスカートは、季節を問わずに取り入れやすいコーデです。白いシャツと上に羽織るコートの丈とのバランスも重要になります。

引用:CBK(カブキ)

黒いハットに合わせ同系色のタイトスカートは、おしゃれなデザインの白いシャツとの相性が良く、綺麗なモノトーンコーデが素早く完成します。

引用:CBK(カブキ)

ギンガムチェックのシャツは子供っぽい印象になりやすいですが、淡い色のタイトスカートと合わせることで、大人っぽい雰囲気が保てます。

引用:CBK(カブキ)

濃いオレンジ系のシャツに合うタイトスカートは、丈が長いグレーのシンプルコーデが良いでしょう。無地が多いファッションでも、それぞれのアイテムの色の違いを楽しめるので、おしゃれでハイセンスな装いが実現します。

引用:CBK(カブキ)

ジーンズ素材のロングスカートも、1枚持っていると様々な場面で利用できます。特にシャツとの相性がよいことから、白のレース風のシャツと合わせて、洗練された女性らしいコーデに挑戦できます。

引用:CBK(カブキ)

体形カバーができるジーンズ素材のタイトスカートは、袖口がふんわりとした印象のデザインのシャツをセレクトすることで、女性らしさを気軽に演出できます。