指輪

お金がなくても結婚したい。結婚するのに必要なお金の目安

結婚するにはお金がかかるというのはよく聞く話ですよね。お金がないから結婚できないというのもよく聞く話ですが、お金はないけど愛する人と結ばれたいと考えるのも仕方のないことです。

今現在そのように思っている方もおられるかもしれませんが、ここではそのような方のためになるべく安く結婚する方法をご紹介したいと思います。

結婚に必要なお金の目安


そもそも結婚するにはどれくらいのお金が必要になるのかということですよね。恐らくこれは知らない人のほうが多いでしょうし、具体的にいくらくらい必要なのか分からないという方が大半でしょう。ここではまず結婚に必要なお金の目安をご紹介します。

結婚時に貯金しておくべき金額は400万円

結婚時に貯金しておく金額は約400万円だと言われています。結婚するとなると何かとお金がかかりますし、基本的には自己資金で賄う必要があります。

結婚のための準備にもお金がかかりますし、結婚したあとの新生活にも何かとお金がかかりますからせめてこれくらいの貯金は必要だと言われています。

結婚式費用の相場は150万円


結婚式費用の相場はだいたい150万円と言われています。ただ、これは地域によって異なりますし、どのような結婚式をするかでも変わってきます。最近では神前式や人前式といった挙式をする方もいますし、レストラン挙式や海岸挙式など結婚式もかなり多様化しています。あくまで相場としてこれくらいの目安だと覚えておきましょう。

新婚旅行費用の相場は50万円

結婚したら新婚旅行にも出かけると思いますが、この費用がだいたい50万円くらいの相場だと言われています。最近だと国内での新婚旅行というケースも増えているようですが、一生に一度の新婚旅行ということで海外に行きたいと考える方が多いのも事実です。

海外に行くとなるとどうしてもこれくらいの費用は必要となってくるでしょう。ただ、これも行き先や滞在先、どれくらい宿泊するかなどによって金額は大きく変わってきます。

新生活費用の相場は100万円

新生活費用の相場は100万円だと言われています。夫婦での新生活を始めるとなると住む場所も見つけなくてはなりませんし、家具や家電を購入する必要もあります。だいたいこれくらいあれば何とかなるでしょう。

緊急時の予備資金として100万円

緊急時の予備資金として100万円ほどあれば安心です。何があるか分かりませんし、当初の予算を超えてしまうということもあるでしょうからそのようなときはこの予備資金で賄うことができます。

お金が無くても結婚する方法


「やっぱりお金がないと結婚は無理か」と思った方もおられるでしょうが、決してそんなことはありません。お金がなくても結婚している人はたくさんいますし、貯金ゼロで結婚したという方もいます。

確かに現実問題お金は必要ですし大切ですが、なければ絶対にできないということもありません。結婚するのにこれくらいのお金が必要というルールもないわけですし、婚姻届さえ役所に提出すれば婚姻は成立します。ここでは、お金はないけど結婚はしたいという方のためにお金がなくても結婚できる方法をご紹介しましょう。

結婚式をしない

お金がないのなら結婚式はしない方向で話を進めましょう。最近では挙式をしないというカップルも増えていますし、仲の良い友人や身内だけでちょっとしたパーティーをして済ませるということもあります。挙式するとなるとどうしても莫大な費用が必要となりますし、ささやかにやろうとしてもそれなりの費用はかかります。お金がないのなら無理にやる必要はありません。

新婚旅行は国内で済ませる

新婚旅行もわざわざ海外に行く必要はありません。海外に行くとなるとパスポートも必要ですし、人気の行き先だとかなりの費用になってしまいます。国内での旅行なら格安で済ませることもできますから、お金がないのなら国内での新婚旅行にしておきましょう。

国内なら飛行機を使わずとも新幹線やバスで移動することもできるでしょうし、何より言葉が絶対通じますから安心できますよね。

ウェディングフォトで思い出つくり


思い出を残したいと考えるのならウェディングフォトがおススメです。ウェディングドレスとタキシード姿での写真を撮影してもらえばそれだけで思い出になりますし、写真をプリントアウトして友だちなどに送れば結婚の報告にもなります。挙式するよりも安上がりですよ。

家具などを中古・オークションで揃える

新生活がスタートするとなると家具や家電も必要となりますが、新品で購入するとどうしても高くついてしまいます。かなりの出費になってしまうことも考えられますから、家具家電は中古やオークションで購入することを考えてみましょう。

リサイクルショップや中古も扱う家具店などに行けば掘り出し物もきっと見つかると思います。ネットオークションでもかなりイイものが安く出品されていますよ。

結婚後しばらくは共働きする

かつては男性が外で働き女性は家庭を守るという考え方が一般的でしたが、現在では女性も普通に外に働きに出かけています。夫婦共働きという家庭が増えていますし、物価も高くなった現在ではそのほうが生活水準も高く保てるのではないでしょうか。特にお金にあまり余裕がないというケースだと結婚後しばらくは共働きのほうが良いでしょう。

妊活の時期を考える


経済的にあまり余裕がないときに子供ができてしまうとさらに大変なことになってしまいますから、妊活の時期もきちんと考えるようにしましょう。

両親の援助を打診してみる

なるべくなら両親には頼りたくない、と考える方もおられるでしょうが、結婚したいのならそれも一つの考えです。両親に援助してもらえるのならお金があまりなくても結婚できるでしょうから、どうしても結婚したいのなら両親に素直に援助を求めてみましょう。

結婚する前にすべきお金の話


結婚する前にはきちんとお金に関する話もしておくべきです。お金のことを話すなんて何か嫌、という方もいるでしょうが結婚する以上それではダメです。

結婚してから「話が違う」ということにもなりかねませんし、最悪離婚に至ることも考えられます。ここでは結婚前にすべきお金の話についてお話します。

お互いの年収を発表する

お互いの年収を聴いておくことは大切です。年収がどれくらいあるかが分からないことには生活設計もできませんし、今後のプランも立てられないでしょう。嘘の年収を伝えてしまうと後々トラブルになりますから正直に伝えることです。

貯金額をお互いに確認する

どちらかが貯金していると思って結婚したらどちらも貯金がゼロだった、というのはよくある話です。結婚前にはお互いの貯金額についても確認しておく必要があります。

結婚後の居住費用は決めておく

結婚後の居住費用は決めておきましょう。どれくらいの家賃の家に住むのか、生活費はどれくらいでやりくりするのかといったことも事前に話し合っておけばスムーズに結婚生活をスタートさせられるでしょう。

共働きか専業かを決める

共働きにするのか専業主婦になってもらうのかも事前に決めておいたほうがトラブルになりにくいです。専業主婦でイイと言われて結婚したのにいざ結婚したら共働きすることになった、というケースは少なくありません。

専業主婦でも大丈夫なくらい年収があればそれでもいいですが、お金に余裕がないのなら共働きをチョイスしたほうが無難でしょう。

まとめ

お金がなくても結婚はできますが、結婚後の生活を考えるとお金はとても大切です。そのため、結婚する時よりもした後のお金のことをきちんと考えておく必要があります。結婚そのものを安く済ませることはできますが、結婚後にも何かとお金がかかりますから覚えておきましょう。

ここでは安く結婚する方法、結婚前に確認すべきお金のことなどについてご紹介しましたから、結婚を考えている方はぜひこの記事の内容を参考にしてくださいね。