告白は何回目のデート?男女の本音と告白に結びつけるコツ

告白は何回目のデートですればいいのだろう、と真剣に悩んでいる方もいるかもしれませんが、正直これはケースバイケースですから何とも言えませんよね。初デートで告白して成功してしまう人がいるのも事実ですし、しばらくデートを重ねてから告白してお付き合いするようになったという方もいると思います。

ここでは、一般的な告白のタイミングや告白に結びつけるコツなどについてお話しますから、悩んでいる方はぜひ目を通してくださいね。

告白はデートの何回目がベスト?


告白しようと思っている異性がいる場合、いつ告白するべきかと頭を悩ませている方は少なくないでしょう。初デートなのかそれとも二回目以降なのか、ほかの人はどのくらいのペースでしているのか気になりますよね。

あまりこのような話は友達同士でもしないかもしれませんし、ネットの情報などを頼りにしている方もいるかもしれません。では、実際のところ告白はデートの何回目がベストなのでしょうか。

一般的な告白タイミングは2~3回目

冒頭でもお話したように告白のタイミングはケースバイケースです。ただ、それでは元も子もありませんから一般的な告白のタイミングとしてお話しますが、だいたい2~3回目のデートで告白するということが多いようです。

初デートはさすがに告白しづらいですし、2回目があるのならその時、2回目までは様子を見て3回目にということが多いようです。

女性は3回目で告白されたい

女性としては3回目で告白されたいという方が多い傾向にあるようです。初デートだとまだお互いのことは何も分かっていないでしょうし、3回もデートをすればだいたいお互いのことも分かってきます。

自分のことをよく知ってから告白してほしいと感じている女性が多いようですから、そのため3回目に告白してほしいという方が多いみたいです。

男性も告白の理想は3回目

男性も理想は3回目のデートだそうです。もちろん人によっては初デートで告白したい、されたいという方もいるでしょうが、実際には3回目にすることが多い傾向にあります。

何回デートしても男性が告白しない理由


もう何度もデートしているのにまったく男性から告白してこない、どうなっているの?と思っている女性もいるかもしれません。両思いのつもりでデートも重ねているのにいったいいつになった告白してくれるのかと首を長くしている方もいるでしょう。

では、何回デートしても男性が告白してこない理由はいったい何なのでしょうか。

勇気が持てない

単純に告白する勇気が持てないという理由で告白できない男性もいます。「いくじなし!」という女性からの怒りの声が聞こえてきそうですが、好きな人への告白はパワーが必要なものです。

もしかすると失敗してしまうかもしれないわけですし、相当な勇気を振り絞らないと告白などできません。これは女性でも同様ではないでしょうか?勇気が出ないから告白できないという理由はもっとも多いと考えられます。

言うタイミングを逃した

言うタイミングを見逃したというのもよくあることです。そんなことあるの?と思われた方もいるでしょうが、愛の告白をするという重大なシーンではタイミングがものを言います。

言おうとしていたタイミングがずれてしまったり、言いだせずにタイミングを逃してしまうということはよくあります。

様子を見ている

様子を見ているということも考えられるでしょう。告白してフラれるのは誰でも嫌ですから、できれば脈ありなら告白したいと考えているはずです。

そのため、デート中に自分に脈があるかどうかを確認している可能性がありますね。1回や2回のデートではまだ判断できないと思い、何度もデートを重ねているのではないでしょうか。

恥ずかしくて言えない

恥ずかしくて言えないということもありそうです。告白するというのは勇気のいることですし、恥ずかしさもあるでしょう。愛の告白をするのに恥ずかしいと思う必要はない、という方もいるかと思いますが、そうは言っても告白してしまうともう後戻りはできません。

うまくいくか失敗するかのどちらかですから、恥ずかしくて言えなくなってしまうということは十分考えられるのではないでしょうか。

告白のタイミングが早い男性の心理


なかなか告白してくれない男性もいれば、比較的早いタイミングで告白してくるような方もいます。告白のタイミングが早い男性の心理とはいったいどのようなものなのでしょうか。

一目ぼれ、ビビッときた

一目惚れ、もしくはビビッときたという理由ですぐ告白をする方もいます。一目惚れを実際にしたことがある方なら分かるでしょうが、一目見て好きになってしまった場合だととにかく早く気持ちを伝えたいと思ってしまいます。そのため、初デートでも告白されるということはあります。

自分に自信がある

自分に自信があるケースも告白は早いタイミングになりがちです。自分に絶対の自信を持っているため告白しても大丈夫だと考えていますし、フラれるようなことはまったく想定していません。

このような自信満々の男性がフラれるとまた面白いことになるのですが、自信があるから早く告白するというのは十分考えられるでしょう。

OKをもらえそうだと思った

先ほどの自信があるケースと似ていますが、OKしてもらえるつもりで告白するケースもあります。まだ何の根拠もないけど何となくうまくいきそうな気がする、成功しそうな気がすると考えて告白するパターンですね。

女性がそれまでに男性に対して脈がありそうな態度をとっていればこのように思い込んでしまうことが多いです。

告白してもらえない時はどうする?


まったく男性から告白してもらえない、というときにはいったいどのようにすればいいのでしょうか。ここではいくつかアドバイスをしたいと思います。

自分の好意をアピールする

男性は告白してフラれたくないと考えています。そのような心配をしたところでフラれるときはフラれてしまうのですが、フラれたくないためにかなり慎重になってしまうことも多いです。そのため、好意があるということを女性からアピールすることで告白しやすい状況を作ることは可能でしょう。

相手が自分に好意を持っていることがわかれば成功する可能性も高くなると感じますし、告白しても大丈夫だと自信が持てるはずです。さりげなく好意をアピールしてみましょう。

自分から食事に誘う

自分から食事に誘ってみましょう。女性から食事に誘ってくれるということは自分に気があるのでは、と男性なら誰でも思います。いつも誘うのは自分のほうからだった、という男性だと特に女性から食事に誘ってもらえたら脈ありだと思ってしまうものです。

彼女いるの?と聞いてみる

彼女がいるのかどうかストレートに聞いてみましょう。いないことを知っていてもこの質問は有効です。男性からすると彼女の有無を聴かれるということは自分に気があるのだと思いますし、付き合えることを示唆しているとも受け取ります。

そのため、告白をしてもらいたいのなら彼女がいるのかどうかストレートに聞いてみるのも一つの手です。

軽くボディタッチする

ボディタッチすることで好意をアピールすることもできます。嫌いな人、興味のない男性にボディタッチをする女性はいませんから、男性からすると告白したらうまくいきそうな気がしてしまうはずです。

よし、告白しようと勇気を持たせることもできるでしょうから、軽くボディタッチするというのは効果的な方法でしょう。

思い切って自分から告白する

できることなら男性のほうから告白してほしいものですが、なかなかしてくれないのならいっそのこと自分から告白してしまうというのもアリです。最近では女性から告白するというのも大して珍しいことではありませんし、最終的な手段として自分から告白することも考えておきましょう。

まとめ

告白のタイミングや告白してもらう方法などについてご紹介しました。両思いなら早く告白してもらって正式に交際を始めたいと思ってしまうものですが、男性としてはなかなか勇気も出ないものです。相手が確実にこちらに好意を持っていることが分かっているのなら、告白しやすいように環境を整えてあげましょう。