夢占いで食べるときの深層心理は?あなたに潜む欲求の意味

食べる夢を見ると、なんだか幸福な気持ちになりそうな感じがしますよね。食べる夢というのは心の欲求を示していることがあります。欲求を満たすことができず、夢の中で整理しているのです。同じ食べる夢でも、シチュエーションによって状態は大きく変わってきます。今回は、夢占いで食べるときの深層心理について紹介していきたいと思います。

食べる夢が持つ基本的な意味

何らかの欲求が関係している

食べるという欲求は、私たち生物が持っている基本的な欲求の一つです。食べることによって食材から必要な栄養分を吸収し、栄養分を体の末端まで届けて生命を維持しています。深層心理を探る上で、食べる夢というのは満たされない欲求があることを示しています。

食べる夢を見たからと言って、食欲が溢れているわけではありません。他の欲求が人間の基本的欲求の食欲に置き換えられることによって食べる夢を見ているのが一般的です。欲求の種類はその人によって変わるのも特徴になります。

人間関係のストレスを表している

あなたが食べる夢を見ているとき、それは自分が考えている以上に人間関係のストレスを抱えている可能性があります。ストレスを解消したい欲求を満たすということも意味しており、どんな欲求であってもモチベーションにつながり、やる気や行動力が溢れることになります。

ストレスは自覚症状に乏しいケースも少なくありませんが、日々の生活の中でストレスが溜まりそうなシーンを思い返してみることも大切です。ストレスを溜めるのは簡単でも、溜まってしまっているストレスを解消するのは難しいものです。

心・身体的エネルギーを補給しようとする深層心理


食べることによって得られる効果に心や身体的エネルギーがあります。心というのは食べたことによって得られる幸福感、身体的エネルギーは食べた食材から得られるエネルギーです。食べる夢は、心や身体的なエネルギーを補給しようとする深層心理が働くこともあります。

心や体のエネルギーを欲しがっているということは、日常生活においてこれらのエネルギーが足りてないことを意味します。疲れたときやストレスが溜まっているときに食べる夢をみるのはこのためです。

誰かと一緒に食べる夢

異性と食事をする夢:恋愛運上昇のサイン

一緒に食事を食べる夢を見たとき、そこに誰かいなかったでしょうか。知らない異性と楽しく食事をしている夢を見たなら、それは恋愛運上昇につながることが期待されます。周囲に異性がいない人も異性が現れることを暗示しているのかもしれません。

知っている異性との食事だと、その異性のことを異性として認識するきっかけにもなります。一緒に食べるという行為には、お互いに基本的な欲求を満たすことでもあります。一緒に食べる夢は密になりたいという現れでもあるのです。

有名人・芸能人と食事をする夢:地位や名誉を欲しているサイン

有名人や芸能人と言えば、華やかな世界で活躍している人とイメージします。地位や名誉もあり、誰が見てもキラキラしている存在は有名人や芸能人ならではのオーラとも言えるでしょう。


有名人や芸能人と食事をする夢を見ているとき、あなた自身が地位や名誉を欲しがっていることの表れである場合もあります。目立つことを否定するつもりはありませんが、自己顕示欲の高まりには気を付けた方がよいでしょう。

1人で食事をしている:人間関係の不調を示す

1人で食事をしている夢をみたとき、それはあなたが人間関係に何らかの不安や不満を持っていることを暗示しています。プライベートでも会社でも人間関係が上手く言ってないと思うシーンもあるのではないでしょうか。

また、自分の考えだけが先走って自己中心的になってしまい人が自分から離れている最中かもしれません。周囲に対する言動や振る舞いに対して忠告の意味が込められているかもしれません。

大勢で食事をしている:人間関係が順調である

食事は一人よりも大勢で食べた方が楽しいものです。たくさんの人と食事をすることは、食欲を満たすだけでなく心の明るさや元気にも関わってきます。周囲の人から努力が認められていることを示していることもあります。

食事を大勢でしている夢を見たのであれば、人間関係が好調なことを示しています。現状維持で問題ありませんが、好調なときほど少しのミスで大きな失敗に繋がることもあるので気を付けましょう。

恋人と食事をしている:相手の愛を再確認したい気持ちの表れ


食べる夢をみたとき、そこにいる相手が恋人なら普段から恋人を意識していることになります。どんなことを意識するのかイメージしたときに、自分は愛されているのか、好かれているのか、を確かめたいと感じると思います。

恋人と一緒に食べている夢は、恋人の愛を確認したい気持ちの表れです。恋人に愛されてないと感じることがあったときに見やすく、気持ちを整理するために夢に出てくると考えることができます。

何かを食べる夢

お菓子を食べる夢:恋愛運の上昇

お菓子は高カロリーで夢占いでは甘さや不摂生を示すものです。お菓子を食べる夢を見たときは、周囲に依存することへの忠告であることが考えられます。親に頼ってないかどうか、自分自身が怠惰になってないのか今一度考えましょう。

チョコレートや飴のように甘さを象徴するお菓子を食べている場合だと自分自身に対して甘い一面があることを示しています。人に厳しくならないよう、人への接し方を振り返ってみるのがよいでしょう。

和菓子を食べる夢:縁起が良いことが起こる

和菓子は夢占いで幸福の象徴とされることが多いです。和菓子を食べる夢をみたとき、それは幸福が訪れるサインである可能性があります。恋愛面で何かいいイベントが起きることもあります。

和菓子を食べる夢を見ることができれば、目先好調に異性との関係が作られています。ただし、和菓子には甘いという意味も込められているので、自分や人に甘くし過ぎないようにすることも大切です。

フルーツを食べる夢:性的欲求が高まっている


フルーツの夢は、恋愛や対人関係、健康などを象徴すると言われています。フルーツを食べる夢を見たとき、恋愛や対人関係から一歩進んで性的な欲求が高まっていることが考えられます。

フルーツの中でも、特にリンゴやイチゴ、サクランボのように甘いイメージがあるフルーツほどその傾向は顕著になっています。性的に満たされてないので、果物で欲求を満たそうとするのです。

ニンジンを食べる夢:性的な興味の高まり

人参を食べる夢は、性的な興味の高まりを示している可能性があります。夢の中でみた人参の味が美味しければ異性とのコミュニケーションが上手くいっている証拠で、味がまずい場合は上手くいってないことが考えられます。

新鮮でなおかつ美味しい人参は安定を意味します。性的な欲求を満たすだけでなく、健康面も満足できている証拠なので精神的にも安定します。人参が夢に出ることは自分にとってプラスになりやすい特徴があります。

魚を食べる夢:金運・仕事運のアップ

魚は私たちの食事の中によく出てくる食材の一つです。夢で魚を食べていても不思議なことではありませんが、夢占いではステップアップや仕事運のアップ、金運のアップにつながると言われています。

この夢は幸運や精神の向上などをもたらしてくれるのが特徴です。ただし、魚に食べられる夢を見てしまったときは感情や本能に振り回されていることを示します。シチュエーションで異なる点には注意が必要です。

鯛を食べる:問題が解決しておめでたいことが起こる

店頭や市場で多く見かける鯛ですが、高級魚としてのイメージがあります。また、その名前からお祝いごとがあるときに出される食材としてもお馴染みで、夢占いにおいてもプラスの要素しかありません。

夢で鯛を食べているとき、それは自分のモヤモヤが取れてすっきりした気分であることを示します。大きな問題が起こってなくても、普段に比べるとリラックスした状態になっています。鯛の夢が見られるのはラッキーです。

まとめ

いかがでしたか?一緒に食べている人や食べている物、食べているシチュエーションによってその人の状況は異なってきます。夢は何かを示すサインであることが多いので、食べる夢を見たときは参考にしてください。

関連記事

旅行
【夢占い】旅行の夢を見たときの心理状態とは?あなたの運命を導く

歩く
歩く夢の意味とは?誰と歩くか・どう歩くかで変わる夢占い結果