チュニックになるニットのおすすめコーデ8選!

丈の長さやデザインによっては、気になる下半身をカバーできるチュニックは、ニット素材でもコーデすることができます。

最近では、長めの丈のものが増えているニットは、その人の体形や使い方次第では、チュニックとして活用できるのが特徴です。

今回紹介するチュニックになるニットのコーデを参考にして、今後に活かしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介しているニットチュニックのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8

この記事の作成者

R.K.さん【29歳】
元ファッションモデルでアパレル業のおしゃれ大好きR.K.さんがこの記事を作成しています

チュニックになるニットのおすすめコーデ特集


引用:CBK(カブキ)

長めの丈が程良いデザインになるニットを着る時には、チュニックとして活用することで、更におしゃれの幅が広げられます。デニムやコートとのバランスもちょうどよく、気になる体形もカバーできます。

引用:CBK(カブキ)

薄手のニットはチュニックとして使いやすいのがポイントで、ボトムスの違いで全く異なる印象が与えられるでしょう。バギーパンツ風のボトムスでも、大きなフレアに合わせたシルエットが洗練された雰囲気を醸し出します。

引用:CBK(カブキ)

スリムなボトムスに合わせると引き締まった印象になるニットを使ったチュニックは、小柄な人でも真似しやすいコーディネートです。年齢や体形を気にせずできるファッションは、多くの支持や共感が得られるコーデとなります。

引用:CBK(カブキ)

さらりと着られる薄手のニットは、寒い季節にはチュニックとして着こなすと良いでしょう。デニムやパンプスとの相性が良いので、大きめのストールで上半身にボリュームを与える破線砂着こなしが実現できます。

引用:CBK(カブキ)

薄紫風のチュニックは、ニット素材ですので温かみが加わるコーデとなります。おしゃれなバッグやパンプスと合わせることで、シンプルなコーデにもアクセントを加えた着こなしが可能です。

引用:CBK(カブキ)

シャツの上に重ね着をしてチュニック風にするコーデは、寒い季節でも暖かさを維持した着こなしができます。黒のニットはオーソドックな色ですが、必ず1着は持っていたいファッションアイテムです。

引用:CBK(カブキ)

首周りにボリュームがあるハイネックタイプのニットは、長めの丈を活かしてチュニック風にすることができます。シンプルなデザインのパンツに白いスニーカーを合わせる着こなしには、赤のバッグがアクセントになります。

引用:CBK(カブキ)

細身のデニムと合わせやすいロングニットは、チュニックとしての要素が沢山あるファッションです。ポイントに赤いチェック柄のストールを使用することで、周囲の人とは少し違うハイレベルなおしゃれができます。